サイゼリヤの赤ワインとペコリーノ・ロマーノ

先日行ったオマージュなどのしっかりしたお店に食べに行くのも楽しいけれど、サイゼリヤのような超安いお店で、色々食べ方を研究するのも好き。(しかし、まだ、始めたばかりだからだとは思う、もうすぐ飽きる可能性は十分ある)

まだ、通って数回だけれど、結果は下記の通り(あくまで私の嗜好です)

食べたものの中で美味しい方
・ マルゲリータピザ(モツアレラチーズが結構美味しい)
・ フォカッチオというパン(ミニの方が美味しい気がする)
・ ミラノ風ドリア(初回よりも食べ慣れた方が美味しい気がする)

余り美味しくなかったもの
・ ほうれん草のオーブン焼き(フィレンツェ風)←ホワイトソースみたいなものが美味しくない
・ 柔らか青豆の温サラダ(青豆がいかにも冷凍を解凍した感じ)
・ ミラノサラミとハムのピザをWチーズで(ハムが安っぽい、チーズの美味しさを感じなかった)
・ ディアボラ風ハンバーグステーキ
(前評判が高かったせいか、不味くはないけれど、期待したほどではなかった)

ま、こんな感じかな?
アルコールは、最初の二回、生ビールを注文していたが、やはり、安さの魅力には勝てず、三回目からは、赤ワインになった。

サイゼリヤの赤ワイン、やはり、安いワインであるから、「味のバランスが取れている」ということはなく、飲むと何だか口の中で、酸味などがキンと突出してしまう安いワイン独特の癖がある。
(というか、私の嗜好は、まろやかなワインを好むからかも知れないが)
この点、最初は嫌やだったが、二度目以降は慣れたのか、段々美味しく飲めるようになった。
これで、グラス100円なら文句はない。

で、オマージュに行った次の日のお昼、ランチしにサイゼリヤへ。
d0063149_11135037.jpg

月初で、予算はあるので、いつもより、贅沢に、「プロシュート(パルマ産熟成生ハム)」を頼み、スパゲティは当たり外れがあるから、ショートパスタである「アラビアータ」を注文したのだが、何でも、8月下旬まで欠品だそうだ。
仕方がないので、「採りたてきゃべつのペペロンチーノ」を頼み、「おろしたて粉チーズ(ココット1杯30ml 69円)」を付けてみた。
実は、パスタが食べたかったわけではなく、「おろしたて粉チーズ」は、ペコリーノ・ロマーノという羊の乳から作ったチーズを削ったもので、サイゼリヤのHPでも、細かい説明が載っていて、一押し商品に感じられて、これを試してみたかったのだ。

話しはずれるが、今回、「所詮、サイゼリヤは、低価格ファミレス」と、思い知ることがあった。
というのは、私の注文で、私は勝手に「まず、ワインとプロシュートが運ばれ、その後、パスタが来るだろう」と思い込んだのだが、来た順序は、「まずはワインで、次にプロシュートと熱々のパスタが一緒」だったのだ。
う~ん、そうか、こういうところまでは気を遣ってくれないのね、今度から頼み方をこちらが工夫しなくてはと思った。

しかし、熱々パスタと冷たいプロシュートが一度に来たので、まずは、熱々パスタから食べることにしたら、これが大正解。
(パスタだけで味わってみるのを忘れてしまい)おろしたて粉チーズをパスタに振って食べてみた。
ま、すごく美味しいというわけではないけれど、中の上くらい、余り不愉快な欠点も感じないパスタであった。
おろしたて粉チーズは、思ったより、個性がなくて、パルミジャーノみたいに、ぷんぷん匂うこともなかった。(羊の乳のほうが臭いかと思ったのだが)

しかし、このペコリーノロマーノの粉チーズをかけたものを食べた後、赤ワインを飲むと、赤ワインの味がまろやかに感じるようになったのだ。
キンとしたきついところが全て抜けた。
勿論、前日のオマージュの1000円のワインには比べようもないが、1グラス100円のワインが300円くらいには上がった感じ。
羊の乳の臭みが、ワインの酸味を消したのかな?

そうだ、バッファローモツアレラチーズを使ったマルゲリータ・ピザは、確か、ビールで食べて、ワインとは合わせたことはないのだが、他のピザやドリアなどのときには、ワインを飲んで、こういう変化は感じなかった。(マルゲリータで赤ワインも試さなくては)

私のようなまろやかなワインが好きな人には、サイゼリヤでは、ペコリーノ・ロマーノの粉チーズが必需品かも知れない。
パスタだけではなく、ピザでも、ドリアでも、粉チーズを頼もう。

ワインとチーズに詳しい人には、こんな話し、当たり前かも知れないが、私としては、実戦でこういう変化を経験できるのは嬉しい。
教室や人の話しで習ったことはすぐ忘れるけれど、「経験で学ぶ」と忘れないから。

次は白ワインにチャレンジする予定。

あ、書くのを忘れた、プロシュートは、本場イタリアで食べたことはないが、本場イタリアの味を知るギャル曽根が甚く感激していた程のことはないように感じた。
更に、最後、アイスティラミスも、食べてみたが、ペコリーノ・ロマーノと赤ワインの味が残っている口で食べると、美味しかった。
(そのうち、きれいな口で食べて、評価したい)
[PR]

by mw17mw | 2008-08-05 11:15 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by cawa-j at 2008-08-08 03:13 x
>きれいな口で食べて、評価したい

先日、たまたま人と行く機会があって。
ティラミスそんなに好きじゃないので、
マンゴーのほうを頼みたかったのに、
おいしいって評判だからとすすめられ、
しぶしぶ(笑)頼んだけど・・・。

きれいな口で(笑)食べましたが、
なかなかにおいしかったですわ。

てぃらみすが、そんなに好きじゃない
かわたんですが。

(て、2度言わなくていいか・・・。)

Commented by mw17mw at 2008-08-08 12:24
>cawa-jさん
美味しいんですね~。
私、今までティラミスって、「これぞ」というものを食べたことがないことに気付き、評価できるかどうか、わからないと思いました。
ま、自分が食べて美味しければいいのだよね~。
あそこのは、凍っているし、凍っている分、そんなに繊細に作ってなくても、美味しく食べられるかも。