上野広小路駅界隈-「伊豆栄本店」で、夜に、うな重等

先週の金曜日の夜、食べ友達の品川Iさんが、上野の博物館が金土だけ20:00まで開館しているとのことで、会社帰りに見学するとのこと。
その後、一緒にご飯を食べましょうと、落ち合った。
お会いするのは、暮れに天ぷらを築地に食べに行って以来、久しぶり。

どこにしようか、事前に打ち合わせたけれど、やはり、普通の人は、「上野・浅草方面に行って何かを食べる」となると、フレンチとかイタリアンではなく、和食を食べたくなるらしく、今回は、伊豆栄で鰻ということで落ち着いた。(ぐるなびの情報はこちら

伊豆栄、安定の味、確かに美味しいし、高級だけれど、ま、いいかとお付き合いすることにした。
(でも、同業者の暑気払いなぞで行った以外、個人で行くのは、恥ずかしながら、初めて)

もう10年以上前になるかな、ある日の夕方、伊豆栄の前を通ったら、雑誌等で見たことのある頭の毛がモサモサで背の低い男の人と、背が高くて細くて見るからに派手なファッションモデルとわかる女の子が嬉しそうに雑談していたのだ。
「あ、あの人は、立花隆だ」とすぐわかった。
立花隆さんは、田中角栄問題で大活躍して成功したジャーナリストなわけだけれど、頭脳労働の後、気晴らしに、こういうきれいなお姉さん連れて、伊豆栄で鰻食べるのが趣味なのだなと思った。
(その後、立花隆さんは、上野高校出身だし、自分の事務所を小石川というのだろうか、春日駅の近くに作ったわけで、伊豆栄大好きなのだろうと思った)

と前置きが長くなったけれど、品川Iさんとお店の前で待ち合わせして、予約なしで入ったのだが、席が空いていて、7Fに通されて、窓際の席、もし、昼間だったら、不忍池全体が見えて、ラッキーだったのだが、夜だったので残念。
それでも、弁天堂のライトアップが見えて、きれいだった。

席について、メニューを見て、最初に、お酒飲みながら何かをつまんで、最後、うな重と決め、まずは、飲み物を取ることになるのだが、さすが、天下の伊豆栄、高い。(笑)
(でもね、伊豆栄なぞ、やはり、高級が売り物の鰻屋さんだし、鰻を焼く職人さんと和食を作る職人さんを両方とも抱えているお店であり、値段にびっくりするなら、初めから入らない方が良い。)

私からすると、ビールの中瓶、中ジョッキというのは、500ccで、500円が相場、400円で出している飲食店は良心的と思っていた。
それが、普通のスーパードライ等の中瓶は、745円だった、さすが~伊豆栄と思った。
今まで一番高かったビールの中瓶は、山梨県石和温泉の旅館で800円だったけれど、今回それの次。
で、選んだビールが、エビスだったので、ちょっと高くて789円。
(でもね、頼んだのが一本なのに、切り昆布の佃煮が人数分2つついてきたし、何もついて来なかった石和温泉の旅館より相当良心的。)

それにね、窓からの景色が良い上に、仲居さんというのだろうが、お運びの方たちが皆きれいに着物を着こなしているし、後からサービス料を別途取らないとしたら、このくらい高くても妥当と思えた。(伊豆栄さんは前に宴会で来た時もお運びのお姉さんたちの着物姿が板についてきれいだった)

で、おつまみはと、メニューをめくってみて、うざく、肝焼き、焼き鳥を注文したのだが、肝焼きは生憎終わってしまったとのこと、残念。
だったら何にするかというときに、どじょうのから揚げを希望したら、品川Iさんも食べられるとのことで、どじょうのから揚げに決定。

これはうざく、1620円で、他の2品の倍の値段であったが、鰻がたっぷりで、納得、美味しい。
d0063149_12420578.jpg
焼き鳥を取るときに、「焼き鳥は何本来るのですか?」と聞いたら、「うちの焼き鳥は串に刺さっていないのです」とのこと。
一枚のお肉を焼いてから切った感じ?
二人で食べるには十分な量で864円。
食べてみると、美味しい、というか、ブロイラーにありがちな味のないお肉ではなく、噛むとじゅわっと鶏肉の美味しさが出てくる感じのお肉。
さすが、ブロイラーではなく、ちゃんと良いお肉を使っている、高いだけあるわいと二人で絶賛しながら、食べた。(笑)

d0063149_12420821.jpg
肝焼きが終わっていたので、どじょうのから揚げにしたのだけれど、大正解。
(なぜかどじょうにしたかというと、先日来、我が弟が浅草のつるやというところで、どじょうの柳川鍋を食べてきて、「美味しかった、美味しかった」と言っていたのが頭に残っていて、私もどじょうが食べたくなったのだ)
どじょうのから揚げのどこが肝焼きの代わりになったかというのは、どじょうは内臓も取らずに、丸のままから揚げにしたものだと思うのだが、どじょうのお肉の味だけではなく、内臓の苦みとか、骨のカルシウムの味が加わった単純ではない複雑な味だったのだ。
そう、肝に通じる味がして、美味しかった。
ま、どじょうは、お酒を飲みながら食べれば臭みを感じず美味しく食べられると思う。(下戸の人には向かないかも)
でも、やはり、丸ごとのどじょうって、美味しいものだなと改めて思った。

d0063149_12421133.jpg
三品取ったうちの、熱い料理、焼き鳥とどじょうのから揚げは、熱々で出てこなくて、一旦、熱さが落ち着いた段階のものが運ばれて来たけれど、これは、味が中に入るまでの時間を考慮したり、熱々を出すとやけどする恐れがあるからなのだろうか?

さて、他に日本酒の熱燗を一本取ったところで、〆のうな重を選んだのだ。
松竹梅があって、メニューに載っているうな重は竹とのこと、でも、ケチして、松2700円にして、お吸い物は普通のお吸い物で、肝吸いは取らなかった。
d0063149_12422160.jpg
程なくして、運ばれてきて、ふたを開けたら、竹の写真に比べても遜色のない蒲焼が現れたので、「お、良かった」と喜んだけれど、でも、食べると、本来なら、うな重の蒲焼の厚さはこのくらいと思う厚さの2/3くらいの厚さで薄めであった。
また、うな重は、それまでのお料理とは別で、熱々の出来立てが出てきたので満足。
美味しかったけれど、やはり、蒲焼の厚さがちょっと...、それと、最初味が薄めでちょうど良いと思ったのだけれど、たれのかけ方が偏っていたのか、ちょっと途中から辛くなってしまったのは、あれは何だろう?
d0063149_12421692.jpg
以上、楽しく歓談しながら、お食事をして、品川Iさんが体調が余り良くないということもあって、アルコールの量が少なかったということもあるが、一人5千円で終わった。
たまには、伊豆栄も良いと思うし、色々調べると、昼間ならもっと安いみたい。

[PR]

by mw17mw | 2017-04-26 16:15 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by tsumugi_hanaoka at 2017-04-27 12:54
料理が充実していて、うなぎが食べられない人も含めた会などでも良さそうですね。ところで、松竹梅で梅が上という設定は私のすきなとんかつ屋でも使われてますが、一般的なのでしょうか?最初、戸惑いました。
Commented by mw17mw at 2017-04-27 15:33
> tsumugi_hanaokaさん
私が思うに、上野だったら、伊豆栄さんの和食は美味しいと思います。ライバルはその反対にある亀屋一睡亭もお店もきれいだし、良いのではと思います。
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003585/
言われてみればそうですね、一般的には、松が一番高いものですよね。
ただ、安いものを注文するとき「松」と行った覚えがあったのと、領収書を見ながら文章を書いたので、伊豆栄では、松が一番安いことに間違いありません。
珍しいと思います。