久し振りのアメ横

私は、「株で儲けたら」という前提で、弟や甥、おじさんフレンドに空手形を発行している。
が、1月下旬に株を始めてから今まで下降相場なので、本当に空手形。(笑)

しかし、男の人は面白い。
おじさんフレンドには、「株が儲かったら、温泉行こう」と言うのに、おじさんフレンドは、テレビで見た「日帰りバス旅行」に行きたいそうだ。
何でも、安い費用で、おみやげが10個くらい付いてくるそう。
弟には、「甥の合格祝いも兼ねて、皆で本とさや(焼肉屋)に行こう」と言うのに、「アメ横の肉の大山に行ってみたい」というのだ。(甥1は高校が決まりました、また、別に書きます)
二人とも、奢ってもらうのだから、私の言うとおりに実行させてくれればいいのにね、変なの。
私は自分のお金を使うのだから、私の行きたいところに行きたい。
でも、彼らも、「奢ってあげる」という招待を受けることは少ないので、どうせなら、自分の行きたいところに行きたいと思うのかも。(笑)

で、無下に断っても悪いので、一応、弟の希望の「肉の大山」を見に行った。
上野の丸井の裏側にあるのだ。
以前はお肉屋さんだけれど、今は、殆ど食べ物屋になっているよう。
お店の正面では焼き鳥を売っている。
店のちょっと奥に、ちょっとだけ、肉売り場が見えたので、中に入って売っているものをチェックしたら、全て「国産牛」。
う~ん、それでもいいけれど、何年に一度の私の大盤振る舞いは、やはり、和牛がいいかな?(儲けによるけれど)

そして、その後、アメ横センタービルに足を踏み入れた。
そうしたら、1階に、空き店舗が3軒くらいあった。
今、改装中で既に借り手がついているのかも知れないが、今まで1階に空き店舗があるのを見たことがないのでびっくりした。
そのうち2軒は、輸入物のお菓子屋さんだったような気がする。
今の時代、ゴディバだなんだという時代だから、大量生産のメーカー物の輸入菓子は売れなくなったのかも知れない。
きっと、「潰れた」というより、経営者高齢のための廃業だと思った。

d0063149_22541616.jpgそして、地下に行ったのだが、ここもびっくりしたことに、1軒段ボールなぞが積んであり、もう商売していないみたいだった。
鮮魚のアライさんというお店で、確か、ここは、「どっちの料理ショー」で紹介されたことのあるお店だと思う。

いつでも「絶対人で賑わっている」と思い込んでいるアメ横も、不況なのかしらね?
アメ横で、空き店舗があるというのは、珍しいことだと思う。

d0063149_22545539.jpg今日は、地下のムラ珍で、豆豉(トーチー)を購入。
中国製の落花生油も見てみるが、1500円で2.4リットル、1200円で1リットルの商品があった。
よく見ると、1500円のは、純正ではなく、大豆油とかが混ざっているみたいだ。

また、別に書くが、この前、スペアリブの豆豉炒めを作ってみたのだが、その汁がやたらに美味しくできたのだ。
ご飯にかけて食べると美味しいのなんのって。
で、どうして美味しいのだろうかと思うと、豆豉の発酵した味と、炒めるのに使った落花生油の美味しさではないかと思い至ったのだ。
先日、油揚げと豆もやしの炒め物のときにも、いたこさんから「落花生油の方が」のアドバイスがあったが、中華の美味しさって、もしかしたら、油炒めに落花生油を使うからかも知れないと思った。
一人で使うので、500mlぐらいで十分なのだが、お料理好きの人に対してお礼に小分けして差し上げるのにいいかもと思い、1リットルの純正を購入。(賞味期限がちょうど1年だし)
美味しい落花生油だといいのだけれど。
(写真右は今まで使っていたYOUKIの落花生油<これも中国製の小分けみたい>)

ムラ珍で買い物が終わり、センタービルを出て、御徒町方面に歩く。
かにやたらこを並べたお店から、「千円でいいよ~」の声が沢山かかる。
歩きながら、商品に目をやると、3千円とか、4千円という札が付いている。
「3千円や4千円が千円になるなんて、絶対おかしい、相手にしない」と心の中で思う。

ちょっと歩いていたら、お昼だというのに、大きなトラックがアメ横の中に入り込んでいた。
それが、築地の魚業者のトラック。
やっぱりね~、アメ横の魚は、築地から流れてくるのではと思ったら、やっぱりと思った。
あの「3千円」とか「4千円」というのは、実はその前に「昨日の築地では」という言葉が付くのではと思った。(笑)

後は、皮付きのレンズ豆を買って、アメ横を後にした。
[PR]

by mw17mw | 2006-03-04 22:55 | 食材・食材のお店 | Comments(0)