合羽橋の新しい手打ち蕎麦屋-そば清

Internet Explorerを7.0にしたら、途中でトラブルが起きて、閉じてしまうことが多いこと、多いこと。
ヴァージョンアップ、早まってしまった。(まだの方、特に、ブログを持っている方は、まだヴァージョンアップしない方がいいですよ)
昨日、下記の書いている途中で消えてしまったのを、今日書き直し。


何ヶ月前からだろう、京成コーポという、まいづるの支店が入っているビルの2Fに、手打ち蕎麦屋ができて、表に、「手打ちそば」という白いのぼりが目立つようになった。
しかも、手打ちそばが580円とのこと。

d0063149_17165437.jpgd0063149_17171480.jpg









どんな具合か、行ってきた。
菊屋橋の交差点から、西浅草側を少し北に進んだところにある大きなマンションの2F。
「エレベータでどうぞ」と書いてあるので、大きなエレベータに乗って、2Fに行った。
2Fも、元々は、商店街になるような設計のようだが、現在は、お蕎麦屋さん一軒と、何だか、倉庫に使われているもう一軒の二軒しか、生きていないようだ。(1Fの商店街もそんな感じだけれど)

一時過ぎに行ったからか、他のお客さんはいないで、ご店主がテレビを見ているという感じの、「開店したばかりの試運転中のお蕎麦屋さん」と言うイメージか。

とりあえずは、もりそばを頼んでみた。
お汁は、かつお出汁の味が前面にきて、お醤油の味が弱いタイプ。
お蕎麦は、太めで、香りがあって、味があって、盛りが良い。
お蕎麦は、噛み応えがあるので、10割かなと思ったら、二八なのだそうだ。
二八でも、太ければ、結構固いものなのだ。
関西風とでも言いたくなるようなおつゆだが、田舎っぽいお蕎麦と良く合っていた。

d0063149_17181533.jpgd0063149_17183448.jpg









メニューを見ると、「にしんそば」があり、やっぱり関西系なのかなと思った。
(ご店主のアクセントも何となく関西風?)
あのくらい、食べ応えのあるお蕎麦だと、汁そばに良いかも。
今度は、にしんそばか玉子とじそばを食べてみたい。

一口に手打ちそばと言っても、めん公望は、細くてつゆが濃くて大根おろし。
こちらは、太くてつゆが薄くてわさび。
全然個性が違うのが面白い。

めん公望の方はお姉さんが結構色々しゃべて教えてくれるけれど、こちらのご店主は無口のよう。

両方行って、比べると面白いと思う。
[PR]

by mw17mw | 2008-02-27 17:22 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by じゃり at 2008-02-28 21:06 x
お蕎麦大好き!!こういうごっついのが好きだな~
蕎麦屋でポン酒もいいなあ・・・。

初めて行くお店ではざるそばにしちゃうけど二度目は温かいのが食べたいな。鰊蕎麦美味しそうです☆
Commented by mw17mw at 2008-02-29 00:02
>じゃりさん
そうですね、お蕎麦って、ごっついのにはごっついのなりの美味しさがありますよね。
私、何も入っていないさらしな蕎麦以外は、皆好きです。
にしん蕎麦って、食べたことないのだけれど、美味しいのかな?
一度は食べて来なくてはね。