広島弾丸日帰り旅行 6/9-広島平和記念公園

さて、広島旅行の続きをば。
水上バスみたいな船で、瀬戸内海から広島市の川に入ったのだけれど、今、気づいたのだけれど、余計な広告看板が全然なかった。
やはり、平和記念公園の近くだから、皆、目立つ大きな看板を出さないかも。
そういう意味では、宮島界隈の海で、釣りをする人とか全然見なかったのだが、広島Iさんが「確か、漁業権とか規制があったような」とおっしゃっていて、広島県の「釣りをするのに制限される区域」というページが見つかった。
それを見ると、宮島の近くの海は、点では規制されているけれど、面では規制されていないのに、釣り糸を垂れる素人は全然見えなかった。(東京ではそんな漁業権を主張する程魚の獲れる川もないせいか、だれか必ず釣りしているイメージ?)

広島って、誰かの生活の邪魔になるとなったら、原爆に被災されて人たちや広島に来る人のために美しい外観を維持しなくてはいけないとなったら、皆規制に従ったり、近隣に滅びそうなしゃもじがあれば、一生懸命応援する土地柄なのかも、優しい街だと思った。(滅びる心配はないけれど、広島カープも熱く応援されているし)

d0063149_09084303.jpg
平和記念公園に入る橋の上から見えた原爆ドーム。

d0063149_09093099.jpg


平和記念公園の原爆死没者慰霊碑から見える原爆ドーム、この公園全体の設計は、私が尊敬する故丹下健三さん。

d0063149_10324165.jpg

その後ろには、原爆資料館。
旅行の日程を調整しているときに、原爆資料館か、街歩きどちらかを諦める必要性があると聞き、悪いけれど、原爆資料館は今回行くのをやめた。
本来は広島を訪問したら、第一に行くべきであろうが、ゆっくり見学するのに時間が足りるかどうかわからなかったことと、やはり、余りに悲しくて悲惨なものを楽しい観光の中に取り込むと、無理矢理悲しい気持ちに蓋をして次に行かねばならないこと、原爆の犠牲の方が数万倍、数千万倍悲惨だとは思うのだけれど、私の場合、年に一回、3月くらいに浅草公会堂で展示される東京大空襲の悲惨な写真を見たことがあるのだ。
本当にそれはこの世のものとは思えない写真であって、脳裏に焼き付き、忘れられない。

d0063149_10324560.jpg

静かに祈る気持ちで歩いている色々な国の人たちがいる公園を出て、有名な原爆ドームの横を歩いた。

d0063149_18110598.jpg

そうしたら、今まで、写真やテレビで見たことのある原爆ドームであったが、原爆で吹き飛ばされたり、崩れたレンガ塀がまだ瓦礫として周囲に散らばり、そのまま保存されているのが見えた。
確かに骨組みだけになった戦前の立派なビルだけでも、原爆の凄さは伝わってきたけれど、このそのままにされた瓦礫はもっとインパクトがあった。

d0063149_10325167.jpg

[PR]

by mw17mw | 2017-03-20 18:15 | 東京以外の遠出・温泉 | Comments(0)