オ・デリス・ド・本郷

連休初日の土曜日は、私は一人。
一人は一人で楽しい。

さて、とりあえず、ランチは外でたまには優雅に食べたいと思った。
ここのところ、コート・ドールを教えてくれた石川さんが、「本郷でランチ食べた」「神楽坂でランチでブーダン・ノワール食べた」との情報をメールで送ってくれていたので、フレンチのランチが食べたくなっていた。

石川さんの本郷のオ・デリス・ド本郷というお店なら、近いし、カジュアルそうだし、頑張れば自転車で行けそうと出かけた。
我が家から湯島までなら、平坦なのだけれど、本郷になると、坂一つ上ることになる。
坂を上るとすぐに今度は下り坂で、降りたところが、春日。
その先、後楽園・成城石井・水道橋・神保町までなら、もう坂はないので楽に行ける範囲。
飯田橋も行けるな~、神楽坂は、入り口で自転車置いて、上れば行けるかも知れないと思った。(そんなことを言っていたら、四谷だって新宿だって行けるのだけれども)

d0063149_2381487.jpg
その日は、春日通りの湯島天神のところの坂も、蔵前橋通りの妻恋坂もパスして、その間の、湯島のホテル街の真ん中を通る「中坂」という坂を自転車を引っ張って上がってみた。
左の写真は、その坂を上りきって、まっすぐ行ったところ、湯島小学校のところの写真。
ここらへんは、とても良い住宅地。

そのまま真っ直ぐ進むと、「サッカーミュージアム通り」の旗がひらめいていた。
左を見ると、御茶ノ水方面に結構高層ビルが見えて、変り行く東京という感じがした。
で、本郷に出て、無事、オ・デリス・ド・本郷に到着。

ここは、1Fがカフェで、2,3Fがフレンチレストランらしい。
入り口で、本を持ちながら、「ランチが食べたいのだけれど」というと、「1Fにどうぞ」と案内してくれた。
メニューを見ると、ワンプレートメニューが900円。
二皿のランチは1300円、これに、食後の紅茶かコーヒーがついて1500円、デザートもつけると1600円らしい。
2Fのランチが2800円だったから、ま~一人で本を読みながら、ちょっとしたフレンチ食べるのなら、やはり、1Fが正解かな~という感じ。

d0063149_2391890.jpg
ランチのコースは一種類で、最初に出てきたものが「パルマ産ハムのサラダ」
温泉卵が乗っている。
ドレッシングの酸度が高く、ここらへんが日本人向けに妥協していないところかも。
温泉卵を崩して、酸を中和させて食べる。
トマトもまあまあだし、美味しかったです。

次が、「鶏のロースト、春キャベツ煮添え」かな?
身厚の鶏もも肉をこんがり焼いたものが、春キャベツとベーコンのスープ煮の上に乗っている物。
キャベツがじっくり煮込まれていて美味しかった。
両方とも自分で作れるけれど、やはりね、たまには人が気を遣って美味しく仕上げてくれたものが食べたいものね。

そして、コーヒー。
濃くて香りが良くて中々良かった。

自分で飲むコーヒーは、忙しいので、薄いブラックが合っているのだが、たまの休日のランチのコーヒーは、濃くて、熱くて、ミネラル分の多いブラウンシュガーやミルクをたっぷり入れて飲むのが美味しいな~と思って飲んだ。
(一番気に入ったものは、コーヒーかも。)

料理はまあまあ、若いコックさんが作っているのが席から見える。
特段問題がない料理で、一生懸命作っているのがわかって美味しいのだけれど、ま、普通かな?値段相応かも知れない。不満はない。

ふと周りを見回すと、私のように、本を持って、ここにランチを一人で食べに来ている女性が他にも3人いた。
このお店、お友達とランチ食べに来るのもいいかも知れないが、お休みの日に、女性が本や新聞片手に、けだるく食べるのに向いているのだと思う。
適当に美味しいものが運ばれてくるし、気張らないで普段着でOKで、気ままに食事するのに良いお店ではないかと思う。

でも、贅沢を言うと、今回、サラダに鶏のローストに春キャベツと結構さっぱり系のフレンチであったが、食べ終わってみると、もっと濃厚なフレンチの方が良かったなとか思ってしまった。

帰り道は、春日通りと蔵前橋通りの間を適当に、来た道とは違う道を通って帰ってみた。
懐かしかったのは、一番右のくすのきの木。
このくすのきは、江戸時代からあるらしく、司馬遼太郎の「街道をゆく」という本にも出てくる。
ずっと以前は、この楠の横に、戦前に立てられたと思う日本家屋があり、それを買い取った人が中を改造して「楠亭」というフレンチレストランにしていた。
その頃、よく行っていた。

所謂、戦前の中流階級の日本家屋で、入ってすぐ、洋風の人と会う部屋、書斎があって、もっと奥は日本座敷であった覚えがある。
そういう家の中に入れることは珍しいことなので、料理も美味しかったけれど、雰囲気も好きだった。
今は高層のマンションに建て替えられ、その1Fに楠亭はあるみたいだ。
インターネットで引いてみたら、ランチで3000円くらいみたい。
ま、ここは、普段着で、ちょっと一人でランチというわけには行かない店のようだ。
[PR]

by mw17mw | 2006-04-30 23:11 | 飲食店・菓子店 | Comments(5)

Commented by satig at 2006-05-03 00:58
いつも楽しくブログ拝見しています。私は本郷に住む者です。オリスデ本郷もいいのですが・・本郷のフレンチといえば「SASAO」が一番おすすめです。ひとりでぶらっと・・という店ではないかもしれませんが、次の機会にはぜひ!
Commented by mw17mw at 2006-05-03 21:27
>satigさん、はじめまして。情報有難う。
地図で調べてみました、壱岐坂の上にあるのですね。
確か、野々村まことさんの実家の果物屋があると言われた近辺ではないかな?
わ~、お勧めと言われると行きたくなります。(株で儲かったら、必ず行きます<笑>)
Commented by satig at 2006-05-04 16:11
お返事ありがとうございます。ちなみに、SASAOはランチが(お得で)オススメです。株で万が一儲からなくても大丈夫です!<br>
近くに野々村まことさんのご実家があるとは知りませんでした。果物や・・どこかにあったかしら・・f(^^;)
Commented by mw17mw at 2006-05-05 00:01
そうですね、株が儲からなくても行けそう。(笑)でも、やはり友達と行った方が良さそうですね。下記で読んでも面白そうだし、今度行ってみます。野々村まことの実家が近所かどうかも確かめてきます。(笑)http://61.195.65.157/tokyoq/reviews/coquine/currcoquine.html
Commented by mw17mw at 2006-05-05 14:35 x
>satigさん
今日、あちらの方に行ったので確かめてきました。
SASAOさんの前から蔵前橋通りの方に向かい、すぐの信号を渡ると、
「何とか of New York」という中華料理屋があります。
そこが実家みたいですよ、何でも、昔は果物屋さんだったけれど、
もうやめてしまったとか。
Sasaoさんの位置は、本富士警察のほうからの道を行ったので、
残念ながら、確かめられませんでした。