100キンに凝る(台所用品以外編)

d0063149_23594110.jpg一番下の袋は、南千住ダイソーのポーチに、御徒町ガードしたの100キンの携帯ストラップをくぐらせて、手提げ袋にしたもの。(ポーチの横に小さな布の輪があった)
銀行に自販機のお札を入金に行くときとか、配達するときに、領収証とおつりを持って行くための片手の手提げ袋が欲しかった。
(何故、片手かというと、自転車を乗る時に片手にぶら下げられるから)

色々探したけれど、今、片手の手提げ袋って、中々売っていない。
そんな丈夫なものでなくていいのだ、と思って、100キンのグッズ2つで作った。
本人としては、結構気に入っているが、弟に「チャチ」と馬鹿にされた。(笑)

ポーチの色をグレーにすればよかったとちょっと後悔。(黒だと、中に入れた小銭が良く見えないのだ)
ま、手提げ部分と袋部分の色をもっと揃えれば良かったけれど、色に選択の幅がないからしょうがない。
でも、本人だけ、とても気に入っている。

これを作るとき、腕が入るようなストラップが欲しかったのだが、携帯ストラップはたいてい輪が小さくて、腕が入りそうな長さのストラップを探すのに苦労した。
中々見つからないときに、「犬を散歩させるときの紐の先のストラップが手頃かも」と浮かんだが、きっとお犬様グッズは高いと思って諦めた。

右上は、南千住ダイソーで見つけた段ボールの整理箱。
これを沢山買って来たら、お店の棚を整理することができた。
でも、実際に組み立てて使ってみると、殺風景。
自分の部屋とかインテリアに使うのにはちょっとと思うが、目立たないところに使う分には、大変良い。
(今通っているので)歯医者で見た「Mart」という雑誌に、こういうののカラフルなのが載っていて、IKEAとかニトリというところで売っているそうだ。
そのうち見て来よう。

しかし、この段ボールの整理箱が、南千住のダイソーにはあるのに、それより広い売り場面積の錦糸町にないので、また南千住に行かねばならなかった。

左の缶は、錦糸町ダイソーで購入した灰皿。
中国っぽいけれど、とてもきれいで、灰皿に見えないところが気に入った。

100キン、安いからあれもこれも買ってしまうときもあるけれど、買うときは便利そうに見えて、実は余り実用的でないものも結構ある。
そういうものはどうしようか今思案中。

やっぱり、「ちょっと便利そう」と思っても、「これがなかったら、何で代用するか」とか考えながら買い物しないと、損をする。
[PR]

by mw17mw | 2007-05-23 00:11 | 道具 | Comments(2)

Commented by 大外郎 at 2007-05-27 12:08 x
昔なんでも100円だった時代には、いろんな物を作りました。
植木鉢を置くスチールの台を2個組み合わせて、下に重石を兼ねた鉄板(マフィンかなんかの型ね)を置いた「傘立て」は、作って5年になりますが現役活躍中です(笑
Commented by mw17mw at 2007-05-27 20:33
>大外郎さん
その傘立て、写真ないのですか?
100キンの物を組み合わせて何か作るって楽しいですよね。
私も思います、今の時代、100キンのものを組み合わせて、何かを作る能力が必要だと。
家庭科で、教えているのかしらね?