焼き鳥はやっぱり伊勢廣・幻のふぐ

<焼き鳥丼>
先日、仕事の関係の講習会で午前中浅草にいた。
で、終わったのが12時頃、こりゃ、浅草でお昼が食べられると、前の日からどこにしようかな~?と喜んでいたのだ。
候補は三つあったのだが、一番最初に通りかかった「浅草では美味しいと評判の地鶏を使った焼き鳥屋」に決めたのだ。

d0063149_041345.jpgお客はまだ私一人、焼き鳥丼を頼み、焼き鳥を焼く手元が見えるカウンターの席で、料理する人の手元を見ていた。
で、出来上がって出てきて美味しそう!と喜んでいたのだが、食べれば食べる程、京橋の伊勢廣の焼き鳥が恋しくなってしまった。
私は、地鶏の焼き鳥が好きなのではなくて、伊勢廣の焼き鳥が好きなんだな~としみじみ思いながら、食べていた。

一口に言って、地鶏と言っても、様々だから。
別にそのお店が不味いわけではない、真っ当な材料で真っ当に焼いてあって、美味しいは美味しいのだが、お肉の味とか焼き方に迫力がないのだ。
5本コースで、白レバ(と言ってもずいぶん赤ぽかったけれど、すっきりしていて、血の味は感じなかった)だけ、美味しかったけれどね....。

伊勢廣は、夜行くと高いので、会社やめてから、一度お昼に行ったことがあるだけかも知れない。
家に帰って、伊勢廣のページを見たら、お昼は、その日の浅草の焼き鳥丼と同じ1800円で食べられるのだと気付いて、ちょっと悔しい。
しかし、以前、伊勢廣は、「東京軍鶏」を使うと聞いていたが、現在の伊勢廣さんのHPには、東京軍鶏の文字が全然書いていないのだ。
昔と味が変わってなければいいのだが。

大したことのない、高い地鶏だったら、安いブロイラーの焼き鳥丼の方が好みだ。

<幻のふぐ>
d0063149_04351.jpg今朝、浅草橋を散歩していたら、右のような貼り紙のあるふぐ屋さんがあった。
「日本では当店だけ」「とらふぐより美味」って、一体何なのだろう?
輸入物の日本にはいないふぐの種類かしら?
興味はあるが、今、お金がないので、今年は無理。
来年、行ってみようと思う。(株が上がりますように)
[PR]

by mw17mw | 2006-06-28 00:04 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)