黒胡麻豆腐(黒胡麻寄せ豆腐)

(最初に、先日のプロフェッショナルの徳岡邦夫さんの回の再放送の予定は、
総合テレビ:7/31・16:05。8/3・1:10。 BS2では、8/2・17:15だそうです、是非、ご覧ください。)

昨晩は、隅田川花火大会だった。
既に、我が家の裏の方の隣接ブロックには、11階建てのマンションが建設中で、殆ど見えないと予想される状態である。
しかし、ショックなことに、我が家の裏の1軒先の会社も、既に土地をマンション業者に売却したということなのだ。(でも、二度目のショックだったから、軽症。)
今年は、見えないと言っても、少しは見えるかも知れない、来年は完全に見えなくなる筈、とのことで、家族で、6Fの母の部屋で「家から見える最期の花火」を見ることにした。

既に甥たちも相当大きくなっており、実は友達と群れて花火見物もしたい年頃なのだが、お父さんが「最期なんだから、友達との話は皆断りなさい」と強権を発動した。
「来年からは友達と外で見てもいいよ」と言うものの、来年になったら、「やっぱり、皆で、集まって、テレビで花火見よう」と言うような気がする。(笑)

で、色々料理を考えて作った。
花火大会で忙しいのは、大通りのお店だけ。
路地に入った商店は、全然忙しくなく、通常の休業日だったので、朝から、ダイエット散歩がてら材料を買いに行ったり、一休みした後、料理に取り掛かったり、楽であった。
こうのんびり、時間を余り気にせず、手順を考えながら、料理するのって、楽しい。

評判良かったものも悪かったものもあるのだが、紹介する。

d0063149_20203532.jpg黒胡麻豆腐は、先日、板橋の温泉施設で食べて気に入った。
家の近所の豆腐屋にあったので買ってみたが気に入らず。
しょうがないので、自分で作ってみるかと、おぼろ豆腐を買ってきて、そこに、すり黒胡麻をサンドイッチしてみたが、今ひとつ美味しくない。
それに、すり黒胡麻をお豆腐にサンドすると、ブルーチーズ(古い、ゴルゴンゾーラ)みたいで、すり黒胡麻がカビに見える。
他、普通のお豆腐に、白い練り胡麻があったので、それとすり黒胡麻を混ぜたものを乗せてみたが、これも今ひとつ。

やはり、市販品に頼ったほうがいいと、上野松坂屋に行ったら、あったのだ。
で、1つ210円也を2つ買ってきた。
評判はと言うと、薄味とか野菜料理の好きな弟の嫁さんだけに受けた。
後の人は、食べるのだけれど、お代わりの請求0。
これは、しみじみと胡麻やお豆腐の味を味わうものだから、中高年以上で、既にお肉をガバガバ食べたいというような欲求のない人でないと受けないかも。
でも、美味しいのだ。

で、翌日である今日、蒲田の叔父のところに行く用ができたので、上野松坂屋にこのお豆腐をお土産の一つにしようと買いに行ったのだ。
そうしたら、何と、2つ210円に、ディスカウントされている。
何でも「賞味期限が後2日になってしまったから」とのこと。
「え~、何で、こんなに美味しいものが売れないの?」というと、「皆、食べ方わからないし、美味しいって知らないからだと思います」とお店の人が答える。
そうよね~、見かけ、グレーのお豆腐で、食べたことのある人でないと、手を伸ばそうという気にならない見かけなのだ。

お店の人曰く「蜜や黄な粉をかけても美味しいのですよ」とのこと。
私もそう思う。

で、めでたく、2個210円を2つ買った。(1つは自分用)
叔父の家で叔父と一緒に食べたけれど、やはり好評だった。
叔父は、お塩とわさびより、わさび醤油の方を好んだが、「まだまだ、知らない美味しいものがあるのだ」と喜んでいた。

デパ地下なぞのお豆腐コーナーで、お豆腐の中に黒胡麻ペーストを練り込んだ「黒胡麻豆腐」とか「黒胡麻寄せ豆腐」がディスカウントになっていたら、試す価値があるので、是非、お試しください。
これは夏美味しいお豆腐のような気がする。(湯豆腐にはどうかな?)

(「美味しい!」と知らない人が多いままの方が、ディスカウントになりやすいとは思うのだけれど)<笑>
[PR]

by mw17mw | 2006-07-30 20:23 | 食材・食材のお店 | Comments(0)