合羽橋の便利グッズ-果物カッター・色々カッター

合羽橋本通り、新装開店したまんとうさんのバーゲンは、12月14日(金)・15日(土)のよう。

本題です。

まrさんのコメントにある「鳥の形をした皮むき」は、きっと、色々な種類があるのだろう。
プロパックで売られているのは、「京セラのオレンジ・カッター」。
京セラは、カッター類に力を入れていて、かわじさんが出した「牛乳パックカッター」や「レシピカッター」と並んで、プロパックの2Fに並んでいる。(京セラのカッターはこちらに詳しい)

d0063149_1844326.jpgプロパックには、京セラのオレンジカッター以外に、「みかんカッター」というのも売っていて、お値段は両方とも341円。
みかんカッターは、刃はセラミックではないけれど、刃を折ってしまえる機能がついていて、魅力的。
どちらがいいのだろう?

さて、便利グッズを探したときの話だが、試合が終わってから、かわじさんに「牛乳パック・カッターはプロパックの2Fのもの」と聞いて見に行ったのだ。
確かに、私は、このプロパックの2Fには何度も便利グッズを探しに来ていて、オレンジ・カッターもレシピ・カッターも見た記憶があるのに、牛乳パック・カッターはまるで記憶にないのだ。

きっと人間って、無意識に、自分の生活に関係あるか、興味のあるもの以外、目に入って来ないのかも知れない。
(試合中に、応援に来ていた弟に、「真理ちゃんは、合羽橋=調理道具という意識が強過ぎる」と言われた。)
私は、牛乳やジュースのパックを買うのは、2,3か月に一回だけで、(悪いのだけれど)わざわざ開いて、パック収集箱に捨てるようなことをしていなかったからということもある。
でも、この製品がとても好評で売れていることで、世間の大勢の人が、パックの牛乳等を良く利用し、ちゃんと水洗いして、開いて、回収に協力しているのだ、ということがわかった。
私もやらなくてはね。

他にカッター関係の話としては、試合前に、友人に、「何か面白い便利グッズはないかしら?」と聞いたら、「パイナップルカッター」を教えてくれた。
何でも、それを使うと、パイナップルを、芯をくりぬいた上で、円筒形に切れるものとか。(缶詰のパイナップルの厚い形)
それを探したら、そのときは合羽橋のありそうなお店で聞いても見つからなかったが、最近、ニイミにあることがわかった。(何故か、御徒町吉池4Fにもある)

パイナップル続きで話題を続けると、つば屋さんという包丁屋さんには、「パイナップルポートカッター」という名前ではなかったけれど、パイナップルを縦半分に包丁で切った上で、容器にするために、中身をきれいにくり貫く道具があった。(これは、見つけるのが遅過ぎた)←通常のパイナップルカッターだと、緑の頭の部分を切り取ってから使うわけだけれど、パイナップルポートの方は、それが残せる。

他、最近、テレビを見ていたら、ニイミさんで、「アップルカッター」というリンゴをきれいに八等分する道具を売っていると紹介されていた。
これも、リンゴを沢山切る人でないと不要かも知れないが、同じ厚さに八等分できるという点では、いい道具だと思う。(「アップルカッター」で検索すると、色々な会社で作っている製品のようで、様々なタイプがあるみたい)

そういえば、いかクリップも人気があるのか、TDIで売り切れていた。(でもすぐに入荷されるのではと思う)
他、イカ関連では、つば屋さんに、イカに一回で沢山の薄めの筋を入れられる道具があった。
確かに、料理屋さんなどで、沢山のイカにかのこの包丁目を入れる人にとっては、包丁で一本一本なんて、入れるのは大変過ぎるものね。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-10 18:13 | 道具 | Comments(1)

Commented by まr at 2007-12-10 19:28 x
オレンジ・みかんのカッターいろいろありがとうございます。

記憶の中にある品はもっと簡単安直で、ポジションとしては、このごろキウイのオマケに付いている「1本で横割りできて掬って食べやすいプラスッチクスプーン」に近いです。
鸚鵡の横顔みたいな形状で(色もウチのは初代黄色2代目緑でした)、目のところには穴が開いていました。鳥の嘴状の刃はヤッパリ機能的に意味のある形なのでしょうね。

って、いつまでも引っ張ってすみません。