今年の花見&春菊

昨日は、良いお天気の日曜日。
蒲田の叔父と、今年も多摩川に花見に行って来た。
叔父は、母の弟で、2年前、叔母を私の母と同じ病気で失っている。
(そう考えると、叔父と私は、「薬害ではないC型肝炎被害者の遺族同士」なのだ。)
二人で、「今年も同じところに花見に来れることは、本当に幸せなことで、ある意味、贅沢なことだ」と話しながら、歩く。
そうだよね、病気で入院していたら、花見に来れないもの。
d0063149_21534528.jpg


今年は、東急多摩川線の「鵜の木」という駅で待ち合わせして、多摩川に向かった。
今年も多摩川の桜並木はとても素敵であった。
去年は、土手で、お弁当を食べたので、今年は、馬の背の土手と反対側で、桜吹雪を浴びながら、ビールを飲み、お弁当を食べた。(叔父さんが持って来てくれた)
酔っ払いながら、桜吹雪はカメラに写るかしら?と写真を撮ったが、一枚写っていた。
その後、多摩川から、創価学会の立派な会館の前に出たら、そこには、枝垂れ桜の並木道があった。
何でも、最近植えられた枝垂れ桜で、背が低いし、枝もそんなに伸びていないのに、付いている花が今が満開の時期なのか、花がたわわに咲いていて、何だか、重そうな感じ。
後、数年、十年経ったら、バランスの良い枝垂れ桜になりそうな感じ。
叔父さんは、今回この枝垂桜の並木道を私に見せたくて、鵜の木出発にしたそうだ。
確かに、こんなに花がたわわな枝垂桜は初めて見たかも知れない。
ただ、やっぱり、桜って、花だけではなくて、枝ぶりというのが大切なのだと、ちょっと思ってしまった。(笑)

その後、叔父さんが、池上に良いケーキ屋さんがあるからと、タクシーで連れて行ってくれた。
池上というと、甘い物屋さんとか、葛餅屋さんばかりのイメージだったが、駅の近くに「エノモト」という立派なケーキ屋さんがあった。
中に入ると、ケーキ売り場の奥が喫茶店になっていて、一番奥の窓から、庭が見える。
この窓の切り方が素敵。
ケーキ屋さんとしては、きっと古くからあるお店なのだろう、ケーキ類はどちらかというとレトロ。
我が家の方で言ったら、近江屋みたいな位置づけかしら?

「来年も、また、一緒に多摩川で花見しようね」と言って、叔父さんとはここで解散。

私は、ちょうど弟の家にあげるべき三回目の参鶏湯を作っているときに、叔父さんから花見の話が来たので、少しくすねて、叔父さんにプレゼントした。
(叔父さんは、何も要らない、何も持ってくるなというので、「わざわざ作ったものではないのだけれど」と渡した。)
私は、叔父さんから、家の前の家庭菜園で作っている春菊を沢山もらって帰って来た。
何でも、無農薬・無肥料どころか、もっと手をかけている春菊だそうだ。
今日、お水に放ったら、本当、元気の良さが全然違う。
生命力溢れる春菊で、勢いがあった。
春菊の香りも強いし、今日は胡麻よごしと天ぷらを作って食べたが、美味しかった。
茎まで柔らかかった。
d0063149_2218733.jpg

[PR]

by mw17mw | 2008-04-07 22:22 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(6)

Commented by きばな at 2008-04-08 08:25 x
ほんと....すごく美味しそうな春菊.......。

今日はドシャブリですね......花散らしの雨.......。

伯父様とお花見だなんて(しかもお弁当つき)羨ましいな........
父も母も末っ子なので、伯父達とは年齢的に距離があり、
仲良くお花見なんて、想像できない(笑).....いいなぁ......。

お爺ちゃんっ子だったし、父似なので......お婆ちゃん・母・叔母
とは、これまた距離があり(笑)、女性のほうが苦手.......。

男性と(おじさま・おじいちゃん)いるほうが和みます.......。

お爺ちゃんはモチロン、父も伯父達さえも、すでに旅立っていき....
まわりは「おばさん達」ばかり.......浮いてますアタシ(笑)。
Commented by mw17mw at 2008-04-08 21:54
>きばなさん
この春菊は本当に良い春菊でした。
私も、小さい時、母以外男だらけの家に育ったので、つい最近まで、男性の方が和みました。(笑)
(というか、女性同士が仲良しになるときのあうんの呼吸みたいなものが苦手だった私)
で、きばなさんの件は、謎が解けました。
きばなさんのブログで、陶器屋さんでおばさまの店員さんに囲まれそうになって、怯えていたことが書いてあったとき、「何でだろう?」と思っていたのですが、そういう背景があるのですね。
何かトラウマがあるのかな?
Commented by きばな at 2008-04-08 23:45 x
ばれた?(笑).....別にトラウマなどないですが、苦手です。

年配の女性だけじゃなく同年代の、とくに学生時代の幼き頃までの
「女同士の付き合い」は非常に苦手、一緒にトイレに行くとか。

だけど恵まれてました.....周りの友人達には......。
そんなアタシを理解?してくれて、広い心で包んでくれて......
許されつつ、ここまで生きてきています...感謝です(笑)。

変人で実は酷い人見知りなんですが、先祖の遺伝か(商人家系)
社交はカナリ得意で明るいほう.......そんで友人達に恵まれ、
伴侶にも恵まれ(笑)....なんとか生かされています.......。

それにしても先日の「おばさま軍団」.......怖かった........。

Commented by mw17mw at 2008-04-09 00:01
>きばなさん
きばなさんのことは、ブログやコメントでしか、存知上げませんが、私より女性っぽい人だと思っていました。
だから、女性同士のお付き合いが苦手というのは、驚きです。
でも、私が思うに、女性同士のお付き合いが得意か苦手かは、母親との関係によるのかも知れませんよね。
母親と距離ある関係の女の子だと、どうも、普通の母親との距離がなく、母親に可愛がられて育った女の子同士のような付き合いができないような気がします。(me,tooです)
Commented by きばな at 2008-04-09 09:38 x
同感ですね.....確かに。 母には愛情をもって育てられたとは
思いますが....距離はありますね。性格的にも合わないし(笑)。
下に2人妹がいるんですが、こちらは母系で.....マザコン軍団。

親戚(主におばさま達)の集まりには、嬉々として出席したがる
妹たち....アタシは妹達の子供の「子守」という名目で、欠席
しつづけている(笑)、よく考えたら変な理由なんですが.....。

やっぱり、男の人達の中にいるほうが、リラックスします。
三つ子の魂・・・と言いますが、本当ですね.....。
Commented by mw17mw at 2008-04-09 22:34
>きばなさん
三人姉妹の長女というのは、親からすると、「後二人も面倒みなくてはいけないから、早く大人になって」と思って、中々甘やかしてくれないでしょうね。(考えたら、私も三人兄弟の一番上<笑>)