ジョナサンで食べるもの-「タンドリーチキン&メキシカンライス」

平野美宇ちゃん、負けてしまった、何だか、疲れているみたいに見えたけれど、アジア卓球選手権に続いて韓国オープンで試合していたわけで、石川佳純選手は、どこか調子が悪くなって、韓国オープンから出場だもの、体力十分で元気。
平野美宇ちゃんは、アジア選手権で劇的に優勝して、世界中からのインタビューとかも多かっただろうし、海外でホテルに泊まって試合をする期間が長くなったことで疲れたのか、何だか、今や、自分に勝とうと必死になって来るライバルたちに囲まれてしまった自分の立場が急にわかってしまって、緊張してしまったのかも。
でも、きっとそういうことも時間や周囲のコーチとか親身になってくれる人たちとの話し合いで解決してくれると思う、本当のチャンピオンになるまでにはまだまだ時間がかかりそう、何せ急成長中の17歳だもの。

---本題です---

ファミレスって、多分、そんなに安くないと思う今日この頃。
特に私の場合、平日には利用しないで、雨の土日のランチ、外食したいが雨で遠くに行けないとき、年に2,3回だけれど、ジョナサンが一番家から近い飲食店なので、ジョナサンに行く。(それに、そのジョナサンは、多慶屋カードを提示すると、10%割り引いてくれるし)

でもね、ランチメニューは、土日祭日を除く平日のみだし、土日祭日になると、急にライスの価格が高くなるのだ。
平日なら、ライスだけで110円+税金なのに、土日祭日は、ライスにドリンクバーがついて440円+税になってしまう。
私の場合、一人で行って、ご飯だけを食べてさっさと出たいから、ドリンクバーも不要だし、ライス食べるのに、500円近く余計に払うなんてまっぴらごめんなのだ。
ということで、ハンバーグとかステーキを取ってご飯を食べることは値段的にとても難しくできないのだ。

和風メニューなら、ごはん付きもあるみたいだし、うどん、スパゲティ、ドリア、中華麺、カレーなら、ご飯を取らなくて済むのだけれど、どうせ、たまにファミレスに行った時は、スパゲティ以外の洋食を食べたくなる。

そんな時、いつも取るのは、「タンドリーチキン&メキシカンライス」。

d0063149_22002221.jpg
これはカロリー的には問題があるけれど、たまのたまだし、これなら、チキンの焼いたものがあるけれど、ピラフもついているので、ご飯を新たに取らなくて済むので、許してしまう。(笑)
この料理のどこが好きかというと、タンドリーチキンの焼き方が好きなのだ、鶏皮を本当にぺったんこに焼くのだけれど、誰がやっているのだろう?
多分お店ではなく、セントラルキッチンでとにかく鶏皮をぺったんこになるまで焼いているような気がする。
勿論、ファミレスのタンドリーチキンは、国内産の鶏肉ではなく、輸入物なのだけれど、この焼き方に感心して、つい頼んでしまう。

d0063149_22002632.jpg

昨年だったか、一昨年までウィングスティックをタンドリーチキン風に焼いていたけれど、そうではなく、ももでも胸肉でもヨーグルトカレーソースに骨なしで漬けておいて、とにかく鶏皮をぺったんこになるまで焼いてあるものが自分の好みだとわかったのだ。
それにスパイシーに味付けしたピラフに甘いトウモロコシの粒を混ぜながら食べるのも美味しい、ビールにも合うし、経済的。

ま、無理してこの料理を取ることもないのだけれど、タンドリーチキンの鶏皮の焼き方がとても良いと思うので、チャンスがあったら、見てください。

[PR]

by mw17mw | 2017-04-22 22:06 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)