浅草田圃 草津亭の折り詰め弁当

d0063149_21544665.jpg無事、鳥越祭が終わった。
今年は、二日とも一滴の雨も降らないという、考えられない天気。
鳥越と言えば、絶対一日は雨なのに、雨にたたられない祭になるなんて、「何だか、不吉だ」と思っていたら、近所の秋葉原でひどい事件があった。

今まで、秋葉原が怖いところと思ったことがない私。
2,3か月前に、yasuさんを案内したときも、「秋葉原は怖くない」と断言していたのにね。
近所で、こういう事件が起きると、本当に怖いと思う。
殺された人も、自分に何が起きたかわからないうちに、人生を奪われたのだろう。
被害に遭われた方も、残された家族も本当に可哀そう。

d0063149_21552918.jpg写真は、鳥越本社。
今年は、表側の部屋が開いているので、上から見た。
(本当は、お神輿は、見下してはいけないのだけれど)

お祭のお神輿、皆、どこのもの似たような感じ。
鳥越本社は、お祭のスーパースター。
戦前に作られたものだが、何と言っても、手入れが良い。
やはり、お金をかけて、手入れしたり、補修しているのだと思う、いつ見ても、一点の曇りもなく、ピカピカできれい。(人間もお神輿も、年取ってもきれいに見られたいと思ったら、やはり、「日頃のお手入れ」が重要。(笑))

皆、自分のお祭のお神輿が一番好きだと思うが、私もその例に漏れず、「お神輿の美しさ」と言う観点で神輿を語ると、やはり、鳥越神社のお神輿が一番だと思う。

私がお祭りするのは、「この本社がきれいだなと思える気持ち」、「来た人が楽しんで欲しいと思える気持ち」です。

d0063149_2211853.jpgさて、草津亭のお弁当「錦」1575円の写真。
これは、亀甲型と言えばいいのかしら?
真ん中に、浅蜊ご飯。
その周囲に色々なおかず。

お値段がお値段だから、珍しいものなぞ入っていなかったが、皆、それぞれに美味しかった。
「楽しいお弁当」「味が良い」という声が聞こえ、選んだ側としては、ほっ!であった。
味は何て言えばいいのだろう、「全体にくどくない味付」。
玉子焼きなぞ、べったり甘かったけれど、くどくない。
天然だしを使っているかどうかは不明だが、食べ終わった後、私の舌が気持ち悪くなったり、しつこさが残らない。
今後も、この手のお弁当が必要なときは、利用すると思う。

草津亭のお弁当は、日本橋三越と、浅草松屋のデパ地下で、手に入るよう。
配達は、近隣は1万円以上とのこと。(お弁当のページの一番下に書いてあるが、「近隣」の定義がはっきりしていない)
パンフレットは、デパ地下のお店に置いてある他、郵送希望の人は、電話で頼むと、送ってくれるとのこと。

どのお弁当を選ぶかのポイントは、ご飯の量。
草津亭の場合、1575円のお弁当は、3種類ある。
「宴」というお弁当は、おかず:ご飯=1:1、「季節弁当」が2:1、「錦」がそれ以下で、一番ご飯の量が少ない(でも、結構詰まって入っていた)。
錦のご飯の量だと、男性人は物足りないかも。
[PR]

by mw17mw | 2008-06-09 22:25 | 飲食店・菓子店 | Comments(3)

Commented by cawa-j at 2008-06-10 07:33 x
おめでたい日におめでたい八角(亀甲)のお弁当!
さすがまりたん Good choice!

>「日頃のお手入れ」が重要。(笑)

う〜ん。なるほどね!!




Commented by じゃり at 2008-06-10 11:23 x
ちょっとづついろいろって好きだから、これってじゃり好みです。
浅利ごはんも美味しそう★
Commented by mw17mw at 2008-06-10 22:37
>cawa-jさん
褒めてくれて有難う、今回のお祭で、このお弁当選びに一番力を入れたのでありました。
cawa-jさんは、若いから、「日頃のお手入れ」まだ間に合います。(笑)

>じゃりさん
そうそう、このお弁当は、そんな感じ。
ちまちま品数豊富で、女性向きです。
機会あったら、是非、試してみてくださいね。