郊外型回転寿司チェーン見学

先日、戸田方面の日帰り温泉に行った帰りに、「かっぱ寿司」に入ってみた。
幹線沿いにある巨大回転寿司で、下は駐車場で、二階に建物がある。

同じ「回転寿司」と名前はつくけれど、我が家の方の回転寿司とは、規模も価格も異なって、美味しくはなかったが、面白かったのだ。
飛行機の旅で、預けた荷物がベルトコンベアでグルグル回るが、あの感じのベルトコンベアが幾台もあって、その回りに、カウンターとか、テーブル席が配置されている。
いっぺんに何人くらい、食べられるのだろうか?100人?200人?

握っている人の姿は見えず、特別注文は、目の前のインタフォーンみたいなものを通してする。
特別注文は、「注文品」という台に乗って私の席の番号をつけて回ってくる。
回ってくるものを見ていると、エビフライやハンバーグを背負ったにぎりとか、デザート各種やチューブ入りゼリーみたいなものも流れてくる。
(エビフライやハンバーグを背負った握りを見たら、「もうここはお寿司屋ではないのだ、『回転寿司』という別業態だ」と思った。別業態として、色々発展していって欲しい。)
子供が飽きないようにという配慮がすごい。
デザートは価格が異なるのだが、お寿司は全て一皿100円(税込み105円)。
都内の回転寿司だと、青いお皿は105円、黄色いお皿は210円とか、結構細かいのに、郊外の巨大回転寿司はそんな細かな価格設定は無い。
高そうなお寿司は、一皿に一艦だけ乗ってくる。

面白かったのは、カットメロンが回ってきたときに、「お皿ごとお取りください」と書いた台に乗って回ってきたこと。
そのとき「あ、そうか、カットメロンだけ取ったら、無料で食べられるのだ」ということに気づいた。(笑)

d0063149_20281926.jpgこの経験が面白かったので、最近は、郊外に出かけて、巨大駐車場完備の巨大回転寿司があると、「帰りに寄ってみよう」とおじさんフレンドと気が合うようになった。(笑)
今日行ったのは、市川インターのところの「くら寿司」。
車を駐車して、店に入ったら、20人待ち。
いつもなら、「待つの嫌だ、違う店に行こう」というおじさんフレンドが文句を言わないでおとなしく待っている。(そう言えば、待っている間に情報収集して「ローストビーフ握り」は食べる価値あるって、とか言っていた。<笑>)
どうしてかというと、好奇心が勝って、こういう新しい郊外店型回転寿司を経験してみたいのだ。
普段の私たちの生活とはかけ離れたダイナミックな世界が面白いのだ。

d0063149_20381630.jpgで、くら寿司は、かっぱ寿司より、OA化が進んでいた。(かっぱ寿司はOA化されていない)
まず、入ったら、受付のパネルをタッチして、人数とカウンターかテーブルかの情報を入れて予約番号を取るのだ。
その予約番号を呼ばれるまで待つのだが、常にパネルで後何人かと予想待ち時間がわかる。
また、携帯にバーコードを読む機能があれば、携帯で予約も可能なよう。
初め、「カウンター」で予約を入れたが、途中で「カウンター・テーブルどちらでも可」に代えたくなったが、それはパネルではできないので、レジの女性にお願いしたら、できた。

d0063149_20384233.jpgさて、20人待っても20分くらいだったかで、私たちの番号が呼ばれた。
席に着くと、今回は特別注文は、インタフォーンではなくて、パネルに表示されるお寿司の写真を指で押して、個数と、わさびありかなしかを指定する。
ま、ここまでは、「有り得る」と思う。



d0063149_2039094.jpg面白かったのは、その注文の品は、「注文品」という台に乗ってくるのだが、我が席の近くまで流れてくると、自動的に、チャイムがなり、パネルに「まもなく○○が到着します」と写真入で表示される。
中々優れもの。(でも、「あぶりマグロ」が、写真と実物が違っていたので、取り損なうことが一度あった)
もう1つプログラムを作って欲しいのは「頼んだもののうち、まだ何が来ていないか」の表示機能かな?
最後は「おあいそ」ボタンを押すと、店員がお皿を数えに来てくれる。
(私たちは今回カウンターだったから、できなかったのだが、テーブル席だと、5枚に一回ゲームができて、「あたり」が出たら、何かおもちゃがもらえるらしい。)

ま、こういう回転寿司は、美味しいから入るのではなく、面白くて楽しいから入るのだ。
私たちにとっては「非日常的な楽しさ」満載なのだ。
一度入ってわかってしまえば、私たちの場合、二度目は無いと思う。
ただ、入ったことの無い巨大回転寿司を見つけたら、今後とも好奇心で入ってしまうと思う。
次は、日光街道沿いにいくつかあった「スシロー」に入ってみようということになっている。(笑)
私たち二人の郊外型巨大回転寿司に対する評価の基準は、「美味しいか」ではなく、「どのくらい先進的か」なのだ。
今のところ、「くら寿司」がすごい。
[PR]

by mw17mw | 2006-12-10 20:34 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)