合羽橋「食べながら」ツアー

今日から「いつもの日常」が始まった。
「お正月休みの方がいいな」と思っても、もう終わってしまったのだから、黙って「いつもの日常」に乗るしかない。

先日、B食の方々に合羽橋を案内したのだが、そのときに、「何を食べれば、皆が満足してくれるか」一生懸命考えてしまった。
彼らのB食での日記を読んでいると、本当に、どこまでも美味しいものを求めて出かけてしまう「美味しいものに精通している」方たちばかり。
その外食の回数、食べる量(すなわち、美味しいものを食べている回数と量)が、やっぱり、普通を相当超えている。(笑)
2,3度、南部百姓家とか、恵比寿のイタリアンをご一緒したが、いつも私が一番少食だった。(笑)

この前、お誕生日にお祝いしてもらったときの、彼らの選んでくれた苺のショートケーキも美味しかったな、もしかして、あれは自己最高の苺のショートだったかも。(ラ・プレシューズ?)

で、予め2つコースを用意してみた。
軽い軽食を何店も重ねていくコースか、ストロバヤみたいなところで、重たいものをど~んと食べるコース。
最初にあったときに、幹事のような立場の人にこの2つを提案したら、「両方、混ぜて」と言われた。(笑)

で、10時に田原町に集合し、11時半に午前中のおやつに、めん公望に入る。
d0063149_2352112.jpg

一名、熱々のかしわ南蛮を食べた以外は、今後に備えて、軽くざる蕎麦。
美味しかった。
お姉さんに聞くと、めん公望もとうとう新そば100%になったそうだ。
確かに、12月に食べた新とひねが混ざったお蕎麦に比べると、蕎麦粉の甘さが弱いような気がした。
(普通は、青い美味しさというそうだけれど、軽い美味しさかな?)

めん公望のような自家製粉のお店って、何だか安心できる。(その時々の蕎麦粉の違いで、美味しさの種類は一様ではないが、いつでもそれなりに美味しいから)

で、先日のTVチャンピオンのDVDを貸したお礼にと、わらび餅をサービスしてくれたが、これ、美味しい!
あっという間に食べてしまった。

お蕎麦・わらび餅とも好評でひと安心。

さて、その後、また買い物をして、1時前に、そろそろ次に行こうということになった。
ま、どっしり重たくて、浅草ならではというと、やっぱり、フランス風ロシア料理かなということで、ストロバヤに行くも、一瞬の差で、団体がどどっと入って行き、満席になってしまった。
その上、6日まではランチメニューはなくて、アラカルトのみだそうなので、諦める。
ここのロールキャベツとか、クリームコロッケ、味わって欲しかった。

次に、ミニョネットのカスレが美味しいということになり、行ってみたが、満席。
予めお電話くださいねと、お店のカードを渡された。(涙)
この混み方は、お正月明け第一週の土曜日だからだろうか、それとも、このお店も人気が出てしまって、土曜のお昼は簡単に入れなくなってしまったのだろうか?

で、次は、468に行ったら、見事に誰もお客がいなくて、簡単に入れた。(笑)
それぞれ、壁の短冊を見てお寿司を決めた。
d0063149_23324134.jpg
私は、鯖寿司と穴子寿司半々タイプに芋吸い。
この日は、穴子の味がわかって、穴子寿司が美味しかった。
芋吸いは、寒い日にぴったり。
じゃがいものでんぷんで、とろっとろになった熱々の吸い物は、外気に当って冷えた身体を芯から温めてくれる。
ということで、好評だったが、私としては、芋吸いの出汁の味が余りに薄くて、感激できなかった。
こういうお吸い物も日々味が違うのかしらね~、とちょっと不満であった。

d0063149_2333862.jpg468を出て、また買い物三昧。
最後は、菊丸で、あんみつかパフェを食べることになった。
私は、くりーむあんみつに白玉をプラスしたもの。
難点がなくて美味しかった。
菊丸さんのあんみつ類には、菊の形をした小さな最中の皮がついてくるが、これがパリっとしていて、美味しかった。(ただ、材料の美味しさが今一つかも。大阪の菊屋の方が美味しい)

遠くから来た皆様は、朝予約しておいたペリカンパンをお土産に帰って行かれた。
買い物も食べ歩きも楽しかったし、好評でひと安心。

ま、合羽橋まで来て、「めん公望」「468」「菊丸」の組み合わせは、和風で統一され、それなりに良かったかも。
他、ストロバヤとミニョネット、合羽橋珈琲も、今度行って欲しいな~。
(あ、そうだ、梅源さんもまだお正月休みで買えなかったのだ。
お土産に梅源さんの甘納豆類もお奨め)

こんなに、3店に入りながらの「食べながら合羽橋ツアー」は初めてであった。
良く食べた~、今日は夕飯抜くと言いながら別れたが、やっぱり、夜少し食べてしまった。
[PR]

by mw17mw | 2008-01-07 23:33 | 飲食店・菓子店 | Comments(5)

Commented by きばな at 2008-01-08 10:28 x
ペリカンは予約しないと買えないのですか......その日の朝で間に合うの?

外食って殆どしないから憧れる(笑)......先日、9ヶ月ぶりにラーメン屋に行った。
あざみ野に古くからある小さな店.....「当たるか外れるか」と不安だったけど、
好みの「昔風ラーメン」で美味しかった。麺も好みの縮れ太麺......。
水戸時代は、北海道時代から通ってた「むつみ屋」があったので、そこ一点張り。
ここからだと1番近くて「溝の口」......面倒くさい(笑)。 風邪をひいて全開すると
アタシはラーメン屋に連れて行って貰います。もちろん食欲はなく食べられないけど
醤油ラーメンのスープだけ飲むんです。色んな栄養が入ってますから効果バツグン。
ザ~ッと五臓六腑に浸みるのがわかる.....。北海道の頃は、味もすごく濃くてしょっぱく
舌が火傷しそ~なラーメンを好みましたが、関東に慣れたのでしょうか?昔のような
濃い味は恋しくなくなりました。道産子でも始めて食べた人は「調合まちがったんじゃ?」
と思うような「濃い系」を食べていたのが嘘のようです。
Commented by mw17mw at 2008-01-08 22:37
>きばなさん
土曜日に合羽橋に行ったときには、「帰りにペリカンに寄ろう」と考えるのは、危険です。
土曜日は、午後になると売り切れる場合がありますから。
ま、お昼くらいまでだったら、大丈夫だと思います。
早く、人気が沈静化してくれるといいのですけれどね。

むつみ屋、インターネットで調べました。
東京駅の大地下街と北千住にあるんですね。
何がお奨めだろう?
私としては、「北の恵み」という塩バターラーメンぽいのに惹かれます。
新世代・北海道ラーメン、興味津々。
Commented by きばな at 2008-01-08 23:22 x
正直に告白すると......北海道の本店と水戸店でしか食べた事がないの。
水戸店は「店長?」さんがシッカリ仕事をしてた人で、いつ行っても安心して
食べられました。その他の支店は......試してないから解りません。

ラーメンは....同じ材料を使っていても、作る人によって劇的に変化してしまうので、
他の支店も美味しいことを祈ります(笑)。お勧めは.....醤油か味噌か塩。
つまり「普通のラーメン」です。味噌は「赤」と「白」が週替わりみたいです。
アタシは「赤派」です。 北の恵み?なんだろう?アタシは知りません。
ちなみに「春ゆたか」を使った麺は、暖かいラーメンはHG、冷やしに限ります。

道産子にとって麺とは、縮れた太麺。そして固めの湯であがりで、汁は熱い。
できれば味も濃い(塩み)。ここまでクリアーしてれば、なんとか食べられる。
しかし....いくら美味しいスープでも、上記がかけていれば「激マズ」なのです。
とくに、まっすぐな細麺(シナそば・九州)......素麺みたいで泣きそうになります。
ラーメンくらい「お国柄」が表れている「大衆食」ってないよね.....。
Commented by きばな at 2008-01-08 23:24 x
やだ~HGだって(笑)NGの間違い......ふぉぉ~。
Commented by mw17mw at 2008-01-08 23:43
>きばなさん
そうそう、肝心なことを聞くのを忘れていましたが、答えてくださって有難う。
そうなのです、チェーン店と言っても、ラーメンは、店によって、出来不出来、美味しさが違うのですよね。
私は、熊本で桂花のラーメン気に入って帰って来て、新宿に支店があったので、行ったら、全然違って、がっかりしたことがありました。
札幌ラーメンは、やっぱり札幌で食べると、気候とぴったり合っていて、一番美味しいかも。
東京でも結構札幌ラーメン、以前は食べていました。(美味しいお店は美味しいですから、でも、やっぱり、札幌で食べた札幌ラーメンが一番美味しかったかも)
私も九州のとんこつラーメンに入っているギシギシとした麺は苦手です。