素麺の賞味期限

「簡単なそうめんの食べ方」を書いたときに、「賞味期限が切れて一年経ったそうめんを食べて不味かったこと」を中途半端な知識で書いてしまった。
それについて、二人の男性から、コメントをいただき、本日、自分なりに調べてみた。

私が買っている「揖保の糸」は、上級品という一番ポピュラーなもので、「上級」と名乗りながら、お汁につけて食べる素麺としては、一番下等な商品みたい。(笑)

で、昨日、ちょうど多慶屋で素麺を買ったのが手元にあるのだが、袋の裏面に印刷されている賞味期限が、2010.09であった。
多分、これは、最近製造されてすぐに出荷されたものだと思う。
(寝かせるとコストがかかるから、メーカーで寝かせているとは考えにくい)
ということは、袋に書いてある賞味期限は、「製造年月日より2年」なのだ。

また、長坂さんからご指摘をいただいて、、揖保の糸のHPを見ると確かに、そうめんの賞味期限は3年半と書いてある。

実際にメーカーが製造日から2年の賞味期限を商品に記載しながら、HPで3年半と言っているのは、矛盾するではないかと良く読んでみた。
HPでは、そうめんの賞味期限は3年6か月と書いてある隣に、おばあちゃんの直伝として「賞味期限は、最良の保存状態のもとで美味しく食べていただける期間です。」と書いてある。

これは、下記のように解釈するのが、素直なような気がする。

商品として販売されている状態で未開封の場合、袋の裏面にあるような保存法をして、賞味期限は製造日から2年。

製造年月日から、ずっと「直射日光があたらない風通しのよいところ(床下収納や押し入れはだめ)」もしくは、「パックに移し替えて冷蔵庫」「木箱に入れて保管なら、時々蓋をあけてあげる」みたいな「揖保乃糸がおすすめするご家庭での保存方法」に書いてあるような保存法をして、3年6か月。

ではないかな?

また、HPには、「長く保存すると、どうしてもカビや虫、油臭が発生しやすくなる」と書いてあるが、(HPには書いていないが)長期保存をした後、「一見、カビや虫が発生していないし、油臭さもないけれど、美味しくない」というものも存在するのだと思う。

すなわち、正常に美味しい状態か、カビや虫がついた状態かの二通りしかないのではなくて、その間、「一見見た目は正常だけれど美味しくなくなっている」状態というのもあり得るのだと思う。
それが、私が先日食べたものだと思った。

私はその賞味期限を切れて一年経っている素麺を、食料品を入れてある棚の奥から見つけた。
風は通らないけれど、湿った場所ではないし、そんなに暑くなる場所ではない。
でも、そこに一年以上寝かせておいたそうめんが不味かったのだから、結論としては、そこは、そうめんを寝かせるのには向いている場所ではなかったのだ。

私の経験と学習した内容だけで、ものを申して悪いけれど、私としては、やはり、買ったままの状態で、特段気を使わなくて保存するのなら、袋に書いてある賞味期限内(もしくは過ぎても2,3か月内)で食べるのがベストだと思う。
それ以上、長く保管しようとするならば、風通しの良いところに保管するなり、気を遣うべきだと思う。

確か、昨年も秋になったら、揖保の糸が200円弱になった覚えがある。
その価格は大変魅力的。(多慶屋でも、今270円だもの)

そう、私としては、これから、「秋の素麺安売り」を発見したら、賞味期限が1年半~2年先のものを来年食べ切る量の半分くらいを買い置きしておこうと思う。
(何故、半分かというと、「そうめん 賞味期限」で検索したら、「教えて!goo」にこのような答えが載っていたのだ。
先日美味しくなかったものが、いつ買ったかわからないので、何だか、一年寝かせることに自信がない。今年寝かせるのは、「はじめての実験」になるだろうから)

cocoro-imageさんが教えてくださった「帯の色によって種類がある」という話は、ここに載っていた。
このページを見ていたら、昔、高級品がお中元で回ってきたことがあったような記憶もあるような気がした。
日常生活では、赤帯しか見たことがない。
もしかして、高島屋や三越あたりのデパ地下に行けば、高級品が買えるかも知れないけれど
[PR]

by mw17mw | 2008-09-10 23:39 | 食材・食材のお店 | Comments(4)

Commented by じゃり at 2008-09-11 08:01 x
カビや虫は見たことないけどやっぱり時間たった乾麺はどんどん味落ちるし匂いもついちゃうと思う。
小麦粉なんかもそうだけど粉ものって他の匂いを吸収する気がする。
Commented by cawa-j at 2008-09-11 11:09 x
おそうめんやパスタ(乾麺)は保存食としていつも
欠かさないでおこう・・・なんて思うのですが、
やっぱり買うとすぐ食べてしまうので家にないこと
のほうが多いかな。
食べたいときに買って、食べるとなくなっちゃう(笑)


Commented by 長坂@名古屋 at 2008-09-11 12:43 x
乾物の保存は、家庭毎に条件が大きく異なるので、一般論は難しいですよね(糠味噌みたいだ)。我が家は、台所の引き出しに、パッケージのまま突っ込んでおいても、1年後にカビたり、変質したことはありません。
△とはいえ、「秋の素麺安売り」の際には、様々な店で、様々な商品を分散買い、しています。投げ売りは、商品そのものがイマイチなこともありますから。
Commented by mw17mw at 2008-09-11 23:31
>じゃりさん
一般論ではそうなのですが、そうめんは油を使っていて「ひねた方がおいしい」と昔から言われているので、いろいろ迷うのです。
匂いが移りやすいところは、他の乾麺と同じなのですが。

>cawa-jさん
こちらで「おひさしぶり」です。
私も、買ってきて食べ終わってまた買うパターンが多いのだけれど、今回の話は、素麺は作る時期も食べる時期も季節物だから、秋に買うとすごくお得!ということなのです。
安くて保存しておくと、美味しくなるとなると、本当に良いでしょう?
(意味わかりますか?)

>長坂@名古屋さん
そうそう、一般論は中々難しいと思います。