神田 Villa Due (ヴィラ・ドゥーエ)

先日、MLの方々総勢6名で、Doloresさんが常連である神田の「Villa Due」でオフ会をした。
Villa Dueは、イタリアンのお店で、ワインに力を入れているとか。
また、私たちのために特別なコースを組んでもらう上に、季節物のモンドールを食べることになっていた。

(それにしても、私の今年はハイペースで、美味しいものを食べるチャンスが沢山訪れるのでとても嬉しい-どうか、ずっと続きますように。)

私は初めて入ったお店であったが、とてもフレンドリーでカジュアルなお店であった。
何でも、店員さんは、全てイタリア語の名前を持っていて、その名前で呼び合うお店とか。
(お客さんは、日本語名のままで良いそうである)
Doloresさんが気に入るだけあって、店長の方、ソムリエの方、シェフの方、皆、とても感じが良い人ばかりであった。
気の置けない、リラックスできるお店だと思う。

シェフは、まだ若くて、しかも理科系の頭脳を持ち、繊細な料理がお得意とのこと。
本当に、野菜の使い方が上手であったし、イタリアンというより、フレンチに近い繊細な料理が多く、塩加減は、和食に近く、素材の味を生かしたものが美味しかった。
ソムリエさんも、感じが良い上に、正確な知識で、Doloresさんたちの希望に沿ったワインを何本か選んで来てくれた。

結局、良く食べ、良く飲み、良くおしゃべりをしたので、7時半に始まったのだが、気が付かないうちに何と4時間もしゃべって食べていたみたいで、11時半お開きとなってしまった。
でも、とても楽しかった。

では、私なりの料理に対する感想を。
このお店は、イタリアンのお店でワインにも力を入れているのに、お料理が全て薄味なのが特徴かも。
お腹にもたれない、また、お皿の途中で飽きないイタリアンかも。
(今まで、イタリアンとかワインに合う料理と聞くと、結構塩が強い料理というイメージがあったが、ここは違う)

ランチもあるし、神田界隈の方はお試しください。

d0063149_22113148.jpgd0063149_2212291.jpg









左の写真  Amuse
        甘エビと冬野菜のタルタル
         根セロリのムース乗せ、カクテル仕立て
         (ムースがとても美味しかったし、甘エビと合っていた。
          セロリのムース?ちゃんと材料を聞けばよかった。)

右の写真  Antipasto Freddo(冷たい前菜)
        霜降りをかけたホタテと白菜のブレッセ
         春菊のソース、柚子の香りとともに
         (春菊のソースは、自家製マヨネーズの軽いものに春菊ペーストを混ぜた
         もののようで、美味しい。全部美味しかったけれど、白菜のブレッセ
         (蒸し物らしい)の火の通り加減が、ほんのちょっとで白菜がシャキシャキ
         なのだけれど、生ではない微妙な感じが美味しかった。洋風に仕立てた
         白菜の使い方としては、成功していると思った。)

d0063149_22542555.jpgd0063149_22544881.jpg









両方とも Antipasto Caldo(温かい前菜)
      黒ムツのソテーと堀川牛蒡、京人参、蓮の煮込み
         コンソメスープ、牛蒡のフリットのアクセント
      (右の写真を見ればわかるように、堀川牛蒡という大きな牛蒡の芯を
      くりぬいて、人参と蓮が入っていた。黒むつと一緒に食べるととても
      美味しかった。何か、黒ムツより、堀川牛蒡が主役のよう。
      そして、コンソメスープも美味しかった。)

d0063149_22563291.jpgd0063149_2257052.jpg









左の写真 モンドール
       (モンドールのセットは、これで5千円で、これは安いと思った。
       久々食べたモンドールはとろ~りと熟成していた。半分食べたところで、
       キッチンでにんにくや白ワインを入れて焼いてもらう。二通りの食べ方で
       いただいた。)

右の写真 Primo Piatto(第一のお皿-たいていはパスタ料理とのこと)
       仏産鴨肉と九条ねぎとえのきのスパゲティ
        香ばしいスモークの香りを乗せて
      (鴨肉がスモークされていて、香ばしかった)

d0063149_2259634.jpgd0063149_22592863.jpg









左の写真 Secondo Piatto(第二のお皿-メイン料理)
        じっくり煮込んだ牛頬肉、赤ワイン風
        冬の温野菜添え、フレッシュの巨峰のアクセント
        (ごめんなさい、この頃になると、お腹が一杯で、舌も鈍感になってしまった
        のか、これは良く覚えていない)

右の写真 Dolce(デザート)
        イチゴのアンサンブルとチョコレートスープ
        フィアンティーヌのアクセント
        (デザートは別腹というか、別舌なのか、美味しかった~。温かい
        チョコレートスープも良かったけれど、イチゴのアンサンブルがとても
        気に入った。<既に酔っ払っていて、何のアンサンブルだったかは
        全然記憶にない)

ワインは、Doloresさんたちにお願いして、私は何の努力もせず、美味しいワインを飲み、美味しい料理を食べただけ。(笑)

とても楽しかったです。
ご一緒していただいた皆様、どうも有難うございました。

(イタリア料理のコースのイタリア語等、このページが役に立ちました。)
[PR]

by mw17mw | 2007-01-26 23:28 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)