大阪に行ったら 1/2

先日、これから大阪日帰り出張が多くなるという方と、メールで大阪の食べ物情報をやり取りしたら、何だか、無性に大阪の食べ物が懐かしくなった。

大阪の何が懐かしいの?と言われれば、やはり、和食の繊細さと幅の広さかな?
江戸前寿司、お蕎麦、鰻、天ぷらなぞ、東京の方が美味しいと思うけれど、懐石のような料理や、和食のバリエーションは、大阪が上だと感じていた。

私が大阪にいたのは、昭和の終わり頃。
もうなくなったお店も多いようだが、変らない店も沢山あるみたい。
大阪もずいぶん変っただろうと思う。

東京は、単品ではここぞという職人技を持つ人がいるけれど、全体的にはやはり和食に関しては、大雑把なところだと感じた。

また、大阪は当然だが、全てが美味しいわけではない、お店を選ばないと美味しくない。
関東の人が大阪に行ったら、是非食べて欲しい店は、下記2軒。
両方とも交通の便が良くて、旅行者には行きやすい場所にある。

東京にも、大阪の飲食店の支店が沢山できたけれど、大阪の美味しさは、やはり大阪でしか味わえないような気がする。


知留久
場所は、梅田の阪急百貨店8F。
ここは支店で、デパートの食堂街にあるけれど、誰でも迷わず行けるし、味は、本店と変らない(と思った)。
料理の写真は、本店のものがいいかも。

行くのは夕方、ここでお任せで、出て来るままの串揚げ(大阪では串かつというみたいだが、私からすると串揚げ)を食べると幸せ。
串揚げは、大阪の郷土料理みたいなもので、東京で言えば、お寿司のお店の層が厚いようなもので、大阪の串揚げは、ピンは、この知留久みたいな高級店から、キリは、地下街の「ソース二度づけ禁止」という貼り紙を張ってある立ち食いのお店まで色々。
知留久は、色々な食材を組み合わせて、芸が細かい。
東京では味わえない、繊細さ・完璧さに感激すること請け合い。

私が昔夕方食べに行ったら、お金持ちそうな身奇麗なお母さんに連れられた小学生が、塾に行く前の腹ごしらえなのか、パクパク食べていた。
何か、大阪のお金持ちの子どもって、幸せね~と思った思い出がある。

今、いくらくらいなのだろう、お任せで1万円くらいかな?

お昼だと、定食になるのだろうが、できたら、10本とか15本コースでご飯食べないで、様々な串揚げを食べて欲しい。

<吉兆関連のお店>
当然だが、高麗橋の吉兆さんに行くのは、絶対無理。(お金の面でも)
だから、大丸梅田の中にある吉兆か、心斎橋の大丸の中にある味吉兆なぞの気軽に入れるお店に行くことをお勧め。
こちらは、お昼に行かないと、高過ぎる。

味吉兆は今東京の立川の伊勢丹に支店があるみたいだし、新宿の伊勢丹にも正月吉兆というお店がある。
それなのに、何故、大阪の吉兆に行くのか?というと、味付けが違うから。
大阪人向けの味を一度味わった方がいいと思うのだ。
東京に出てきている吉兆さんは、東京人向けに幾分塩を強くしているような感じがした。(一度しか行っていないけれど)
横浜のランドマークの中の吉兆さんがやっているお店の味は、「え、これが吉兆の味?」と思えるものであった。
何でも、横浜のランドマークは、日本中から人が集まる観光地だから、「関西風の味付け」では、美味しいと思わない人が多いそうで、味を濃くしていると昔聞いたことがある。
料理は、食べてくれる人に合わせるものだから、それはそれで良いのだろう。
でも、懐石の本場大阪の味付けは、関東人である私が食べても、本当に美味しかった。
味付けの構造が違うのだと思う、薄味でも本当に美味しかった。
これは味わう価値がある、と私は思う。

私が大阪にいた頃、大丸梅田の吉兆さんのお昼の定食が3千円くらいだった。
だから、東京から人が来ると、良く利用した。
その一人が我が弟なのだけれど、先日、大阪系の懐石の有名な店で食事をする機会があったそうなのだが、「吉兆の方が美味しかった」と言ったのだ。
もう20年近く前、食べたのに、うちの弟も、あの大阪で食べた大阪味の吉兆の美味しさをちゃんと記憶していた。
きっと似たような味に出会うと、昔味わった味が蘇るのかも知れない。
濃い味でないとだめという人もいるかも知れない。
でも、美味しいもの好きの人だったら、自分の中に味の物差しを作るためにも、大阪で吉兆のお店に行って欲しい。
[PR]

by mw17mw | 2006-06-22 22:16 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)