イヤープレイト

d0063149_18402919.jpg最近ご無沙汰しているB食で、何だか、自分がチャンピオンになったときだけ、記事を書いて、皆様から祝福をいただいた。

それだけでも幸せなのに、昨日、5月に一緒にオフした方の一部が忘年会兼でお祝いをしてくださった。

不義理な私に、そんな皆様のご厚情が見に染みる夜であった。

で、お祝いに、「ウエッジウッドの2007年イヤープレイト」をいただいたのだ。
イヤープレイトは存在は知っていたし、弟の嫁が集めていたりして、「好きな人は好きなんだ~」と、自分には無関係のものだと思っていたし、もらったこともあげたこともなかったのだ。
でも、もらってみると、とてもうれしいものだった。

d0063149_18405776.jpg表側がこの写真。
今年一年のカレンダーが載っている。
「この月にはこんなことが、あの月には、こんなことがあったな~」と思い出される。
最後、女性自身のグラビアに載ったり、TVチャンピオンで勝ったことが、私の人生の中で余りに非凡で、劇的であり、私にとって、一生忘れられない年となった。

今年の前半は、良くない大事件ばかり起きていた。
自分の力では抵抗できない不利益なことばかり起きていた。
一年の3/4は、そんな状況だったので、問題を大きくしないことを心掛け、ぐっと堪えるべきは堪えて、妥協できるところは妥協し、気にしない方がノイローゼにならないと思えるところは気にしないようにし、戦えるところは秘かに戦った。

余りにそんなことばかり起きていたので、9月に、本屋に「細木数子の占い」の本を立ち読みしに行ったら、「来年は良い年」と書いてあり、「じゃ、後3か月は、何も感じないようにして暮らそう」と思っていたところに、女性自身の話が持ち上がったり、7月から休眠状態であったTVチャンピオンの話が現実となって行った。
当然、自分ではどうしようもないことはそのままにしておいて、私を前向きに生かしてくれる話の方に進んだ。

やっぱり、人間、いいことも悪いことも起きるのが人生。
悪いことはなるべく気にしないで、「自分を生かしてくれる」というような前向きで良い話を大切にして生きて行くしかないと実感した一年。

何だか、今年は、私にとっては、思いもかけず「劇的な年」になった。
今年のお正月、今年がそういう年になるとは夢にも思っていなかった。

そんな劇的な年のカレンダーのついた素敵なイヤープレイトは、本当、一生の宝物で、ずっと飾ると思う。

そうか、イヤープレイトは、「結婚した」とか、「子供が生まれた」というような自分にとっての「大切な変わり目」を迎えた人にプレゼントしたり、買ったりするものなのだ。
(そういうことには無縁だったので、知らなかった)

(TVチャンピオンに勝ったことがそんなに大きいことかと言えば、見ず知らずのテレビ局からの依頼を「私を生かしてくれることだから」と思えて承諾したこと、大勢の人が応援してくれたこと、大勢の人が祝福してくれたこと、これらが私の人生には、「大きなこと」なのだ。)

さて、来年はどんな年になるのだろう?
今年みたいに、テレビだ、雑誌だという話は来ないかも知れない。
平凡な毎日になるかも知れない、そんな中でも、自分を生かし、人を生かし、大切にする気持ちで暮らしたい。

今年は、色々なことを学んだ年であった。
一番大きいのは、「人生、何が起きるかわからない」である。
ということは、悪いことも起きる可能性もあるわけだけれど、来年も、願わくは、良い「想像もしなかったこと」が起きますように。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-21 18:41 | 道具 | Comments(6)

Commented by きばな at 2007-12-21 22:00 x
この15年ほど.....来年の青写真も計画できないような.....暮らしを続け、
楽しいこともあったけど、4年前までは「悲しく苦しい」ことの方が多かった。
苦しい(笑)ラスト3年は「初の東京暮らし」でした。こりゃ~きつかった。
若いんならイザ知らず.....30代後半でしたから........。
当たり前だけど、遊びに来るのと暮らすのでは.....大違い(笑)。

生活形態も身体機能もオツムの中も、180度ひっくり返さなきゃならなかったし、
北海道の父を「見送る」時期にもぶつかり....よく乗り切った....と褒めたい(笑)。
思えば、この3年間は数子曰く「大殺界」でした(当時は知らなかった)。
どうりで浅草寺でオミクジ引いたら「凶」だった.....夫婦2人とも(泣)。

でも数子の言葉を信じたら.....まったく生活を変えたワケですからね.......
父が逝ったのは別にして(親を見送るのは必然)、都会暮らしはアタシを救って
くれたのかも....しれません。その後の水戸の3年間は、個人的にも夫婦としても
非常に有意義な時間でした。さて...横浜での暮らしも8ヶ月経過....どうなりますやら。
Commented by mw17mw at 2007-12-22 12:38
>きばなさん
15年だったら、良い方かも。
でも、終わって、シミジミ良かったですね。
慣れない土地に馴染むって、本当に数年がかりの大事業ですよね。

私は、平成11年頃、占いで見てもらって、平成12年までは何をやっても無駄と言われました、いいこと何もないって。
でも、これって、結構当っていました、そうとは知らずに生きていて良かったと思いました。

都会暮らしは、どのようにきばなさんを救ってくれたのでしょうか?(気が紛れた?)
Commented by きばな at 2007-12-22 22:37 x
「気が紛れた」の反対です(笑)....地獄だった(笑)。
関東暮らしもマル7年....来年は8年目に突入です...やっと楽しめてます。
そうなると.....今度は北海道に帰れない「身体」になってしまいマシタ(涙)。
Commented by mw17mw at 2007-12-23 00:07
>きばなさん
地獄というのもすごいですね。
私は関西に3年の経験しかないですが、3年で終わったからかも知れないけれど、どこまでも関東人だと思いました。
3年して東京に戻ったら、何だかしゃべる間合いとか、動くスピードとか、結構関西に馴染んでいた自分を実感しましたが、すぐに、元に戻りました。
きっと、北海道に帰ったら帰ったで、また、すぐ戻れますよ。(なんて、楽観的過ぎかな>)
Commented by minoise at 2007-12-27 22:56 x
ちょっとPCチェックをさぼっていたら、相変わらずの楽しいブログで、何処にコメント入れようか悩んだところ、こちらに座布団一枚!って・・・!なんじゃそりゃ。

ワタシは3代江戸っ子で東京以外住むことはない!と高を括ってたら、晩婚⇒まさかの転勤、しかも全くシチュエーション違いの土地に、3年、2年・・・・そして今年ようやく
東京に戻ってまいりました。
枕を何度濡らしたことか!?(は、大袈裟です)
郷に入れば郷に従え・・・っていいますけど、30代後半の土地の差はきつかったです。
でもそれはそれで勉強になり、今はまたどっぷり江戸っ子になってます♪

人生山あり谷あり!って言うのも生きてる?って感じの今日この頃です。
同じく楽観主義なので・・・・(笑)
Commented by mw17mw at 2007-12-28 23:58
>minoiseさん
私も関西に3年行って、「異国で暮らす大変さ」を味わいました。(やってみないとわからないですよね。それまでは、引越しとか、憧れていたのですが)
関西から故郷の東京に行くのが嬉しくて嬉しくて、新幹線の中で、「何故、鮭は生まれ故郷の川に戻って来て、お産するのか」わかるような気がしました。
やっぱり、生まれ育ったところって、何だか落ち着くのですよね。