浅草駅界隈-松屋地下のたこ八のたこ焼き他

先日紹介した、浅草松屋の地下にできたたこ焼きのたこ八さんで、たこ焼きを買って来て、家で温め直しして食べてみた。(電子レンジで1分とのこと)

ソースは、ソースと青海苔、ソースとマヨネーズなぞ、選べたみたいだが、何も言わなかったら、ソースとマヨネーズがかかって、その上に削り節がかけられていた。
d0063149_21302875.jpg

この店独自のセールスポイントというのだろうか、旬の野菜や果物を煮込んだとろけるスープを使っていると書いてあった。

d0063149_21303515.jpg

家に帰って、プラスチックの容器から外して、経木かな?経木の船の上に乗せたまま、電子レンジでチンして、食べてみると、「?」
何となく、関西の人が焼いたタコ焼きと言う感じがしなくて、結構硬いというか、中がとろっとしていないのだ。
たこ焼きは結構大きめではあるが、中に入っている具はたこだけ。

私は外がカリっとしていて、中がとろとろのたこ焼きが好きなので、ちょっとがっかり。
ただ、食べていると、確かに、松坂屋で食べた明石焼きの焼き方と同じだと思った。
この固めでとろとろでないたこ焼きを、熱いだしに浸して食べたら、ちょうど良い柔らかさになって美味しいだろうと想像できた。
そうか、三つ子の魂百までというけれど、明石焼き屋さんが作るたこ焼きはあくまで明石焼き風なのかなと思った。

だったら、不味いの?というとそんなことはない。
外カリカリ中トロトロについては、不合格だけれど、やはり、小麦粉を溶いだスープが美味しいのか、じわじわっと小麦粉の生地が美味しいのだ。
あの看板通りと思った、あとは好き嫌いだなとも思うし、やはり、このお店は早く明石焼きのお店にした方が良いと思った。

d0063149_21303986.jpg

そうそう、今年に入ってから、ひさご通りにtaco44というたこ焼き屋さんができ、この松屋地下のたこ八さんも、今年になってからのお店ではないかと思う。
と思っていたら、弟に7月16日オープンのたこ焼き屋「たこ右衛門」というお店のパンフをもらった。
(必要事項を書いて持っていくと、3個を串に刺したものがもらえるらしい)
内容を見てみると、浅草公会堂裏に、なぜか、小田原の鈴廣というかまぼこ屋さんのお店があるが、その半分がたこ焼き屋さんになったみたい。
何でも、鈴廣のたこ焼き屋さんは、小田原店が1号店で、浅草が2号店らしい。

何だかな~、たこ焼き屋って、資本もかからず、観光地では受ける食べ物であるせいか、最近、浅草で増殖中。
d0063149_21304651.jpg
観光地のたこ焼きは、皆、結構高くて、6個とか8個で、500円~550円というところかな?

そんな中、外カリカリ中とろとろのたこ焼きとしては、ライフのものが気に入っている。
勿論買ったときは、冷めきっているので、家に帰ってお皿とかアルミ箔に移して、オーブントースターで温めるのが一番良いかと思うが、面倒な時は電子レンジで1分くらいでも十分美味しい。
こちらだと、4個で158円、8個で298円(税別)と、観光地に比べたら、リーズナブル。
d0063149_21305065.jpg
d0063149_21305540.jpg

[PR]

by mw17mw | 2017-07-18 21:55 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by nyarcil at 2017-07-31 11:49
ライフのたこ焼き買って食べてみました。確かに美味しかったです。
教えていただきありがとうございます。
Commented by mw17mw at 2017-08-01 16:00
> nyarcilさん
わ、試していただけたのですね、嬉しいです。
また、美味しかったと言っていただいたことも嬉しいです。
安いし、結構美味しいで、リーズナブルで、ライフのお惣菜の中で、一押しです。