谷中まつりとたこ焼き・明石焼き 2/2

谷中まつりの谷中墓地のテントの中で、やたらにたこ焼きに惹かれた。
でも、ダイエット中だし、ここで食べてはいけないと理性を働かせたのに....。

d0063149_064238.jpg日韓の漆工芸の展示会が無料だとポスターで見たので、谷中墓地から芸大の美術部に戻ったのだが、そこで待っていたのは、上野広小路まで無料のバス。
それも、ちょうど発車5分前だったのだ。
台東区には、北めぐりん、南めぐりん、東西めぐりんという循環バスが走っているのだが、どういうわけか、この日は、芸大-上野広小路まで無料だった。
(通常でも、100円なのだが、このバスは、一方通行だし、時刻表を見るのが面倒で乗ったことがなかった。)

d0063149_062396.jpgこういう楽なことをしてしまうと、気が緩んでしまい、上野広小路の松坂屋脇で降ろされると、松坂屋の地下2階には、明石焼きのお店があることが頭に浮かび、つい、食べてしまった。

食べるのは多分5年振りくらいかも知れない。
私が好きなことを知っていて、母が良くおみやげで買って来てくれた。

久々食べると、だしが変わったように思えた。
昔の方が美味しかったが、今でも、大丈夫、普通に美味しい。
多分だが、昆布のグレードを下げたのかも知れない。
後、つゆの量も少し少なくなったような気がするが、これは定かではない。

大阪に住んでいたときにも明石焼きを食べたことはあったが、今となっては、ここの明石焼きが本場と同じなのか、違うのか、もうはっきりしない。
ただ、上野松坂屋の地下2階の明石焼きは、本当に愛されて、このお店は20年くらいは続いていると思う。
(今、HPを探したら、多分、このたこ八という大阪のチェーン店の一つだと思う。)

一番気に入っているところは、三つ葉・ネギ・細切り生姜をたっぷり入れた熱々のつゆの中に熱々の明石焼きを浸けて食べるところ。
写真でもわかるように、入れ放題なのだ。

特に、細切り生姜の味が好き。
ちょっと生姜の味がして、ちょっと酸っぱくなった出汁に、柔らかい玉子の味がする明石焼きを入れて食べるのが好き。

食べて満足、いつもいつも食べたいわけではないが、何年かに一度は食べたくなる。

あ~、あ~、食べちゃった。
これで、お昼は抜きだ。(笑)

谷中のたこ焼きは300円、この松坂屋の明石焼きは630円。
630円というと、ラーメン一杯が食べられる値段だけれど、たまには、明石焼きも美味しい!
[PR]

by mw17mw | 2006-10-10 00:07 | 食材・食材のお店 | Comments(0)