久々の合羽橋案内 2/4-徳太楼

実は、前日、めぐりん路線図を印刷したのに、出かけるとき、持って出るのを忘れてしまった。
あれさえあれば、ちゃんと台東区の地図の上に路線図が書いてあるので、わかりやすいのだけれど、停留所の路線図は、簡略化された路線図で、停留所名しか書いていないので、わかりにくい。
でも、ま、どうにかなるでしょうと、合羽橋の真ん中あたりの停留所から、南めぐりんに乗って、生涯学習センター前で、北めぐりんに乗り継いだ。
北めぐりんは、金竜小学校の近くを右折して、隅田川の方向に進む。
私は景色を良く見て、千束通りを越したら、降りようと思っていた。
で、千束通りを越したと思ったところ(浅草5丁目のようだ)で、降りて、地元民と思しき人に「徳太楼」への行き方を聞いた。
どうも、北めぐりんは、徳太楼さんのあるところから、ちょっと北寄りを走っているみたい。
2,3分歩いて、徳太楼に到着。

d0063149_1230698.jpg私も久しぶりの徳太楼
ここのきんつばは本当に美味しい。
全国津々浦々のきんつばを食べたわけではないけれど、やはり、きんつばは徳太楼のが一番だと思う。
小豆の煮方が絶品。
小豆のアクが全くなく、甘過ぎず、さっぱりしているけれど、小豆の美味しさが良くわかる一品。
東京の和菓子で、京都の和菓子の繊細さに並べる貴重な一品だと思っている。

確か一つ126円、小振りである。

d0063149_12385270.jpghanakoさんに、「以前、ここに買いに来たとき、大阪からの観光客の一団が買いに来ていたのに出合ったことがある。大阪から買いに来るくらい美味しいのだから」と前宣伝。(彼女の舌と私の舌は、結構好みが一致しているようなので)

お店は、木造の時の方が趣があったけれど、コンクリになっても、昔の風情を失わないように、設計されていて素敵。

お店の方に聞いたら、売上の7、8割は、看板メニューの「きんつば」とのこと。
他にも、夏場は作らない豆大福も良く売れるとのことであった。
私は、きんつばを買い、hanakoさんは、きんつばと豆板という、豆大福の外側の皮のお餅を購入。
他にも、上生菓子もおいしそうだし、お赤飯もいいよね、と思った。

d0063149_12293998.jpgこれが徳太楼のきんつばの断面図。
本当に甘さを押さえてあり、小豆の味が美味しい。
4つ買ったうち、結局3つは私が食べてしまった。(笑)

徳太楼を出た後、もうちょっと南下して、言問通りより一本手前の路地にある「梅むら」に向かったら、何と、「午後1時から営業」だったのだ。(涙)
え~、残念。
梅むらの回りには、有名な美味しいお店が多い。
グリルグランド、グリル佐久良、釜飯のむつみ
hanakoさんは、在アメリカだから、むつみの日本食がいいかしら?
その時、ちょうど12時過ぎで、むつみでお昼を食べれば、その間に、梅むらが開店する、と心に強く浮かんだけれど、やっぱり、上野の山の韻松亭のお料理と借景を味わって欲しいと思い、諦めた。(hanakoさんは、一生懸命、場所をメモしていた)

そういえば、徳太楼さんで、豆かんも売っていたと思うけれど、何せ合羽橋での買い物の荷物が多いので、それを買うことも断念。

そして、タクシーで合羽橋に戻り、最後、買うべきものを買い、宇田川さんで、荷物を整理させてもらい、二人で、再び、南めぐりんに乗って、上野の山に向かった。(あ、今思い出した、お芋のお菓子を買いたいと言っていたのに、忘れた。そうだ、その上、観音裏には、千葉屋という大学芋のお店があったのだ、それを紹介することも忘れていた、全ては次回ね。)

御菓子司 徳太楼
電話: 03-3874-4073
住所: 東京都台東区浅草3-36-2
定休: 日曜
平日: 10:00 - 19:00
土曜: 10:00 - 19:00
三社祭りの土曜日は、実質、開店休業だと思う。
[PR]

by mw17mw | 2007-05-31 12:30 | 飲食店・菓子店 | Comments(7)

Commented by Dolores at 2007-05-31 15:50 x
充実していますねぇ。
合羽橋ツアー、また遣って欲しいです。
すごーく昔にいったことしかなくて、これを読んでいたら
いろいろいってみたくなりました
Commented by mw17mw at 2007-05-31 17:00
>Doloresさん
うまく日程さえ合えば、是非、実現させましょう。
今回は明日書くのですが、合羽橋を中心に観音裏に行ったり、上野の山に行ったりで、とても欲張りなコースでした。
Commented by hanako at 2007-05-31 21:52 x
合羽橋ツアー、本当にありがとうございました!
楽しかった~~~~~~~!幸せっ、になりました!!!

しかし、このきんつばは美味しかった。
わたしはずっと基本的に「あんこ」が嫌いだと思っていたのですが、実は「美味しくないあんこ」が嫌いなのだと発見!
ひとつ食べると、止まらなくなりそうで怖かった~~(笑)
軽くて、私の苦手なあんこの重さが全く無くて、でも大好きなあずきの味はしっかりしていて、後を引きます~
梅むら&むつみの敵討ちツアー(笑)是非したいですー♪
Commented by 大外郎 at 2007-06-01 00:09 x
梅むらとグリル佐久良はセットで孤独のグルメってマンガに出てくるので
コミックファンがよく出かけるお店になってます。

私がそのあたりに行ったときは、西山菓子店さんの福々まんじゅうをたくさん買い込んで帰ることにしています。
Commented by mw17mw at 2007-06-01 17:22
>hanakoさん
こちらこそ、有難うございました、とても楽しかったです。
お家の人に「何で、きんつばを一つずつしか買って来なかったの?」と言われませんでしたか?
また、遊びましょう。

>大外郎さん
私、グリル佐久良は行ったことないのです、是非、一度行かなくては。
「孤独のグルメ」ってどんな漫画だろう、台東、文京、千代田の図書館の蔵書検索で出てきませんでした、残念。
西山さんって、雷門の前のところですよね、これも実は食べたことがないです。
わ~、まだ、色々なものを食べなくては。
きっと外から来る人の方が浅草詳しいかも。
Commented by 大外郎 at 2007-06-01 19:39 x
『孤独のグルメ』は、いま文庫になってるので手に入れやすいです。機会があったらぜひ御一読を。主人公の五郎ちゃんのセリフを真似しちゃうこと請け合いです。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30655151
こちらで第一話が立ち読みできます
http://www1.e-hon.ne.jp/content/photo_9784594028565_01.html


>西山さんって、雷門の前の
そうですそうです。中でカキ氷とか食べれるようなので、一度イートインもやってみたいのですが……。
ふくふく饅頭の蒸し器の各段に2~3個 すごくちっちゃいお饅頭が混じってます。ふた開けたときに見つけたら「それ何?」とか聞くと「見つかっちゃったか」とかいいながらよくもらえます。待ってる人とかに渡す味見用なんですね。

>きっと外から来る人の方が
あ~ これはあるかも。
せっかく行くのだからと、張り切りますからね。
Commented by mw17mw at 2007-06-01 21:02
>大外郎さん
ご紹介有難うございました、これ読んだことあります、第一巻。
祐安さんが貸してくださいました。
これも、「外にいる方」の方が夢が持てると思います。
我が家は、第一話の地域と近くはないのですが、この前、当り屋っぽいことが
あったのもこの地域ですし、小さいときから何度か通っているので、この漫画の
嘘がわかってしまうような気がして、どうもだめです。
大外郎さんが思いもつかないことで、私はこの漫画、第一話で拒否なのです。
何かと言うと、「余りに汗臭い地域」なのであります。
先日も、当り屋さんを自動車に乗せて、病院まで連れて行ったのですが、
何か自動車中、臭くなりました。
私は掃除下手だし、決して、清潔マニアではないけれど、やっぱ、限度が
あると思いました。
物語として読んでいると、面白いかも知れないけれど....。
でも、今度、本屋などで二巻以降、探してみますね。

確かにあのお店は往来から丸見えだから、イートイン、何となく恥ずかしいですよね。
(普段の日なら大丈夫かも)