田原町駅界隈-二度目のペリカンカフェ(3種類食べてみた)

無事、10時頃、名前を呼ばれ、ペリカンカフェに入り、案内されたテーブルについた。
まずは、お目当てのフルーツサンドと、もう一つは何にしようかと迷ったが、チーズトーストで意見がまとまった。
チーズトーストには、白と黄色があって、値段も100円くらい違ったかな?
両方とも人気とのこと、え~いで、白に決めた。
まずは、これに飲み物を取って、食べてみて、足りなかったら、もう一つ取ろうということになった。

初回に行った時は、ただのプレーンな炭火焼きトーストを食べたのだが、これが多分焼きすぎ?中のお水が相当飛んでいてぱさっとした感じで感心しなかったのだが、今回のトーストサンドや何かが乗っているトーストは焼き方が軽いのか、そんな不満は感じなかった。
最高!とか、このお店に来たらこれ!みたいなものには今回巡り合えなかったけれど、一度食べに来るのも良いお店かもとは思えた。

こちらが、フルーツサンド、860円。
ケイトさんのインスタを引用すると「ピタヤ(ドラゴンフルーツ)、グレーフルーツ、ピオーネ、キウィ、バナナ」が入っていた。
クリームは当然生クリームで、ホイップクリームではない点、当たり前と言えば当たり前だけれど、大変良かった。
フルーツサンド、美味しいことは美味しいけれど、やはり、今まで食べて来たフルーツパーラーのフルーツサンド、例えば、フクナガとかフルータスで食べたフルーツサンドの方が洗練されていて、フルーツ自体も美味しく、はさみ方も丁寧で美味しかったと思った。
やはり、フルーツパーラー店は、フルーツとお友達なのねと思った。(5年前に行ったゴトーのフルーツサンドは、サンドイッチごとに、リンゴだけ、バナナだけのサンドイッチだったので、好みではなかったが、今やゴトーは昔と違うらしい。)
焼いていない生の食パンがちょっとパサっとしていて、フィリングと合っていない気もした。
でも、遠くまで行かなくても、色々なフルーツの入ったフルーツサンドが浅草地域で食べられるようになって良かったかも。


d0063149_17240876.jpg
次が「白いチーズトースト」680円。
ケイトさんのインスタの文言を参考にさせていただくと、白に使われているチーズは、「モッツァレラ、フロマージュブランにパルミジャーノ」とのこと。
黄色はチェダーとスパイスとのことで、今度は、黄色を食べてみよう。
最初のフルーツサンドは4つで2人で分けやすかったけれど、このチーズトーストは3等分されて出て来た。
お姉さんが気を利かせて、フォークとナイフを持ってきてくれたので、二等分に切って食べた。
私としては、今回食べたものの中で、これが一番気に入ったかな?

d0063149_17241267.jpg

最後、まだ、お腹に余裕があるということになり、小豆トーストか、ハムカツサンドをケイトさんが選び、私がその2つなら、ハムカツサンドを押して、取ることになった、650円。
何で、ここでハムカツサンドを食べたかったというと、ペリカンさんのハムは、浅草千束の浅草ハムのものを使っていると聞いたから。
浅草ハムは、ロースハムしか食べたことがないのだが、最高に美味しいと思うので、ハムメーカーとしての評価が高い。
で、このハムカツサンドのハムは、どうも、ロースハムでないことは確かなのだけれど、正確なところは良くわからない。
プレスハムではないかと思うのだけれど、もしかして、もものハムかも知れない、とにかく、普通の揚げ物屋さんで使うハムより、段違いに上質、且つ厚切りの美味しさがあった。
ハムカツだけなら、トーストした食パンだけなら、美味しいのだけれど、それを繋いでいるソースが辛くて、強烈すぎて、ソースの味が全てを支配している感じがして、「何かが間違っている」と思ってしまった。
これじゃ、そこらへんの揚げ物屋さんのお惣菜ハムカツのハム厚切りで高級になり、揚げ方が軽くなっただけの話で、味的には、揚げ物屋さんで買ったハムカツを自分の家でソースをかけて食べるのと、味的には変わらない気がした。(そうそう、ハムカツの惣菜パンも世の中にあるのかも知れないが、私は買ったことがないのでわからない)←私のように、結構周囲にハムカツがある下町に住んでいる者は下町風でないハムカツに憧れ、周囲にハムカツがない下町以外の地域の人たちには、現在のペリカンカフェの下町風ハムカツサンドが受けるかも。

それは、ソースの量が多過ぎるという感じではなくで、ソースの辛さが結構強烈で、サンドイッチに入っているソースの量は少量なのだけれど、全ての味を支配してしまう感じ。
もっと、例えば、バターとかマスタードとかの味もして、カフェとか喫茶店ならではの複雑で高級な味のハムカツサンドを期待していた自分に気づいた。(ケイトさんのインスタには、マヨネーズの味が入っていたと書いてあったが、私は余り感じなかった。)


d0063149_17241615.jpg

コーヒーや紅茶を取って、3種類のパンを半分ずつ食べて、一人1500円弱で、普通のランチを食べたくらいの満足感があった。
「これは絶対」みたいなお気に入りは見つからなかったが、どれを食べても、「どういう味なのだろう?」と味わうのは楽しい。

で、全部出て、全部食べ終わって、ゆっくり話していると、店員さんが、「注文の品は全て出ましたでしょうか?」とテーブルを回って確認しに来たが、何だか、この動きが言葉に表わさずとも、「そろそろ、食べ終わりましたよね?」というお店の人たちの気持ちがこもっているように感じ取ってしまう。
ま、表を見ると、待っている人たちの姿も見えるし、お店を出ることにした。
食べている間は、当たり前だが、せかされることなく、ゆっくり食べられるし、別にその後でも追い出そうという気もないのかも知れないし、良いお店。(でも、やはり、「注文の品が出たかどうか」の確認の後、「ごゆっくり」と言われるのと言われないのの違いは大きい気がする。ま、お店の人たちが口が裂けても「ごゆっくり」と言えない状況も理解できるけれど。<笑>)

[PR]

by mw17mw | 2017-11-16 16:20 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by ケイト at 2017-11-17 15:32 x
その節はありがとうございました。
プレスハムって最近聞かない名称だったのですが
ここに説明がありました。
でもあのハムがプレスハムかどうかは私は
分かりません。
高級なハムカツサンドを期待されてらしたんですね。
ハムカツサンドという食べ物自体
大衆的なものだと思っているので私とは
また違うご感想なのだなと思いました。
私は逆にチーズトーストに高級なものを
求めてしまったので物足りなく感じました。
フルーツサンドは可もなく不可もなくかな。
Commented by mw17mw at 2017-11-19 09:18
> ケイトさん
こちらこそ、遠いところを有難うございました。
そうですね、私も「ロースハム」でないことだけは確かなのですが、だったら、何ハムなのというと、実は定かではないです。(本文、謙虚に直します)
ハムカツサンド、大衆的なものに作った場合、わざわざ食べに行く必要ないなと思うのは、きっと私が下町に住んでいるからかも。
ハムカツが余りない地域に住んでいる人にとっては、下町風が良いのかも知れません。
ま、本当、人求めるものの違いで感想が変わってきますね、確かに。