観音裏・千束通り散策2/4-オーラ・エ・ピアチェヴォーレ

佐久良を出てから、本格的散策を始め、yasuさんのおかげで、色々な発見があったのだが、それは、次回にまとめて。

d0063149_1253142.jpgで、少し歩いた後、食後のコーヒーも飲まなかったからとのことで、すぐに、紅茶専門店「オーラ・エ・ピアチェヴォーレ」に入った。
ここは、yasuさんが以前から入ってみたいと思っていたお店で、外から見ても、近隣の店と全く雰囲気が違って、オーナーがオシャレであることがわかる。
ここのお店も、私一人がフラフラ歩いたら、見過ごしてしまうだろうし、気が付いても、入らないかもと思う。

d0063149_16113656.jpg
中に入ると、壁が白で、花が沢山あって、とても居心地良さそう。
カウンターの中には、女性が二人。
何だか、浅草にいるという感じではない雰囲気が心地良い。
浅草を感じさせるものは、先客たちの年齢が高そうなところだけかな?

私は、お店の人に、「趣味を活かして、お店をしているのですか?」と聞けばいいのに、間違えて「趣味でお店をしているのですか?」と聞いてしまった。(笑)
その変な質問に、嫌な顔もせず、事情を説明してくれた。
16歳年下の弟さんが22歳で交通事故で突然亡くなってしまったそうだ。
そのショックは大きく、家族で立ち直るために、「弟が生きていたら、喜んでくれるようなお店を地元浅草で開いた」とのこと。
何だか、その話を聞いたら、涙が出そうになって、お話を聞くだけになってしまった。
我が家だって、甥たちが、自分たちより先に死んだら、家族中、気が狂うだろうと想像できる。

店名の「オーラ・エ・ピアチェヴォーレ」というのは、イタリア語で、「今を楽しく」という意味なのだそうだ。
「今を楽しく」ということは、とても大切なこと。
自分たちも一瞬一瞬を楽しく積み重ねることによって立ち直ろう、お客さんたちに、「ひと時の心地良い空間」を提供したいという思いかも。

d0063149_12535998.jpgオーダーしたものは、yasuさんがアフタヌーンティーというブレンドティー、私は、紅茶ゼリー。
ブレンドティーは、写真のような大き目の可愛いティーポットにたっぷり入って来た。
私の紅茶ゼリーは手前のグラス。
ゼリーというからには固まったものかと勝手に想像していたが、出てきたものは、流動体。
添えられたスプーンですくって食べていた。
何だか、非効率的だなと思っていたら、グラスを口につけて飲んでくださいとアドバイスされた。(笑)
レモンの味が美味しい。

このお店、椅子も飾り棚も飾ってある花も置物も全て素敵。
そして、居心地が良い。
何だか、勝手な思い込みかも知れないけれど、インテリアが、「趣味を活かして」という感じもあるけれど、それよりも、「自分の愛する家族が喜んだり、くつろげるようにという気遣い」が底に流れていると思った。
その思いが流れている分、居心地が良いのかな~?

紅茶は31種類揃っている以外に、自家製のシフォンケーキも美味しそうだったし、ランチで食事もできるとのこと。

とても素敵で良いお店であった。

「オーラ・エ・ピアチェヴォーレ」
住所:台東区浅草5-7-2
電話:3873-5665
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:不定休(第1・3水曜日、第2・4水曜日、木曜日が主)
[PR]

by mw17mw | 2008-03-24 12:54 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)