日本橋馬喰町 岡永倶楽部-肴・料理

本題とは別の話だが、明日の午後7:30より、「アニメ 少女チャングムの夢」が始まるので、是非見てください。(という私は出かけて見られないかも知れないのですが)
大人チャングムは、話が複雑だし、既に話が半分くらいまで進んでいるので、追いつくのは大変。

岡永倶楽部のお料理というか、酒の肴は大変上等で美味しかった。
何ていうのだろう、最近、素材が新鮮で、美味しい状態で仕上がっているお料理を見ると、光り輝いているような気がするのだ。
オーラがあるというのだろうか、例えば、私の好きな野風僧のお料理もそうなのだが、岡永倶楽部のお料理も光り輝いているような気がした。

d0063149_18202622.jpg一番最初に、お通しが二種類出てきたのだが、一つがホタルイカ、もう一つが牛のタタキ。
ホタルイカなど、ホタルイカの全身から発せられる輝きが、スーパーのホタルイカとは、数段違っていた。
そして、食べてみると、確かに美味しい。
こんなに美味しいホタルイカを食べたのは久々かも知れない。(というか、自宅では余り良いホタルイカが手に入らないので、殆ど食べない)
牛のタタキも美味しかった。

次のお刺身の盛り合わせで、「北海道のタコ、高知のカツオ、○○(忘れた)のマツカワカレイ」。
(確か、マツカワカレイだと思った)
残念なことに写真を撮るのを忘れたが、全て上質、新鮮で、美味しく、こんなにも気を使って選んだお刺身を食べるのは久々だと思った。刺身のつまも美味しい、特に茗荷の刻んだものが美味しかった。
お刺身では、全て美味しかったのだが、一番気に入ったのは、マツカワカレイ。
厚く切ってある身は、こりっとしていて、旨みがあって、そして、その旨みがしつこくない。
「カレイのお刺身ってこんなに美味しい物だったの」と感激。
(家に帰って、何カレイだかあやふやだったので、食物辞典を引いてみたら、「カレイは、急激に獲れなくなっている魚の一つで、美味で知られるマツカワカレイは年に一二度市場に出回る程度」と書いてあった。
そうか、マツカワカレイは美味で知られているのだ、本当に美味しいです、チャンスがあったら、是非試してください)

d0063149_18263458.jpg他にも、地鶏の焼いたものも美味しかったが、このお店は、添えられる野菜や香辛料が上質なのが素敵。
地鶏の横にあるものは、もしかして、柚子胡椒かと思う。
オレンジ色だから、違うかも知れないが、これに地鶏をつけて口に近づけると、ぷ~んと柑橘類の香りがして、美味。
本当に、細かなところまで気を遣っているのがわかる。







d0063149_18213635.jpg他にも、燻製玉子と、鯖の漬物を取ってみた。
燻製玉子は美味しかったけれど、鯖のお漬物はちょっと好みに合わなかった。

岡永倶楽部は、年会費だったか、入会金が5千円なのだ。
後、メニューを見ている限り、そんなに高くないけれども、もしかしたら、サービス料などがあるかも知れない。(今回、ご馳走になったので、詳しいことはわからず)

でも、何ていうか、岡永倶楽部の提供してくれる空間と料理・酒の質は、上質で、落ち着いてゆったりとして快適な時間を過ごせるものでお勧め。
暮に行った赤津加みたいな庶民的な居酒屋もいいけれど、岡永さんは、もうちょっと上を目指しているのだが、でも、決して気取っていないで、居心地が良い。
ここの快適さ・居心地の良さを知ってしまうと、ここが一番になってしまうかも。
私が、馬喰町近辺のお金に余裕のあるサラリーマンだったら、週に一度は通ってしまうかも。

先輩殿、本当に美味しい料理とお酒と楽しい時間を有難うございました、感謝。
[PR]

by mw17mw | 2006-04-07 18:45 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)