センチメンタル・食・ジャーニー

今は、近所の会社が殆ど休みなので、右にならって、私もお盆休み中。
旅行やドライブに行く話しもあったのだが、結局、まとまらず、家でゆっくりすることにした。

今年前半は、結構、突然色々なことが起きたので、「何かを心配したり、策を練るようなことをせずに、何もしないで、2,3日を過ごせる」ことも、とても魅力的に思えた。

(朝からダラダラしていたら、はなまるの後に、「花より男子」というドラマを見てしまい、面白かったので、明日からも見続けそう、こういうのも、お休みならではと思う。)

そのうちの一日は、「VIRONへの買出し」をしようと思いついていた。
(何故なら、オフィス街の店なら、お盆は休んでいないと思ったのだ。お盆休みの行楽は、オフィス街に限る)
丸の内で食事したときに、石川さんがVIRONのパンをプレゼントしてくださったのだが、さすがに美味しかった。
小麦粉の香りと味が違うのだ。
そうだ、せっかくのお盆休みのプチ贅沢として、朝食べるためのVIRONのパンを買いに行こうと計画をした。

VIRONは、丸の内だから、どうせなら、通り道の日本橋で、以前から気になっていた小洞天でお昼の焼きそばを食べて、麺が変わっていないか、チェックしようと思った。

何だか、日本橋にも丸の内も相当再開発されて、私がまだ足を踏み入れていない施設も沢山あるのに、そういうものには目もくれずに、最終目的はVIRONであるにしろ、そこに行き着くまでの間は、昔を偲ぶ行程になりそう。(この真夏に気楽な服装で、自転車で汗をかきながら行くには、最新の施設は向かないとも思うが)

今日は、日頃の行いが良かったのか、前日までに比べたら、暑さが一段落で助かった。

我が家の方から江戸通りを進み、中央通りと交差するところで、曲がって三越の方に進む。
三井タワーの1階の千疋屋パーラーがとてもきれいで素敵と思いながら通り過ぎる。
その中央通りを挟んだ反対側に大きな空き地が...。
あそこには何があったっけ?
そうだ、東レのビルがあったのではないかと思う。
一つのビルがなくなるということは、そこにいたサラリーマンが皆いなくなるわけで、周囲の飲食店はお金を落としてくれていた人たちが消えたわけで、悲鳴をあげているに違いないとか、頭に浮かぶ。
跡地は、何になるのだろう?
と思いながら、三越を通り過ぎて、日本橋を渡る。

d0063149_2352450.jpg日本橋を渡って、二つ目の角、東洋という飲食店を右に曲がると、そこには、小洞天がある。
自転車をわき道に留めて、その周囲を歩いてみる。
大分変わったけれど、栄太楼は昔のまま、入って、サンプルを見る、結構高め。
ここはたまにしか入らなかったけれど、落ち着いておしゃべりしながら、お昼を過ごすには良い鴨。
今でも、赤飯弁当がある点が良い。

で、小洞天に入ると、すぐに相席に案内された。
ちょうどお昼前くらいだったのだけれど、相変わらずサラリーマンが次々に入ってきて、相変わらず繁盛しているようだった。

頼むものは、「柔らかい焼きそばとシュウマイ2個」
メニューを見ると、昔と違って、タンタン麺が一押しのようだ。
それに、「シュウマイ4つにライス、半分の柔らかい焼きそば」というセットもあるみたいだが、う~ん、昔かたぎの私としては、シュウマイ4つにライスで十分だし、何だか、中途半端に多い量のように感じる、でも、男の人にはこのくらいが良いのかも。

私のように、「柔らかい焼きそばにシュウマイ2個」と注文するお客の声が、2,3、聞こえてきて、まだまだ人気があるメニューなのだと感じた。

だいたいにおいて、何で、わざわざ小洞天に柔らかい焼きそばを食べに行ったかというと、去年、銀座アスターに柔らかい焼きそばを食べに行ったら、麺が変わっていて、私の好きな昔のアスターの焼きそばとは違うものになっていたからだ。
だったら、同じく、「麺そのものに特徴がある」小洞天の焼きそばは、今はどうなっているのだろうと、チェックしたくなったのだ。

d0063149_2350247.jpg果たして、出てきた小洞天の柔らかい焼きそばは、昔と同じだった。
全然変わっていなかった。(ほっ)
年がばれるけれど、ここの焼きそばを初めて食べたのは、今から30年前なのだ。
30年して、変わっていないということは、とても嬉しい。

食べるとちょと油濃かったので、お酢を全体にかけ、芥子をつけながら、食べた。

多分、この焼きそばの麺は、「広東麺(細いもの)」だと思うが、未だに、何という麺だかわかっていない。(広東麺(細いもの)は、キュウ家の家庭料理に載っていたもの、写真が似ている)
<ここの硬い焼きそばは、ごく普通のもの>

ただ、食べ終わって出てきたら、「相当、化学調味料を使っているのだな」と感じた。
舌が気持ち悪くなるほどではないのだけれど、口中、化学調味料で汚染された感じ。(笑)
きっと、オイスターソースで味付けしているから、こうなるのかもとも思う。

これでわかったような気がした。
ここの柔らかい焼きそばは、たまに食べたくなるけれど、続けて食べることはなかった。
シュウマイライスか、硬い焼きそばにシュウマイ2個か、柔らかい焼きそばにシュウマイ2個。

d0063149_2350499.jpg私が日本橋界隈に勤務しているとき、会社から一番近い中華屋さんが「小洞天」。
それを通り越して中央通を渡ると、日本橋東急があって、その中には、「銀座アスター」があった。
そして、会社を出て、東京駅の方に進むと、「天山」という中華屋さんが後から出来た。
天山は、中華料理一品とご飯のセットが常に5,6種類あって、大勢で行って、色々な料理を取って、回して食べたっけ。
麺を食べたいときは、小洞天と銀座アスター。
全部、ジャパニーズチャイニーズだけれど、結構恵まれた食環境であった。
[PR]

by mw17mw | 2007-08-13 23:52 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)

Commented by Dolores at 2007-08-14 07:55 x
Viron のパン、美味しいですよね。
私は今自分が買いやすい範囲の中では一番好き。
特にバケット。
渋谷しかなかったのが丸の内にもできてよかったです。
Commented by mw17mw at 2007-08-14 23:46
>Doloresさん
Vironのパンは、本当に「別格」ですよね。
袋から取り出したときの香り、パンをちぎったときに見える、パン内部の気泡の跡までもが、輝いて見えます。
私の記事は中々Vironまで辿り着かないのですが、楽しみにしていてください。
バゲット、買わなかったのが、残念です。
ま、またそのうち、涼しくなったら、買いに行きたいです。