もやし

はなまるで、もやし特集をしていて、もやしが食べたくなった。

我がお店は、夕方頃まで、お客が0~3人くらいなので、お店番しながら、両端の芽とひげを取り除いた。
かかる時間は10分くらいかな?
(でも、一日一袋以上はやりたくない)
このひと手間をかけるかどうかで、食感が相当違う。(気持ちがせいているときなど、そんなに違いを感じないこともあるが)
私は時間があれば、絶対、この手間をかけるタイプ。

はなまるでは、「工場で根を取っているから、改めて取る必要はない」と言っていたが、そんなことはないのだよ。(あの番組、そういう手間隙を省くことによって、大勢の人が「作りたくなるような料理」を広めているが、「実は、取った方がより美味しい、お時間があるときにはどうぞ」と言った方がいいと思う)

d0063149_232333.jpg最初買って来て、根を取ったもやしは、冷蔵庫にあったパンチェッタ風豚肉・ニラ・筍と炒め物にした。
塩・胡椒・日本酒・醤油で味付けたが、パンチェッタ風豚肉のタイムのせいか、パンチェッタと味付けが合わなかった。

後、お酒を入れたせいで、水っぽくなってしまった。

次には、はなまるのレシピを真似て、炒め物を作ったのだが、はなまるレシピにはない豚こまを入れた。
これは、調味料に、お酒を入れなかったせいか、水の出方も少なく、良い出来であった。

今日は3回目。
おじさんフレンドが冷やし中華にもやしが欲しいというので、根を取ったものを、はなまる流で、煮てみた。
要は、1リットルのお湯を沸かして、そこに塩小さじ1とサラダ油大さじ1を入れた中に、もやしを投入、茹でること25秒で、ボウルに取り出して、出来上がり。
(水をかけたりすることはやってはいけない。)

このやり方、確かにシャキっと茹るけれど、出来上がり、何だか油っぽい。
私は実はまだ食べていないのだけれど、味や食感は悪くないと思う。

d0063149_2331144.jpgまとまりませんが、もやしの根を取った写真を紹介したく、記事にしてみました。
根を取ると、もやしがどんなにきれいか、わかるでしょう?
根と芽だけをまとめてしまうと、これが料理に入っていない方が美味しいと思いますよね?
[PR]

by mw17mw | 2007-05-27 23:03 | 食材・食材のお店 | Comments(4)

Commented by えみぞう at 2007-05-28 20:30 x
偏食っ子の家族は、根をとらないもやしは食べられません(^_^;
Commented by mw17mw at 2007-05-28 21:51
>えみぞうさん
わ~、ご家族さん、素敵!根を取ったもやしを食べて育ったのですね。
(ある意味、お坊ちゃま)
では、外でタンメンなぞ食べられませんね。
うちの甥2も昔は私の根を取ったもやしを「美味しい」と言って食べていましたが、今じゃ、根を取ったもやしを食べられる環境にいないので、根がついていても平気になったようです。
私は自分で料理するときは必ず取ります、だけれど、それだと、忙しいとき、もやし食べなくなるのが問題なのであります。
Commented by えみぞう at 2007-05-29 14:13 x
>根を取ったもやしを食べて育ったのですね

いえいえ(^_^;
義母の様々な努力にもかかわらず、色々なものを食べずに育ってしまった彼ですが、
一人暮らしをしていた頃「根をとったもやしなら食べられる」ことを発見したようです(笑)
Commented by mw17mw at 2007-05-29 18:43
>えみぞうさん
あら、そうなのですか?
でも、ご自分で根を取る経験をされていることはいいことですね。
うちの甥1なんか、もやしにひげがついていてもついていなくても、全く無頓着な舌です。
やっぱり、ある意味、繊細でお坊ちゃま風の舌なのですよ、ご家族さんの舌は。