浅草橋の立ち食いそば 1/2 入船

d0063149_052444.jpg先週の金曜日、朝と昼と、浅草橋の立ち食いそば屋さん2軒を回った。
それにしても、浅草橋のお蕎麦屋というのは、中々幅が広いものだと改めて思った。
本格派では、古くからの「浅田」というおそばやさんがあり、この2,3年頑張っている「更里」がある。

朝、行った立ち食い蕎麦屋さんは、インターネット友人の記事を読んで知ったお店なのだが、実はおそばではなく、「朝定食」を食べに行ったのだ。

入船
ここは、我が家からず~っとまっすぐ南下し、総武線のガードを越して、一本曲がったところ。
何と、「更里」と同じブロックであった。
外から様子はわからず、でも近づいてみたら、客はいなさそう。
曇りガラス戸を引いたのだが、全然びくともせず、てっきり「開店休業」かと思ったら、中からおじさんが開けてくれた。
中はこざっぱりしていて、清潔な感じ。
立ち食いだけれど、椅子があった。
おじさん一人で切り盛りしていて、椅子は10席くらいかな?

朝定食は、「大き目のお茶碗のご飯、生卵か納豆、小さなかき揚、味付け海苔、沢庵2切れにお味噌汁」で何と350円なのだ。(因みにおそばやうどんは、かけで、270円)
このお値段でこの量は本当にコストパフォーマンスが良い。

他にお客さんもいなかったので、おじさんと色々話した。
何でも、朝6時から営業して夕方5時頃にはお店を閉めてしまうそうだ。
5時にお店に入って、6時にはお客さんが来るそうだ。
「昔は、沢山6時くらいに人が来たよ」とのこと。
「この近くに生花市場があるから?花屋さんが食べに来るんですか?」と聞くとお客の殆どはサラリーマンとのこと。

そりゃ、ここの350円の朝定食は安い。
独身や単身赴任者のサラリーマンのおじさんにとって、こういうお店は本当に有難いだろうと思った。
マクドナルドでブレックファースト食べるより、デニーズで朝ご飯食べるより、絶対的にコストパフォーマンスが良い。

食べ終わる頃、おじさんが「これ、食べる?」と、小さな丼を渡してくれた。
「お味噌汁?」と聞くと、昨晩のおでんの残りとのことで、よ~く煮えたスジ(魚)と昆布をいただいた。
何か得した気分。

食べ終わって、私の舌の性質上、化学調味料を沢山感じてしまうけれど、でも、おじさんのキャラは落ち着いていて温かい感じで、中々良いお店だと思った。

女性一人で入っても、お友達と一緒に入っても全然違和感のないお店。
できれば、混んでいるときではなく、空いている時に行って、おじさんとお話しできたら、楽しいと思う。

結構、色々なブログなどで、紹介される店のようだ。
私は、今後、朝、ちゃんとしたご飯の朝ご飯が食べたい時、利用すると思う。
(今までは、そういう時は、デニーズの「目玉焼きの定食」を利用していた。)
[PR]

by mw17mw | 2006-01-31 00:09 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by hi-vison_1103 at 2006-01-31 15:20
ベジ田ベジ子としては、外で急にご飯たべないと行けない時は蕎麦です。
入船、おいしそ〜(^^)食べたい!byクロエ
Commented by mw17mw at 2006-01-31 23:40
クロエさんは、ベジタリアンさんだったのですか?(ただ、野菜が好きな人かと思っておりました)
ベジタリアンと言っても、色々あるようですが、お肉と卵を食べないタイプですか?
(クロエさんは、東京の人?実は、私が好きな野風僧という中華のお店が実は、自分の畑を持って中華料理のお店をやっていることがわかったのです。もし、東京の方だったら、是非、行ってやってください)