大田区立池上梅園・池上本門寺・村田商店の「あんみつ」

d0063149_21591041.jpg昨日は、池上線沿線に住む叔父と従妹と三人で、急に梅見物に行くことになった。
何でも、池上に、とても良い梅園があるとのこと。

結論から言うと、天気も良く、梅もきれいで、初めて行くところに色々案内してもらったし、叔父や従妹とのんびり色々なお話ができて、とても楽しく、良い気分転換になった。

私はその存在すら、全く知らなかったのだが、大田区立池上梅園という名前のところで、急斜面が梅林になっている。
池上の駅から歩いて、15分くらいかしら?
ここは、戦前は、伊東深水さんの別荘で、戦後は、築地の料亭のご主人の別荘だったとか。
だから、梅園というからには、急斜面の梅林だけかと思ったら、実は、その地続きに、何棟ものお茶室がある大きな平地のお庭があり、梅園は、その一部であることが後からわかった。
お庭、生垣、全て素敵で、昔のお金持ちは、風流だったのね、という印象。

梅もきれいだったが、五分咲きにもうちょっとというところか。

その後、池上本門寺に裏から入った。
我が家は、日蓮宗に全く無縁なので、初めて行ったのだが、本当に大きなお寺。
「奈良や京都にあるような大伽藍のお寺って、東京にもあるのだ」という驚きが第一印象。
ちょうど、豆まきの日だったが、私たちが行ったときには、既に豆まきは終わっていた。
しかし、池上本門寺は、本当に敷地が広い。
それも山の上にあるので、(行ったことはないが)バチカンのような、都市の中の独立宗教国家みたいな気さえしてくる。
池上本門寺の中に、朗峰会館というところがあり、そこに「花むら」という懐石料理のお店に叔父が連れて行ってくれた。
d0063149_2225286.jpg何でも、池上本門寺の裏手には、「松涛園」という由緒正しき素敵な日本庭園があり、そこを見ながら食事ができるらしい。
(松涛園は、何でも、小堀遠州作のお庭で、江戸城開城にあたり、西郷隆盛と勝海舟が会談したところとのこと←非公開らしいが、朗峰会館に置いてあるパンフレットの問題に解答すると、入場券がもらえるらしい)
しかし、到着したのが4時半で、入ろうと思ったら、「営業は5時までです」と言われてしまった。
お店の入り口にも、(家に帰ってから見た)HPにも、営業時間が書いていないが、お寺の中のお店は、閉店が早いのが常識なのかも知れない。
そんなことで、結局、お寺から外に出て、お蕎麦屋さんでお蕎麦をご馳走になった。

d0063149_2232153.jpgその他、特筆すべきは、「村田商店のあんみつ」。
急に池上に行くことになったので、B食で、「池上」で検索したら、このお店の評判が良いよう。
一緒した大田区生まれで大田区育ち、大田区の人と結婚して未だに大田区在住という従妹に聞いたら、「絶対のお奨め」とのこと。
そのお店は、あんみつ屋さんと言っても、甘いもの屋さんではなく、製造工場の店先で、できたものを売っている感じ。
叔父が買ってくれて、今朝食べてみたが、全体のバランスが良くて、真っ当なあんみつという感じ。
特に、天然天草から作ったという寒天が美味しい。
あんも求肥も黒蜜も上品で、素材が良いのがわかる感じ。
赤えんどうが、私がいつも食べているのと、煮方が違うというか、何となくなのだが、下町のあんみつの赤えんどうって、もしかして、少し塩を入れたお湯で茹でているのかしら?d0063149_223454.jpg村田商店のは、塩の味が全然しないと思った。(でも、私は最近あんみつを殆ど食べていないから、正しいかどうかはわからない)

大田区民がここを推薦するのがわかる感じがする。
神田の福尾商店と並ぶと思う。

ここは池上本門寺の門の前を左折して10分くらいかかる。
ただ、梅園への道沿いにあるので、梅園に行くときにはお奨め。

(有)村田商店
・住所 : 東京都大田区池上2-5-6
・TEL : 03-3751-9716
・営業時間 : AM9:00-PM6:00
・定休日 : 年中無休
・最寄り駅 : 東急池上線池上駅
[PR]

by mw17mw | 2007-02-04 22:05 | 飲食店・菓子店 | Comments(1)

Commented at 2013-08-05 14:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。