御徒町駅界隈-「大衆食堂シックダール」でバングラデシュのマスダルバート(夜)1/2

先日、ケイトさんから、ケイトさんの大好きなカレーのシェフが美味しいと教えてくれたとのことで、私のテリトリーである御徒町にあるバングラデシュのカレー屋さんに付き合ってと連絡があった。
御徒町のバングラデシュのカレー、聞いたことがないと思ったが、場所の説明等聞いたら、わかった。
一年くらい前だろうか、春日通りの昭和通りの交差点から1つめと2つめの間、東上野側にできた居酒屋であることが判明。
(フレッシュネスバーガーの隣の隣ブロック、ドトールの春日通りを挟んだはす向かい)

ここ、知っている、一年くらい前、開店時に、このお店の前でチラシをもらったのだけれど、日本語のチラシで、焼き鳥メニュー等載っていたが、そこに載っているモノカラーの写真が、中年くらいの太った夫婦を写したもので、東南アジアから南側だろうとはっきりわかる日焼けした皮膚の感じで、東南アジア方面の人ではと思えたが、その説明書きに「人情味あふれる店主に、優しいおかみ」みたいなことが書いてあり、何だか、違和感を感じて、お店の名前も覚えなかったし、近づかなかったのだ。
でもね、チラシは日本語だったから、日本人向けのチラシ、日本人に来て欲しいお店だったことに間違いない。

その後、そちら方面に行った時、チラチラお店を気にしていたが、私が見ると、お店に入って行く人は東南アジアの人ばかりだったが、相変わらず潰れずにお店は続いていることはわかった。
今や、外国人が日本人向けの居酒屋を始める時代になったのだな~と感心した。

で、ケイトさんに言われて、食べログを調べると、「大衆食堂 シックダール」は、現在では、日本人にも受けているお店だとわかったし、美味しそう!

スタート時は、お店側から、店主とおかみさんの性格の良さをアピールしていたけれど、やはり、日本人がどのくらい日本語が通じるかわからない異国人の居酒屋の店主に人情を求めることを狙うには無理が大きいし、それより、その異国の美味しい食べ物をセールスポイントにした方が、お店が栄えるはずだから、居酒屋からバングラデシュの料理を出す大衆食堂になったのは、良かったと思った。

昼間にお店を見に行ったら、下のようなメニューが出ていて、美味しそう!
(ただ、バングラデシュのカレーうどん、カレーラーメンというのは、本国には絶対ないよねと思うけれど、興味津々)

d0063149_17003072.jpg

d0063149_17003442.jpg

お店の前には、インドカレーというのぼりと、トルコ料理というのぼりが立っているが、夜になると、お店には、赤ちょうちんと「やきとり」ののれんがかかり、下の写真のようになる。
それにしても、このファザードで、このお店がバングラデシュの料理を出す店だと思うだろうか?

d0063149_16384588.jpg

で、バングラデシュの料理を食べに行くとのことで、地図でバングラデシュの場所を調べたら、インドの東側、インドに食い込んでいる国で、その東はミャンマーという位置。
確か、昔は東パキスタンと言われていたのに、バングラデシュという名前で独立したことを思い出した。
独立は1971年とのこと、その時、名前が変わったことくらいしか知らなかったかも。
しかし、バングラデシュという名前は良く聞いた覚えがあって、確か、何かのコンサートだと思って、「バングラデシュ エイド」で検索しても何も出てこなかったので、「バングラデシュ ロック」で検索したら、ジョージ・ハリスン主催の71年8月の『バングラデシュ難民救済コンサート』やそれを収録したアルバムが出てきて、その関係でバングラデシュの名前を良く聞いていたことを思い出した。

でも、バングラデシュについて、全く何も知らなくて、幼いときに習ったことを思い出すと、確か、インドは、主に、ヒンズー教徒のインドと、仏教徒のスリランカと、回教徒のパキスタンに分かれたはずで、パキスタンという国は、何故か、領土がインドの東西に分かれていたことを思い出し、西パキスタンの場所をチェックしたら、西パキスタンは、今は、ただの「パキスタン」という国になっているのだ。

そうか、バングラデシュは、回教徒の国で、しかも、北インドと隣接しているから、このお店は、ケバブがあるみたいだから、「トルコ料理」ののぼりを、また、タンドリーチキンやカレーがあるから、「インド料理」ののぼりが立っていると、理解できた。(笑)
(お店の前の料理の写真の何枚かに、「HALAL」の文字もあったっけ)

で、夜は4時からとのことで、4時前に行ったのだけれど、夕方の開店時間が変更になって、今は5時からだと。(でも、食べログも未だに4時からになっている←今、私が、食べログの営業時間を直した)
仕方がないので、近くのフレッシュネスバーガーで時間を潰してから、5時に向かった。

<続く>

[PR]

by mw17mw | 2017-12-11 17:21 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)