本所・深川は、水の都?

弟が、コーナンというホームセンターを教えてくれた。
場所は、隅田川にかかる清洲橋をわたってちょっとのところ。
一回目は、中央区浜町あたりをを自転車で走って行ってみた。
ホームセンターは、郊外にはたくさんあるけれど、我が家の近所には全くないから、物珍しかったのだ。

で、一度行ってみたら、もしかして、石川さんが教えてくれた「肉の田じま」は、同じ清洲橋通りをもうちょっと東へ行ったところにあることに気づいた。
今回は、まず墨田区に入って、墨田区の道を南下した。
走ったのは、清澄通りから三ツ目通りの間を適当に曲がるコース。

地図で言ったら、隅田川の東側すぐの墨田区の総武線より南側と江東区の北側になるのかな?
昔の地名で言ったら、本所区と深川区になると思うけれど、こちら方面にとんと縁がないものだから、結構新鮮な驚きで、景色を楽しむことができた。

d0063149_2345072.jpgまず、本所あたりになるのか、靖国通り沿いで、馬肉も扱っているお肉屋を発見。
「本所唯一の」と看板に書いてあったが、私が知る限りでは、馬肉を扱っているお肉屋さんはここだけ。
思わず、自転車から降りて、店の外からではあるが、店内を覗いてしまった。

その後、清洲橋通りにぶつかったのだが、その途中、結構橋があるのだ。
台東区や中央区は、堀を埋め立てて、神田川くらいしか残っていないのだが、江東区の深川あたりは、大きな堀や川がたくさん残っている。
d0063149_2352652.jpgは低くて、船も通りにくそうな川ばかりだが、どうして、こんなに水路が残っているのか不思議。(深川の材木を運ぶためだったかも。材木を運ぶ船は、橋が低くても通れそうだ)
ただ、景観的にはとても素敵である。
江東区について、余り行ったことがないし、イメージが定まらなかった私だが、元深川区あたりは、水路がきれいだし、所々に大きな公園があって、中々気に入った。(写真は、扇橋から写したもの)

で、ようやく「肉の田じま」にたどり着く。
d0063149_2354834.jpg地図で見ると、コーナンと近いように感じたが、実際走ってみると結構離れていた。
お店に入ると、肉もさることながら、牛の臓物系のものが新鮮で安い気がした。
また、先日、近所の肉屋で「A5のサーロイン」の値段を聞いたばかりだったので、田じまさんのサーロインのお値段を見ると、松坂牛のサーロインが100g1800円くらいで、和牛のサーロインが1260円だった。
やはり安いと思う。
(反対を言えば、先日の入谷の「肉の石川」のサーロインの値段は、田じま並ということもできる。)

<最近、サーロインの値段が結構気になって、良くチェックするようになった。成城石井では、米沢牛のサーロインが100g2100円であった。>

田じまさんは、階上の焼き肉屋やレストランも評判がいいみたい。
「お客様用駐車場」もあって、今度は食べに来たいと思うが、やはり、焼き肉を食べたら、ビールが飲みたくなってしまうわけで、それを考えると、中々行けないかも。
駅から遠いところだし、誰が食べに来るのだろう?

で、ダイエット中でもあることから、何も買わずに出てきてしまった。(笑)
帰り道も隅田川の東コースで帰ったが、今まで自動車でしか通ったことのない清澄通りを北上して、これはこれで楽しかった。
森下、高橋あたりも今後探検する予定。
[PR]

by mw17mw | 2006-10-17 23:17 | 食材・食材のお店 | Comments(0)