台東区の新しく発見したお店たち

<入谷・下谷地区>
d0063149_21333131.jpgd0063149_21364853.jpg










昨日、下谷をフラフラしていて、一番気に入ったのは、iriya plusというお店。
奥が深くて涼しそうで、居心地良さそう。
そうだ、下谷地区の路地に入ると、自動車が殆どないのが良い。
どこの路地に入っても涼しげで太陽がサンサンに感じるのは、自動車の姿がないからかも知れない。
我が家の方だと、どこに行っても、自動車・自動車、自動車だらけ。
この路地に入ると自動車がないのんびりした感じは、とても魅力的なのだが、これも、この下谷が純粋な商業地域でないからだと思う。
(と思ったが、実は私は土曜日にしか下谷に行ったことがないのだ。平日の交通事情は実はわかっていない。自動車が殆どないのは土曜日だからかも。もう一つ気づいた、土曜日なのに、店のシャッターが気にならないのだ。下谷はシャッターがない町?)
基本が、寺町・住宅地で、谷中・根津・千駄木と同じ空気の町。
谷中・根津・千駄木は観光地化されつつあるが、下谷はまだ全く観光地化されていないところが良い。

場所は、割烹さいとうの手前の中華料理屋さんが角の路地を入って2軒目。
機会があったら、入ってみたい。
(アド街によると、ニューヨーク風のパンケーキが売りらしい。オーナーのブログに写真が)

右側は、言問通りで発見した豆屋さん。
業務用専門のお店なのだろうか、どこを見ても、お店の名前が出ていなくて、お店の中に人の気配もない。
ガラス戸越しに品物を見ると、「お手玉用小豆」があって、とても懐かしくなった。
そうだ、子供の頃、一度だけお手玉を母に作ってもらったとき、母が小豆を使った覚えがある。
きっとこれは、虫食いなどを選り分けたものだろう。
今でも、個人で「お手玉用小豆」を買う人はいるのかしら?

場所は、入谷の交差点から、言問通りを東進して一つ目の信号の北上野側。
売っているお豆は、鶴の子大豆だったりして、興味が持てる。
個人に売る時、安くしてくれるかしら?

<合羽橋>
d0063149_21471249.jpg
d0063149_21473462.jpg









風の噂で、おかしの森の親店である東洋商会が合羽橋に新しいお店を開く、しかも、食材のお店と聞いていたが、どうも10月1日にスタートしたみたい。
「Flavor Land」でなく、カタカナで「フレーバーランド」というところが、合羽橋チックで可愛い。
お店の中を覗いてみると、「お菓子用の色素・リキュール・各種フレーバー」を扱っているお店のようだ。
う~ん、お菓子作る人以外、中々用はないかも知れない。
サントリーの各種お菓子用のリキュールから、フォション・ゴディバのリキュールまでの品揃え。
頑張ってほしい。

場所は、菊屋橋の交番側を真っ直ぐ歩いて、結構すぐ。
薬局の近くだったような気が...。

そうだ、野菜の粉を扱ってくれると嬉しいのだが...。

<鳥越>
d0063149_22064.jpgd0063149_2203370.jpg










SyuRoを見てきました。
場所は、鳥越おかず横丁の左衛門橋通りの出口を出て、右に曲がって、2,3軒目。
我が近所に良くある古い木造の商売家とか、1Fで作業をするような作りの家を改装したお店。(この点は、iriya plusと共通)
半分がお店で半分が工房という感じ。
とても素敵なバッグやお財布、かご等あったが、とても高い。
余程気に入らないと手が出ない。

近隣の人の話によると、「近所の人向けではなくて、インターネットで売るものを作っている作業場らしい」と言われいると聞いた。
当たっているような気がする。
実際に実物を確認してから買いたい人向けのお店。

オーナーの方もいらしたけれど、とても素敵な女性でした。
オーナーの方のブログを読むと、鳥越近辺を「素朴な街」と表現されている。
(彼女もここいらへんの育ちらしい)
きっと「気取らない、オシャレではない」という意味で使われているのだろう。

私からすると、素朴という言葉は当てはまらないような気がする。
(ただ、「素朴」を、「最先端ではない」「現代的ではない」という意味と捉えれば、当たっていないこともないような気もする)
だったら、どう表現すればいいのか、未だ良くわからない。
ま、「ただの商業地域にある問屋と職人さんが多い下町で、昔ながらの生活感覚の人が多い地域」です。

例えば、手作りの高価なバッグを定価で欲しがる人が近所にいるかというと、いないと思う。
皆、どんなバッグの買い方をするかというと、問屋やメーカーのバーゲンなどで、安くなったときに買う人が多いと思う。
すなわち、小売の定価で買わず、その流通経路のどこかに食い込んで買う人が多い。
これは、京都の職人さんたちと同じ。
京都の街の人は、呉服屋で着物を買わないと聞いたことがある。
皆、街中に着物・帯等作る人、扱う人、問屋が溢れているから、最終呉服屋さんで着物を買うのはお金持ちだけで、庶民は、隣近所の伝手を頼って、呉服屋さんに行く前の価格で手に入れる。
そんなことが、我が家の方も、結構、実際に存在する場所なのだ。
[PR]

by mw17mw | 2008-10-05 22:02 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(1)

Commented by じゃり at 2008-10-07 08:33 x
モンブランパンケーキ美味しそう(甘いの苦手なのに栗ものには弱いのだ・・・)
部屋の雰囲気も落ち付きそうですね。