五本木「スリール」→代官山→中目黒

食事の後、ボン・シュマンの裏手にある「パティスリー・スリール」に行った。
このお店は、以前にも紹介したが、ロオジェにいた岡村さんという方のお店。
ご一緒した友人が「レストラン出身のパティシエだから、パティスリー出身のパティシエのお店に比べて、派手さはないけれど、確実に美味しい」と評していたがその通り。
日曜日の午後、店内には、次から次にお客さんが入って来て、大変繁盛していた。
このお店、遠くから買いに来ると言っても限度がある立地条件、それにも拘らず、これだけお客さんが来るというのは、本当に地元に愛されているお店という感じ。

d0063149_17503640.jpg
並んでいるお客さんを見ていると、他のお店より、男性客の比率が相当高いような気がした。
皆、奥さんに頼まれて買いに来たという感じではなく、自らケーキを選んでいる人が多かった。

私はこの後、代官山に行くつもりだったので、壊れそうなケーキは買いたくなかったし、お財布の関係もあり、一番地味で質実剛健な、「ガトー グーテ」を400円でお買い上げ。(笑)
(写真右は、半分くらい食べた後のもの、体積として、虎屋の一口羊羹3つ入り3パック分くらいの大きさかな?)
一言で言うと、「洋風羊羹」
ナッツパウダー・砂糖・卵・小麦粉・ココアを混ぜて、そこに干したリ、砂糖漬けにしたリンゴ・レーズン・シナモン・オレンジが入れて、焼いたもののようだ。
バターの風味はしなかったが、これはこれで、量が多くて安いけれども、上等な味がして美味しかった。

五本木の交差点から三宿の方に向かうと、左と右に道が分かれるところがある。
そこを右に行くと、すぐに「ボン・シュマン」、左に行くとすぐ「スリール」、そして、まだ行ったことがないが、スリールを通り越してもうちょっと行くと、パンの名店「シニフィアン・シニフィエ」がある。

そして、この道というのが、2階建て以上の高さの建物がなく、道路が広々としていて気持ちよい。

別宅・別荘買うなら、食べ物事情も良いし、五本木がいいと思う。(ま、宝くじでも当らないと、買えないけれど)

駒沢通りは素敵な通りではあるけれど、その近隣、決して高級な住宅ばかりでなく、戦前に建てたと思われる立派な木造家屋の材木屋さんとか、ビルになったお豆腐屋さんなど、結構、古くからのお店が多く、私としては違和感がないのだ。(どうも、私は、古いものと新しいもの、高級なものと庶民的なものが混在している地域が好きなのだと思う)

その後、恵比寿行きのバスに乗って、恵比寿の一つ手前で降りて、鎗が崎(やりがさき)というところから、級山手通りに入った。
ヒルサイドテラスにあるチェリーテラスを探しながら、お散歩。
反対側に、ル・コルドンブルーの東京校を見つけて喜ぶ、流石格好いい。
d0063149_18223471.jpg

旧山手通りに面しているヒルサイドテラスは、Asoもあり、素敵。
お店もお客さんも皆オシャレ。
ヒルサイドテラスの相当手前の建物の後ろに、昔のお屋敷風の日本家屋が見えて素敵なのだが、ヒルサイドテラスの後ろは何なのだろう?

チェリーテラスはすぐに見つかったが、手前の本を売っている部屋はお休みで、奥だけが営業していた。
素敵なものが沢山並んでいるけれど、種類が少ない。
ここは、そのときの一番良いものだけを並べ、そのときの一番良いものが欲しい人が買いに来るお店かなと思った。(価値観がはっきりしている)

その他、クリスマス用品のお店やドラッグストアを見て、何も買わずに帰路に着いた。
交番で中目黒への行き方を習って、鎗が崎の坂を下りると、駒沢通りに出るのだが、そこから見る祐天寺方面の景色がとても素敵。
高い建物が何もなくて、ずっと遠くまで並木道が見えるのだ。
何だか、ここから、郊外の素敵な住宅地が始まるという感じが良い。
(ここで写真を撮れば良かったが、忘れた)

最後中目黒に出て、目黒川の紅葉を写して、散歩終了。
[PR]

by mw17mw | 2007-12-05 18:23 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)