野風僧のカレーラーメンと宴会料理

今度の土曜日の午後に、弟の大学時代の友人であるJuly4さんとその奥様(暮れに一緒に合羽橋を回った方)とお友達夫婦計3組と、「合羽橋でお買い物」→「野風僧で夕食」という催し物をすることになっており、昨日のお昼に、新作の「カレーラーメン」を味わいがてら、野風僧に打ち合わせに行って来た。

d0063149_10433277.jpg私の場合、野風僧でお昼食べるとしたら、「担々麺」か「青葱そば」と決まっているのだ。
新作のカレーラーメンの話は聞いていたけれど、何となく「子供じゃあるまいし」と思ったし、「カレーラーメンなんて、いかにも日本で考えたものっぽい」と避けていた。(笑)
でも、野風僧の甥っ子さんが「評判いいですよ」と言うし、今回試してみた。

食べてみて、「とても美味しい」と思った。
どんな味かと言うと、香ばしく炒めた小麦粉の味、カレーは辛くない。
私のカレーも小麦粉を炒めた味なのだが、やはり、プロの方が上。
多分、小麦粉を炒めた味だと思うのに、全然、ドロドロしていなくて、さらっとしたスープ。
(余りにさらっとしているので、「小麦粉ではなくて片栗粉を炒ったのかな?」とも思う、今度聞いてみる)
それにしても「小麦粉を炒めた美味しさ」を普通の飲食店で味わうなんて、本当に久し振りのような気がする。
小麦粉を炒めると美味しいのだけれど、手間隙が大変だから、段々作る店が少なくなっている現状で、野風僧は偉い、私と気が合うはずである。(笑)

そして、具は、豚の角煮と青菜の茹でたもの。
豚の角煮の脂身がトロ~っと柔かくて、カレー味に合って、とても美味しい。
出来は上々。
一口で言うと、「日本で合体した中国とインド」の味という感じかな?(そのまんまだけれど)
残ったスープは、サービスの白飯にかけて食べる。
それでもスープが残って、美味しいのに勿体無いと思うが、もう飲み切るのは無理。
しかし、食べ終わっても、何時間でも、口の中に、美味しい味の余韻が残った。
敢えて欠点を言うと、スープがぬるいという程ではなかったけれど、もうちょっと熱い方がいいかなと思った。

担々麺は、しつこくないし、とても美味しいのだけれど、ずっと食べ続けると飽きる味(850円)。
青葱そばは、結構さっぱりしている。
カレーラーメンは、美味しいし、飽きない味ではと思う(780円)。

d0063149_10415466.jpgさて、宴会のメニューだが、野風僧の定番の中から色々選ぶ。
「量はちょっとでいいから、色々な種類」とか言いながら、気に入ったものを色々注文。
青生ザーサイ、冷奴にらっきょう、鶏皮の餃子、普通の餃子に春巻きに海老にら饅頭。
それから、上海チキンとサラダ、最後に麺類1/2に杏仁豆腐。

メインが上海チキンだったら、後、魚類で、重たいものが欲しいと話すと、シェフが「海老チリソースはどうです?トマトケチャップが入らないで、豆板醤と砂糖だけで炒め込むんです」とのこと。
予算の範囲で入るのだったら、是非食べたいというと、ちょっと大き目の海老が一人一尾らしい。(笑)
でも、その後が素敵だった、「では、それに一人一枚、おこげ料理に使うおこげをつけて、それをチリソースにつけながら食べるのはどうです?美味しいですよ~」
そりゃ、文句な~し、絶対、美味しそう。

私の方からは、「ター菜を炒めると、とても美味しくないですか?あれの上に、野風僧のふわふわ卵が美味しいからそれを乗せたらどうでしょう?卵は味が濃いからちょっとで良いのだけれど」と提案。
本当、野風僧の卵はどこから仕入れているか知らないが、本当に味が濃くて美味しいのだ。
あの卵の美味しさを今回野風僧で食事する方々に味わって欲しい。

ということで、土曜日の夜の宴会の手配は終わった、楽しみ、楽しみ。

野風僧は、紹介した人の殆どに喜ばれている。
先日、我がお店担当の酒問屋の外交さんに教えてあげたら、早速、担々麺を食べに行ったらしく、電話で「あのお店は異次元です、レベルが違う、他のお店と比べることが土台無理が大きいです」と感想を教えてくれた。

とても満足。
[PR]

by mw17mw | 2006-03-08 10:45 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)