二度目の御徒町南口「南部百姓家」

1月初旬の訪問に続いて、先週の金曜日の夜に予約して、南部百姓家に、おじさんフレンドと行った。
何でも、南部百姓家は人気があって、月曜日ならふらっと行っても入れるが、その他の日は予約して行った方が無難とか。

今回、おじさんフレンドは酒飲みで余りつまみを食べないタイプだから、余り色々取らなかった。
また、私は、最近脱水シートを使って家で魚料理ばかり食べているので、今回は、魚料理を少なくして、食べたことのない郷土料理を色々取ってみた。

d0063149_20172257.jpgこれは、どぶろく。
甘酒みたいだった。
どぶろくは、こういう塗りの杯で飲むものらしい。








d0063149_2017563.jpgハタハタすし。
「すし」と言っても「なれすし」
ご飯の中に漬け込んで発酵させたもの。
(周囲の白いものがご飯)
今のはたはたは卵を持っているけれど、私は身の方が美味しかった。
私の知っている一番近い味は、お正月に食べる「こはだの粟漬け」
東京には、なれすしが残っていないけれど、こはだの粟漬けは、お酢を使って東京なりになれずし的雰囲気の料理を作っているのだなと思った。
こはだの粟漬けから、酸っぱさを抜いた感じのものだった。

d0063149_20213643.jpgそば団子。
食べた途端、お芋の嫌いなおじさんフレンドが「芋が入っている、芋が入っている」とひーひー言っていた。
そばの味は思ったほどしなくて、やはり、里芋の味が強いかな?






d0063149_20245138.jpg柚子味噌。
何でも、柚子をくり抜いた中に、お味噌と胡桃を入れて、和紙で包み、寒ざらしして作るそうだけれど、これは、しょっぱいけれど、とても美味しかった。
この日の私の一番は、「柚子味噌」
柚子の香りと味、それと苦さまでもがお味噌に溶け込んでいて、絶品。
ただ、しょっぱいから、量は食べられない。
4枚出てきたので、2枚ずつ食べたのだが、2枚でも多いくらい。
北国の冬に、このしょっぱい柚子味噌を肴に、どぶろくを毎日飲んだら、簡単に脳溢血になるかもと思った。(笑)
少量がちょうど良い。

この柚子味噌のお味噌の中の砂糖の量を増やすと、何と言う名前だったか忘れたが、そういうお菓子があったと思う。

d0063149_20275017.jpgまんぼうのぎっちょ。
まんぼうの腸の湯引きとのことだが、まんぼうの腸の皮は、本当に厚い。
この腸の皮の厚さから、まんぼうって、大きな魚だと良くわかる。
7,8mmはあろうか?
周囲にゼラチン質が少しあって、コリコリしていて、あごは疲れるけれど、結構美味しかった。
ただ、食べ出があって、こればっかり食べるとお腹がいっぱいになってしまう。
(おじさんフレンドは、この料理の食べっぷりが一番良かった。)

他にイカの塩辛とひらめの唐揚げを取った。
特にイカの塩辛の肝がとても美味しかった。

このお店に入ると、まずメニューの豊富さに、どれを頼んでよいやら、迷うのだけれど、結局、適当になってしまって、実は食べたかったものがまだ食べられないでいる。
また、そのうち、行こうと思う。
[PR]

by mw17mw | 2007-02-11 20:34 | 飲食店・菓子店 | Comments(10)

Commented by まr at 2007-02-12 19:12 x
またまたお邪魔いたします。
こちらのお店,サイトを拝見するとまんぼう以外にも海藤花やらマテ貝やら素材が揃っていて,かつお料理がそれに負けていなそうなのがすごそうですね。
柚子に甘い味噌風味の餡というか餅というかを詰めるのは,ユベシじゃありませんでしたっけ? 違っていたらごめんなさい。
Commented by mw17mw at 2007-02-12 23:49
>まrさん
海藤花って、何でしたっけ?(それと読み方)
このお店は、私はすごいと思います、ある意味、居酒屋のシブレットなんちゃって。(笑)
そうそう、ゆべしみたいです。
作り方は、http://www.geocities.jp/yamapon65/tisantisyou_yuzu_yubesi.html
砂糖控えめにすると、酒の肴になるのかな?
Commented by boo at 2007-02-13 11:27 x
さっそく再訪いただきありがとうございます!
弟が「まりさんいらしてたよー」と言ってました。
今回は「ザ・酒の肴!」みたいなオーダーですね~さすがまりさん(笑)
柚子味噌ってたしかにかなりしょっぱいですよね。どぶろくや日本酒を飲みながら、チビチビと食べるものみたいです。食べきれない分はお土産に包みますので、遠慮なくおっしゃってください。
Commented by mw17mw at 2007-02-13 19:25
>booさん
あら、弟さん、気付かれていたのですか?
(少なくとも、気付かない振りをされていましたよ)
私は、「あ、忘れられている、しめしめ」と思っておりました。(笑)
でも、ま、あのお店で料理の写真を撮るのは私くらいだから、その姿を見れば、
思い出すかも。
また、そのうち、伺います。
Commented by R at 2007-02-14 16:40 x
ご無沙汰しておりました。
とても遅くなりましたが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
ちょこちょこ拝見させていただいておりましたが、なかなかじっくり時間がとれずコメントできずにもう2月も半ばになってしまいました。
今年も、美味しい情報、エッセイを楽しみにおじゃまさせていただきます。
Commented by mw17mw at 2007-02-15 11:56
>Rさん
こちらこそ、宜しくお願いします。
是非、見に来てください、そして、お時間あるときは、コメントくださいね。
Commented by まr at 2007-02-18 11:48 x
書きっ放しですみません。
海藤花はタコの卵です。たぶん「かいとうげ」と読むんじゃないかな。
房になった白っぽい卵に,呼吸のため母ダコが新鮮な海水を吹きかけると,ゆらゆら揺れて藤の花のようということです。TVのCMでも昔そんな画が流れたことがありましたっけ。

シブレットさんはランチで何度か伺えましたが,こちらは夜だけなので伺いたくても難しそうです。
Commented by るしぇるしぇ at 2007-02-18 16:30 x
はじめまして。このブログと分室のブログを見て、郷土料理も大好きな僕は行く日がほんと楽しみでした。行ってみたら柚子みそが一番気に入りました。持ち帰りとかできるとほんといいなぁなんて思いましたが。
まだ食べてみたいのもあるし、上手に写真を撮れなかったのもあるのでまた行きたいと思っています。
Commented by mw17mw at 2007-02-18 23:53
>まrさん
たこの卵のことか、納得しました。
今度あったら、食べてみますね。
シブレット、チャンスがあったら、是非逃さないで行ってみてくださいね。
Commented by mw17mw at 2007-02-18 23:57
>るしぇるしぇさん
はじめまして。
ブログ拝見しましたが、写真といい、きれいですね~。
「総合芸術と生活美学」それこそ、私に欠落しているものです。(笑)
と私と正反対の方と、「柚子みそ」で意見があって嬉しいです。
時々、ブログ、見に伺います。