いただきもの色々

<酒器>
d0063149_23184998.jpg日本橋馬喰町の「岡永倶楽部」に行ったとき、思いがけずに、先輩がプレゼントしてくれた。
二重になっていて、外側の器にお湯を入れれば保温、氷水を入れれば、保冷できる道具。
先輩が、「予めお酒を用意しておくときに便利」と教えてくれたが、確かに。
料理を作っていると、中々お酒まで手が回らない。
この道具があれば、料理を出す前から、テーブルに日本酒を置いておけるではないか。
まだ、保冷しか試していないか、外側の容器の底からとっくりの底まで結構間が空いていて、冷蔵庫で作った氷がちょうど納まる。
冬にも役立ちそう。
先輩、有難うございました。

コーヒーペーパードリッパー
d0063149_23191057.jpg夏のある日、突然、july4さんが家に来てくれ、届けてくださった物。
私が、水出しコーヒーを作るようになったことを知って、「こちらの方が便利だから」とプレゼントしてくれたようだ。
今までのメリタのコーヒーのドリップ用紙は下の辺が短い台形、july4さんのは逆三角形。
使い始めて気に入った後、この逆三角形のペーパーフィルターが見つからないと困ると思ったが、合羽橋UNIONにあったので、安心して、実際に使ってみたら、漉すのが早いこと、早いこと。
それを見て、数年前にテレビの裏技の番組で、「シーツを干すとき、長方形に干さないで、シーツを正方形に折って、逆三角形の形で干すと、乾きが早い」と言っていたのを思い出した。
これと同じ原理なのだろう。

そして、プラスチック製なのだが、全くコーヒーのアクがつかないで、いつまでもきれいなところも気に入っている。
(それから、私も細長い1200ccのポットを買ってきました。そこに、お水900ccくらいとコーヒーの粉を入れて半日置いてから漉しています。)
しかし、この道具はもっと色々優れたところがあるらしいが、ホットコーヒーの季節にならないと、それが実感できないところは残念。
july4さん、有難うございました。

金沢の笹寿し
d0063149_23193326.jpg石川県が実家の近所の友人が、お盆のお里帰りのお土産にと、プレゼントしてくれた。
東京だと、富山のます寿司が有名だけれど、金沢では、鮭と鯛の笹寿司が有名だし、美味しいのだそうだ。
で、いただいて、食べてみたが、確かに美味しい。
鮭も鯛も昆布でしめているせいか、結構水が抜けて、生に比べたら固い。
「これが、昆布しめが食生活に根付いている地域のお寿司か」と思いながら、味わった。
今、このお寿司のメーカーである「芝寿し」のページを見ていたら、面白かった。
面白いから、その誕生の話を読んでみてください。
どうも、古くからの名物ではないようです。(笑)

他、写真を撮り忘れたが、合羽橋の友人から、「足利の古印最中」をいただいたが、小豆の粒あんがたっぷりしていて、美味しかった。
[PR]

by mw17mw | 2006-08-19 23:19 | 道具 | Comments(0)