今日の収穫(煮干とパンプディング)

d0063149_17425976.jpg今朝、散歩の途中で、浅草橋のH*B(はるぼうず)に行くために、魚屋さんを曲がった時に、品物を書いた紙が目に入った。

その中に、なんと、「レーズンパン」という文字が...。
パン屋の隣の隣の魚屋でパンを売っている~、信じられない~と思ったのだ。

で、そこのご主人が出て来たので、「魚屋さんでパンを売っているのですか?」と正直に聞いた。(それも1300円!)
そうしたら、何でも、そのパンは、フランスパン(バゲット?)の真ん中にレーズンバターを一本仕込んである特殊なものだとか。
薄切りにすると、ウィスキーのおつまみにちょうど良いそうだ。
だったら、そのパンは、飲食店の人が買うことが多いのかと思ったら、おばあさんが、「このパンなら、孫が良く食べるから」と買って行ったり、買う人は様々だとか。
それにしても1300円のパン、見てみたかったけれど、そのときは、在庫0で、これから届く予定とのことであった。
何か、特殊なルートで手に入る特殊なパンだから、魚屋さんで扱っている感じであった。
ご主人が、「パンは、隣のパン屋が美味しいから、あっちで買った方がいいよ」だって。(笑)
(台東区って、大分変わって来たが、何だかまだまだ色々面白いところだと思う。)

しかし、レーズンバターが丸ごと1本入っているとは言え、1300円のパンのご尊顔を拝見したいとも思ってしまうけれど、きっと私は試しのために1300円は使わないと思う。(ということは、一生見れないかも)

話のついでに、セールスされて、氷見の煮干なるものを買ってしまった。
「氷見と言えば、ぶり、ほら、氷見のぶりって、美味しいので有名でしょう?そこで泳いでいた鰯の煮干なんだから、美味しいよ。」とのこと。
何でも、鰯は、泳いでいた海によって、味が違うとのこと。
日本海の氷見の鰯は、臭みがなくて、まるごと食べられるということで、味見させてくれた。
確かに、素直で美味しい味。
臭みは全く感じなかったが、最後、頭か何かに、ちょっと苦味を感じたかな。
でも、まるごと食べて美味しかったので、お買い上げ。

それに、煮干はこれからも出回るけれど、今から気候が良くなっていくので、魚自体が大きくなってしまうそうだ。
おじさん曰く「このくらいまでの大きさが味が良い」とのことであった。

d0063149_17433442.jpgその後、H*Bに行ったら、初めて見るお菓子をショーケースに発見。
どうみても、プリンの中に、パンが浸っている。
これはパンプディングと言っていいのかな?
確か昔、友人が鹿のステーキを食べるときはパンプディングが付け合せとか言っていた記憶があるが、そのパンプディングとは全く別物だろう。
きっと、売れ残ったパンで作ったのかしら?
一つ120円で安いし、家に帰って食べたら、とっても美味しかった。
これ、今後も食べ続けたい味。(自分で作ればいいのだけれどね)
今後、散歩の時に覗いて、これがあったら、買ってしまいそう。
[PR]

by mw17mw | 2007-03-27 17:45 | 飲食店・菓子店 | Comments(4)

Commented by まr at 2007-03-27 19:11 x
私も興味津々で検索してみました,実は変わったモノも好きだったりする。
「レーズンバター+フランスパン」でGoogle引くと,写真も出てきます。
いくつか変種があるため魚屋さんのと一致するかは分かりませんが,バターの側が主役で,溶けないよう冷たいうちに薄切りにするようです。美味しいパンというのとはちょっとジャンルが違うかもしれないですねぇ。
H*Bさんのは素直に美味しいパンですね。
Commented by mw17mw at 2007-03-27 21:56
>まrさん
調べていただき、有難うございます。
まさか、この記事に反応があって、しかもどういうものかわかるなんて、
全く予想しなかったことで、嬉しいです。
私も書かれたとおりに検索して、写真を見ることができました。
レーズンバターが主役なんだ。
結構、メジャーなものなのですね。
パーティー開くときに良さそう。
Commented by R at 2007-03-30 12:55 x
こんにちは。お久しぶりです(^^)
パンプティング、美味しそうですね!!今度私もためしてみます。
Commented by mw17mw at 2007-03-30 21:47
>Rさん
お久しぶりです、登場してくださって有難う。
このパンプディング、自分で作れますよね。
作り慣れれば、大したことないなと思うのですが、
足が一歩前に出ません。(笑)