谷中メンチ戦争

昨日は、国際子ども図書館で、童画の世界を見た後、科学博物館で、「生命のきらめき」を二度見、めぐりんに乗って、谷中銀座まで行って来た。(童画の世界は、とても良かった。「コドモノクニ」だけではなく、大正時代から第二次世界大戦までの間に発行された色々な子ども雑誌が紹介されていて、色々な個性の絵を見ることができ、楽しかった。)

谷中銀座に行った目的は、テレビで見たメンチカツを食べること。
土曜日に谷中に行くことは久々だったけれど、とても賑わっていた。(いつもは、日曜日が多い)
そして、何だか、お肉屋さんがやたらに元気だということを発見した。

今回、初めて、谷中銀座界隈に揚げ物屋さんだらけであることを発見。(日曜日は2軒しか開いていない)
谷中銀座には、二軒の揚げ物を揚げているお肉屋さんと一軒のお総菜屋さん、よみせ通りには、1軒の揚げ物がメインの町のお肉屋さんと、一軒の大手のお肉屋さんがあり、それぞれに、お客が多かったし、頑張っていたので、順次、ご紹介。

d0063149_14113231.jpg

左は、「肉のすずき」というお店で、創業昭和8年とのこと。
「元気メンチカツ」が200円で、この界隈で最高値。
今までテレビで紹介された写真が並んでいたけれど、安住紳一郎とか、花男の井上真央、加賀まりこの写真があり、TBS一押しという感じ。
(そうだ、井上真央たちが食べた番組を見て、実はここに行きたかったのだ)
しかし、その日は、元気メンチカツは、既に売り切れで、私はまだ食べていない。
このお店は、揚げ物の他、焼き豚を買い求める人が多そう。
やはり、安住紳一郎とか井上真央という最近の人気者が訪れたせいか、一番人気な感じ。
ただ、ここは、日祭日休みなのだよね。

右は、谷中銀座の「肉のサトー」さん。
メンチカツ170円。
こちらの売りは、「東京うまいもの大賞」の第五位に「谷中メンチ」が選ばれたこと。
ここもお客が多かった。
このお店は、日祭日も営業しているので、以前、谷中メンチを食べたことがある。
一度で評価するのも何なのだけれど、食べ終わってから、舌が気持ち悪くなってしまった。
たぶん、化学調味料がすごいと、私は判断している。
(食べ終わってから、「東京うまいもの大賞は、化学調味料が強くないと、取れないかも」と思った程。)

思い出した、肉のサトーさんは、ショーケースを良く見ると、良質なお肉の切り落としを少量で安く売っていたりするのだ、行ったら、要チェック。

d0063149_1420335.jpg

左は、谷中銀座の「いちふじ」というお総菜屋さん、ここも揚げ物が前面に出ており、行列であった。
右は、よみせ通りの「ヤマネ肉店」さんで、創業昭和5年。
(ここだけ空いている感じがするのは、谷中銀座からちょっと歩いた(と言っても、2,3分だが)ところにあるためだと思う。)
お肉屋さんとのことだが、お店の中は、揚げ物中心で、文字でお肉のメニューもあった。
ここは、メンチカツ130円。
売り場におソースが置いてあって、受け取った後、自分でソースをかけることができる。
素直な普通のメンチであった、完全に冷めていたのが残念。
(舌は気持ち悪くならなかった)
また、バンズに挟まれたコロッケパンやメンチカツパンもあった。

メンチカツ、どこのが美味しいのだろう?
たぶん、価格の高い物ほど、お肉の量が多いのではと思う。
揚げ立てを食べられればいいけれど、冷めている場合も多いし...。
(どのお店も温かく保存しておくような装置はないもよう)
揚げ立てが食べられるお店で食べてみるのが一番かも。

それと、こんなに、お肉屋さんの揚げ物が人気があるということは、他の地域で「揚げ物をやっているお肉屋さん」が激減していることの表れのような気がした。
我が家の近所では、(自転車で移動する範囲で)まだ、何軒かあるから、わざわざ谷中で買うこともないのかも。

ま~、しかし、谷中銀座界隈は、メンチカツを頬張りながら、フラフラ歩くのに向いているかも。

その他、買い食いのお店としては、谷中銀座の鶏肉屋さんが焼いている焼き鳥、よみせ通りのおでんの種屋さんのその場で食べられるおでんもあった。(お店の雰囲気から焼き鳥が美味しそうだと思った、午後三時からの発売、塩焼きももうちょっと遅くなるとのこと)
どちらかというと、昔からの商店が繁盛していて嬉しい。

d0063149_14245343.jpg

肉のサトウの隣の越後屋さんという酒屋さんの何ていう名称だっけ、軒先?の瓦の上には、猫の置物が置いてあって、人気を博していた。
(最近、設置されたものらしく、新たな谷中銀座名物なのだそうだ、が、だったら、隣の洗濯物をどうにかすればと思うが、ここらへんが反って「下町らしい」と評価されるところかも)

この酒屋さんは、肉のサトウの隣ということで、揚げ物を買ってその場で食べるお客さんが多いせいか、店先で生ビールを売っている。
普通の銘柄の生ビール420mlで380円、ヱビスの琥珀が400円。
(ヱビスの琥珀を飲んでみた、苦みが0ではなくあるし、すっきり感もあって、美味しいビール。但し、余り「これが個性」という主張を感じないところが物足りないかな?万人向けで、皆が適度に美味しいと感じるように味をデザインしたビールと言う感じに感じた。)

結構、間口が広いので、邪魔にならないところに、プラスチックのビニールケース等が沢山ひっくり返しておいてあり、皆、生ビールや自販機の缶ビールを買った人がそこに座って、ビールと揚げ物を楽しめるようになっている。
いいな~、我が家も隣が「人気の揚げ物屋だったら、こういう漁夫の利的商売したいな」と一瞬思ったが、土日祭日、お店を開けて、ビールを注ぐというのも大変。
お金を取るか、時間を取るか、中々難しいところ。

d0063149_14304270.jpg

よみせ通りにあるコシヅカハムという肉屋の大手も頑張っていた。
何でも、月に一度、店先で、炭火で牛のたたきを実演販売するという日だったので、お店の前は結構煙が立っていた。
(12月は、特別に6日と30日に、牛のたたきの実演販売をするそうだ)
左手の冷蔵ケースにはお買い得品が。
右の写真は、仙台牛の霜降り肉で、400g2千円とのこと。
100g500円なら、お買い得と思ったが、昨日は買わなかった。
このお買い得品コーナーは、毎週土曜日には出るそうだが、お買い得品が豚肉だったり、牛肉だったりだそうだ。
[PR]

by mw17mw | 2008-11-16 14:48 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(8)

Commented by 大外郎 at 2008-11-16 22:56 x
肉の万世のハンバーグサンドに挟んであるメンチが好きです。
www.niku-mansei.com/contents/03menu/03menu06sandwich.html
Commented by タバサ at 2008-11-17 08:04 x
谷中銀座、ついこの間NHKでもやってました。
都内とか近郊からの観光客が多いんですって。
という私は後藤の飴を買いに年に1~2回行きます。
上の子がほうじ茶飴の大ファンなんです。
すずきのメンチカツ、食べたことがあります!
私は1回で食べきる勇気がなくて2回に分けて食べたんですが、思ったよりも胸焼けはしなかったような・・。
たしか肉も和牛なんですよね。
Commented by mw17mw at 2008-11-17 12:53
>大外郎さん
言われてみれば、私、万世のハンバーグサンド食べた記憶ないのです。カツサンドしか今まで買ったことがないような。
一度は食べてみなくてはね。

>タバサさん
ほう、やはり、そうですか、観光地として、行きやすいし、手頃な大きさ、手頃な下町、しかも、上野の山という観光の宝庫に続いていますものね。
あの歩行者天国で、道幅の狭くて、食べ物中心の店並みがいいのかも。
(例えば、佐竹商店街が真似できるかというと、やはり、他の観光資源がないから、無理かも)
後藤の飴、買ったことないのです、今度買うなら、ほうじ茶飴買ってみます。
「思ったよりも胸焼けはしなかったような」は言い得て妙です、お肉屋さんの揚げ物というのは、そういう傾向ですよね。
我が家の近所に揚げ物を揚げているお肉屋さんは色々ありますが、そのせいか、一年に一度くらいしか、買いません。
Commented by cawa-j at 2008-11-18 11:56 x
むかしから日暮里に住んでいる人のオススメで、
すずきさんのメンチカツは食べたことあります。
あげたてだったし、おいしかったです♪

でも、かわたんは、デパ地下とかの、あげたて
でない(でも冷たくはない)常温になった状態
でおいしい揚げ物・・・というのも結構大好き
なので『その状態であってもおいしい』という
のが、選考のポイントになりそーだな。

あげたてはなんでもおいしいもの。

だからごはんも、アツアツの炊きたてよりも、
なんつーか、おひつに移した、ちょっとぬくい
ほかほか・・・くらいの方が好きかも。

あと、これ、ほんとへんなんだけど、おすし♪

新鮮なネタを、握ってもらって、すぐにいただ
くのは、これ最高ですけれども。

出前で、桶に入っててお客さんがなかなか手を
付けないで、なんだかんだ・・・時間が経って
しまった、そんな状態の、ちょっと、かわいて
しまいかけている(カパカパはダメよ〜)の、
そんなお寿司が、意外と好き。

変なやつです。
Commented by mw17mw at 2008-11-18 17:51
>cawa-jさん
すずきが地元民の一押しなのですね。(昔、ここらへんに勤めていた弟も、このブログ読んで、そう言いました)
cawa-jさんのおっしゃる嗜好もわかります。
そういう美味しさもありますよね。
特に、お寿司のちょっと時間が経って、何だか、タネとご飯がなじんだのって、良くわかります。
Commented by かんちゃん at 2009-08-02 18:42 x
谷中銀座のすずきのメンチカツ、200円也
を食べに行く。評判通りおいしい。
他、かにクリームコロッケ、季節限定コーンコロッケも味う
がこちらはイマイチ。というよりこの店に実力を疑う。
よはマスコミ評判か?
対応の店員(奥さん??)の態度が悪い、というより
商売人の態度ではない。
愛嬌はないし、最悪だ!
Commented by 田舎のおばさん at 2009-08-02 19:06 x
マスコミで谷中・千駄木・根岸をよく報道するので、めぐりんバスに乗り、谷中銀座へ。
すずきのメンチカツを頂きました。
お店の奥から、大きな声で「いらっしやい!」感じはいい。
でも、店先の奥さんか?店員の態度はひどい。
「揚げたてはドレですか?」の私の質問に、
「みんな熱しですよ!」と木で鼻をかむ感じ、
味もどこでも買える程度。
わざわざ行くところではない。
Commented by mw17mw at 2009-08-02 23:43
> かんちゃんさん & 田舎のおばさんさん
(IPアドレスが同じだったので、まとめさせていただきました)
お店の奥は確かに感じが良いですよね。
表の方は、私はまだ開店時間近くだったから、感じ悪くはなかったですが、多分、時間が経つと疲れてしまうのかもね。
(女性の売り子さん、私の時は日本人ではなかったような覚えがあります、淡々と仕事をこなしていました。)
ま~ね、浅草あたりだと、観光地ですから、皆、プロで愛想良く教育されていますが、千駄木あたりだと、ちょっと、普通の商店街が観光地になってしまった程度のところですから、そこらへんのプロ意識が徹底されていないのでしょうね。