広島弾丸日帰り旅行 8/9 おみやげ

でこぽんを東京に送り、「もみじ饅頭」と「穴子めし」と、いつももみじ饅頭をくれる甥の家に、桐葉菓というお菓子を買った他、殆ど自分用に買ったおみやげを紹介。

1.牡蠣関係
以前、広島Iさんからおみやげにいただいた牡蠣がとてもきれいで美味しかったので、これと、同じ会社の「かきスープ」を購入。(剥いた牡蠣は、5度以下、スープは10度以下で要保存)

d0063149_22543350.jpg

初め、「牡蠣のスープ」と聞いて、味がなく、ほぼ牡蠣の濃縮エキスかなと想像して予約しておいてもらったら、味噌味風味であった。
味見すると、薄っすら味噌味がついていた。
そうだ、広島は、牡蠣は土手鍋 で食べるから、牡蠣+味噌という味に慣れているのかもと思う。
その点、私は牡蠣を味噌味で食べた経験がそれまでなかったので、目新しさを感じ、楽しめた。
三回に分け、二回は雑炊にして、一回は煮物の出汁として使ってみたが、成功。
広島って、イメージとすると、お好み焼きにオタフクソースになるから、ついつい味が濃いのではと思ってしまうが、穴子めしにしろ、このかきスープにしろ、基本味は薄いと思った。

d0063149_22543716.jpg

2.はっさく大福
広島で人気があるというはっさく大福、言われてみれば、最近、テレビで、どこかのタレントがはっさく大福を食べて、「いちご大福からこちらに移る」とか言っていたのを見た覚えがあった。
スーパーのようなところではっさく大福が売り切れだったので、街中のきれいな和菓子屋さんで4つ買って帰って来た。
大福の中身が白あんに酸っぱいはっさくで、そのバランスが美味しかった。
私の場合、「今度からいちご大福ではなくはっさく大福」とまでは言い切れないけれど、いちごと同列くらいに気に入ったかも。

d0063149_22543045.jpg


3.若鶏の手羽ととり皮
これは、ケンミンショーの全国の鶏料理ベスト10の2位で見て、食べたかったもの。
尾道の会社で製造されているが、今や、広島市のお土産物屋にもあるし、その後帰ってからおみやげが足りなくなって行った銀座の広島のアンテナショップにもあった。お値段は広島で買っても東京で買っても同じであった。(笑)

d0063149_22544100.jpg

銀座のアンテナショップには、売れ行きランキングがあって、とり皮が一位、鶏手羽が二位であったが、とり皮の方が安いということもあるかも。
とり皮は、やはり油で揚げた後、ガーリックパウダーやお塩で味付けされたもののようだが、からっと揚がっていて、とり皮というより、サクサクという食感のとり皮煎餅であった。

下の画像は、袋から出した若鶏の手羽。
広島では駄菓子屋で売っていて小学生のおやつとか、大人のお酒の肴とか、これを喜んで買ってみた。
広島Iさんにも話していなかったと思うのだが、子供の頃、酒屋である我が実家で、酒のおつまみとして、これと似たようなものを売っていたのだ。
ただ、それが手羽先だったか、手羽元だったか、記憶がないのだが、どちらにしろ、昔、親から食べてよいと許しが出て、一袋もらうと嬉しいおつまみだったので、同じかなととても楽しみにしてしまった。

d0063149_22544614.jpg

また、そのケンミショーで、このおつまみを尾道のオオニシという会社の工場で作るところを見たことがあった。
(時代的に見ると、オオニシさんは30年くらい前に創業したみたいだから、私が食べていたものはもっと古いので、オオニシさんのものではなさそう)

テレビによると、ブロイラーの手羽先を油で揚げた後、食塩・ガーリック・アミノ酸等をまぶし、真空パックして出来上がり。
これが意外に高くて、現在、1つ130円くらい、ケンミンショーでは、1つ80円時代の時に広島の小学生に「子供のおやつとして80円は高いでしょう?」とインタビューしていたが、広島の小学生は、食べるのに1時間かかるので、80円は高くないと言っていた。

私もいくつか食べてみたが、絶対10分くらいで食べ終わってしまうけれど、良く揚がっているので、骨の両端の軟骨部分は食べられるし、手羽先の折れ曲がった先の先端部分も殆ど食べてしまい、食べ終わって残ったものは、下の画像の骨だけ。(笑)
好みはあるだろうけれど、私としては、ジャンクな味が良いと思っている。
弟にも一つ食べさせ、子どもの頃に食べたおつまみと同じかどうか聞いてみたが、「ま、だいたい昔のものと同じ。しかし、こちらの舌が肥えたせいだと思うけれど、昔食べた方が感激があった」とのこと。

d0063149_22571980.jpg

東京に戻ってきてから、二度ばかり、銀座一丁目の広島のアンテナショップに足りないものを買いに行ってしまった。
そうしたら、本当に何でも揃っていた。
ブランドを気にしなければ、一番有名なやまだ屋のもみじ饅頭は一つから買うことはできるし、上に書いたオオニシの若鶏の手羽やとり皮もある。(やまだ屋のもみじ饅頭は日本橋三越の諸国のお菓子コーナーにあったが、セットでしか買えない)
また、はっさく大福もメーカーはチェックしなかったが、やはり一つ単位で買える他、モーツァルトという広島のお菓子屋さんのクッキーのようなセットも売っていたし、大助かり。
LCCなぞの手荷物の重量制限のある飛行機で広島から帰ってくる場合、おみやげは広島でしか手に入らないものに限り購入し、残りは東京で買うことをお勧め。

[PR]

by mw17mw | 2017-03-24 15:26 | 東京以外の遠出・温泉 | Comments(2)

Commented at 2017-03-24 19:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mw17mw at 2017-03-25 07:49
> 〇バ○さん
川通り餅知らなかったので、調べましたが、下記のような広島のおみやげのお勧めのトップに乗るようなものだったのですね。
https://matome.naver.jp/odai/2137061384532106001
それがまた銀座のアンテナショップにあるようなので、今後また広島へは中々行けないでしょうから、買って食べてみますね。(銀座で買えるのも良し悪しですが)