台東区台東の大原本店-白滝にこだわる

今日は東京地方、小雨がたまに降る寒い一日であった。
我が家のエアコンは、24日に付くことに決まり、もうちょっとの我慢だと思って、私は、部屋の中でもジャンパーを着て、ほかほかカーペットにしがみついています。

先日、家の近所の断腸亭さんの日記を読んでいたら、「浅草の松喜は、白滝が美味しくて有名。どうも台東区台東で作っているらしい」と書いてあった。

へ~、松喜と言ったら、ベーコンかと思っていたが、白滝が美味しいので有名なことを知った。

確かに、一口に「白滝」と言っても、様々。
私が一番好きな白滝は、数年前に店じまいしてしまった台東区台東のお豆腐屋さんのもの。
ここの白滝は、本当に他所と一線を画して美味しくて、ここの白滝を使わないすき焼きなぞ、母や妹からブーイングが出ていた。(笑)
(ま、普通のスーパーの白滝でも、別に不味くはないし、不満はないのだけれど)

はっきり美味しくないと思ったのは、7-11のおでんの白滝。
一度食べて懲りて、二度目はない。

違いは何かと言うと、白滝の「腰の強さ」と「そこはかとなくこんにゃくの匂いがすること」だと思う。
(強過ぎてもだめなのだけれど、適度は腰の強さが大切なのだ。7-11のは、腰がなくて、マロニーちゃんみたいだった)

d0063149_2357272.jpgで、台東区台東の路地で、大宮本店なるお店を見つけて、断腸亭さんの記述と、私の好きだったお豆腐屋の白滝が頭に浮かんだのだ。

再度行って、買い物をしてみた。
白滝について聞くと、松喜の白滝は確かにここのものだそうだ。
私の昔の行き着けのお豆腐屋さんに入れていたかどうかは、応対した人がまだお勤めして日が浅くて、わからないそうだ。

で、今日は、その白滝と柚子餡が入っている冷凍の麩饅頭の他、大宮本店のページのどこかに、「つと麩というのは、ちくわ麩よりちょっと柔らかいもの」と書いてあり、興味が沸いて、1本だけ買おうとしたら、「今、サービス品で、3本100円のがあります」と教えてくれたので、それを買って来た。(これも冷凍)

麩饅頭だけ解凍して味見したけれど、とても美味しい。
(多分、フレッシュなものの方が、解凍品より美味しいとは思うけれど、何せ、私がフレッシュなものを食べ慣れていないので、美味しいと思うのかも知れないけれど)

つと麩は、甘辛く煮るか、すき焼きに入れるとのこと、早速、つと麩と白滝を使って、すき焼き風の煮物を作ってみた。

白滝は、とても細くて、こんにゃくの味と香りがして、腰があって、美味しかった。
が、う~ん、私が最高と思っていたものと同じかどうかはわからなかった。
でも、今後、白滝は、ここで買うことにしよう。

つと麩は、ただの生麩のような気がする。
(ちくわ麩は、お麩の一種だけれど、普通の生麩とやっぱり食感とか味が違って、麩っぽくないのだけれど、あれは、原料とか作り方が違うのだろうか?→Wikipediaの「ちくわぶ」に、「ちくわ麩は、生麩の一種であるとされるが、グルテンのみから作られる本来の生麩よりかなり粉っぽく、だんごやすいとんに近い食味となる。」と書いてあった、納得)

ま、他、大原本店さんは、こわれこんにゃくだったかな、半端物も売っていて私好み。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-22 23:55 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by マリオカート at 2007-12-23 22:35 x
マリさん始めまして。
遅ればせながら、優勝おめでとうございます。

僕は2,000年ぐらいから料理をするようになったのですが、
その頃に"「美味しい!」が好き"を見つけ、
以来、レシピを真似てみたり野風憎に行って見たりとずっとファンでした。

あの日は、行きつけの定食屋でたまたま決勝戦を放映していました。

すぐにマリさんだと分かり応援し、
見事優勝したところが見ることができて大変うれしかったです。

マリさんも体を大事にして、来年も良い年をお過ごしください。

いつもありがとうございます。これからも日記を楽しみにしています。
Commented by mw17mw at 2007-12-24 00:15
>マリオカートさん
はじめまして、何だか嬉しいコメントを有難うございます。
2000年からというと、ずいぶん長い間読んでくださっているようで、本当に嬉しいです。
決勝戦は、トホホ、今見ると恥ずかしいですけれど...応援有難うございました。
喜んでいただけるのが一番嬉しいです。

これからも、ブログとHP頑張ります。
今後とも宜しくお願いいたします。

マリオカートさんも、良いお年を。