恵比寿駅界隈-「ル バー ラヴァン サンカンドゥ アザブ トウキョウ 」でランチ

忘れないうちに書いておくけれど、昨日調べたら、実践女子大学という学校も、初代校長が下田歌子さんだから、その関係で、女子学習院や皇室とつながりのある学校だと初めて知った。(実践と私も何の繋がりもないし、そもそも私立の学校に入る気がなかったので、調べる気もなかった)
ということで、元常盤松町という皇室の御用地だったところは、やはり、皇室に関係の深かった二つの学校に分けられたことがわかった。

國學院大學博物館を見終わった時が、2時くらいで、早く恵比寿に行かないと、東京中の美味しいお店に詳しい友人から「駅前でわかりやすいし、一人で気軽に入れて良いわよ」と習った「アトレの中にある成城石井が始めたレストラン」のランチ時間が終わってしまうかもと、山種美術館はやめて、郷土資料館の前まで戻って、ハチ公バスに乗って、恵比寿駅に行くことにした。
私の乗ったハチ公バスは、台東区のめぐりんに比べて、一回り小さくて、乗降口は運転手席横のドアのみ、また、座席数もとても少なかった。

d0063149_09485632.jpg
西口の停留所で下りて、東口に回って、アトレに繋がる巨大エスカレーターを上ってみた。
何でも、駅前の巨大エスカレーターを降りたところを真っすぐ奥に進むと、すぐに右側に西口のアトレへの連絡渡り廊下に出て、そこを渡れば、そこに、成城石井と、私が行きたい成城石井が経営している「ル バー ラヴァン サンカンドゥ アザブ トウキョウ 」があるとのこと。(このお店のHPはこちら。しかし、このお店の名前、日本語で書くとやたらに長いのはどうにかならないか)

行ってみると、結構大きなお店なのだけれど、成城石井との境に、ワイン等の立飲みコーナーがあって、立ち飲みコーナー向けのおつまみのメニューが美味しそうだった。
お店の殆どは、レストラン風のテーブル席に見えた、その他、5,6人のカウンター席もあって、一人や二人で行ってもさっさと席に案内してくれるみたい。(勿論混んでなければだが)

ランチはラストオーダーが3時までだったので、間に合ったが、数量限定のシャンパンがつく「シャンパンランチ」は売り切れであった。
他、日替わりのメイン料理のランチと、日替わりのパスタランチがあったが、両方とも、パンがお代わり自由とのことで、それだったら、メイン料理でしょうと思い、何とか鶏のパン粉焼きを注文。
メイン料理が一種類と、パンが食べ放題の他、スープがついて、1580円+税。
(シャンパンランチだと、グラスのシャンパンに、メイン料理がフォアグラ入りハンバーグになり、パンとスープは同じで、1680円+税。)


d0063149_09491121.jpg

これが、スープとパンとオリーブオイル。
サラダは良く覚えていない、パンは、白パン、黒パン、バゲットの三種類がお代わり自由。
私は2切れお代わりしたのだが、その時にはちゃんとオリーブオイルも二皿めも持ってきてくれた。
オリーブオイルは、左がギリシャ製、右がスペイン製と説明してくれた。
言われてみれば、そして、食べ始めの頃は、左と右では細かい味が違うのは良く分かったが、どんどん、口が食べ物で汚れてくると、全然違いがわからなくなってしまった。(笑)


d0063149_09500054.jpg

これが何とか鶏もものパン粉焼き、ニンジンのラペとポテトサラダの他、白菜にしては、芯が薄い感じの野菜を軽く油なしで焼いた感じのものが付いてきた。
鶏肉は肉厚で、量もたっぷり、味も良かったけれど、これって、こんな、賃料がたかいところでもこんな量の肉を出せるということは、小売りから仕入れないで、問屋から仕入れているのかなと思ってしまった。(すなわち、成城石井から仕入れないで、成城石井が仕入れているところから一緒に仕入れているとか?)
他、パン粉焼きのお肉に添えられている緑のソースはバジルソースとのこと。


d0063149_09503097.jpg

人参のラペとかポテトサラダも美味しかったけれど、白菜を肉薄にしたような葉っぱを軽く焼いたものがとても美味しかった。
白菜ではないよねと思って、お店の人に聞いたら、「ロメインレタス」とのこと。
ふ~ん、例えば、ロメインレタスを買って来て、8等分して、軽く、焼いただけでもとても良い付け合わせになるということが大発見。


d0063149_09530998.jpg

とても美味しかったし、従業員の人たちも感じが良かった。
ただ、メニューなぞを見ると、レストランメニューではなく、立ち飲みのためのおつまみメニューの方が、そそられる上に美味しそうなものが多かった。
恵比寿まで飲みに来たいけれど、帰るのが面倒くさくなりそう。(笑)


[PR]

by mw17mw | 2017-07-16 17:19 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)