かっぱ橋界隈-「麺 みつヰ」で、おろし蕎麦とソースかつ丼

何だか、ランチで外食ばかりしているようでお恥ずかしいのだが、広島に行く前に出してしまおうと思っていた確定申告が遅れて、3月14日に出しに行くことを決めたのだけれど、お昼の準備をする時間がなくて、その日も外食になってしまった。

どうせ行くのなら、美味しいもの、行きたいところに行こうと、評判の良い西浅草の路地裏にできた「麺 みつヰ」に決めた。
ここは、知ってからずっと、主に土日だが、近くを自転車で走るたびに、空いていないかなと見るのだが、大抵は、5,6人並んでいたのだ。


d0063149_08252129.jpg

今回、税務署に行く前の平日の1時過ぎなら、空いているだろうと思って行ったら、席が一つだけ空いていて、無事、並ばずに入れた。
私のすぐ後には、若い男女3人組だったので、寸での差で滑り込みセーフ。

店内は、カウンターのみで、6人掛け、ご夫婦でお店を切り盛りしているよう。
入ると、ラーメン屋さんにつきものの食券機がなく、紙の伝票を持った奥さんが注文を取りに来てくれて、前払い。

食べログを読むと、「七彩出身者が始めた」と書いてあったので、イメージとしては、若い人が開業したのかと思って行ったら、結構中年のご夫婦だったので、意外であった。
それがどうだというと、このお二人の個性とポリシーなのか、落ち着いていて温かい雰囲気があるお店になっていた、まだ、開店して半年も経っていないのに、常連の人も多く、お店のムードとしては、もう10年くらい営業している雰囲気。(笑)

店全体、せかせかしていなくて、当然だが、食べているお客さんにはゆっくり食事をしてもらいたいという感じが滲み出ていて、居心地の良いお店、だから、外に行列ができる感じ。(店内は、何かをショートカットして客の回転を早くしようみたいな雰囲気が全然ない、あくまでゆったりした空気が流れているように感じた)

このお店は、勿論ラーメン屋さんで、味はお醤油かお塩、麺は細麺か縮れ麺を選べるお店らしいが、ご主人が福井出身とのことで、おろし蕎麦とソースかつ丼があるとか。

d0063149_08284094.jpg
d0063149_08283704.jpg

で、かつ丼もおろし蕎麦も、両方とも350円で、量としては、0.5人前のよう。
ラーメンも食べたいけれど、この福井のおろし蕎麦とソースかつ丼を先に食べなくては、いつまでも、「あ~、あれを食べたい」と頭に浮かんでしまいそうと覆ったので、初回は、ラーメンを見送り、おろし蕎麦とソースかつ丼を頼んだ。

程なくして出てきたのが下の画像。
d0063149_08252893.jpg

両方とも丁寧な作りで美味しかった、福井県のアンテナショップで食べるおろし蕎麦とソースかつ丼のセットが、大量生産的で、こちらの方が、丁寧に作った感じで美味しい。(わたし的には銀座のアンテナショップのものも好きではあるが)
ただ、ラーメン屋さんであるので、おろしそばの麺が日本蕎麦ではなく、ラーメンの麺なのだが、それも、日本蕎麦に負けないくらい腰があって美味しい。
しかも、大根おろしの入った汁はそば猪口に入って出てきて、これにつけながら食べても良いし、ぶっかけで食べても良いとのこと。
左上の小さな木のスプーンの下には、自家製葱油が入って来て、途中でおそばに混ぜて味変えをして食べてくださいと、至れり尽くせり。
(ただ、実際に混ぜた時、味の変化は良くわからなかったのは残念、ま、自分の舌の感度のせいと思えば許せる)
かつ丼の材料、おろしそばの材料、皆、上質のものを使っているという感じ、富山産のコシヒカリは美味しいし、おろしそばに使われている中華麺も腰があって、お蕎麦に劣るという感じはなかった。

場所はわかりにくい路地裏。
田原町の方から来ると、今工事中の元赤札堂、現在APAホテルの工事現場の角を曲がって、追分通りを入谷の方に向い、右側を歩き、東本願寺を超したところの1つめの信号を渡って、一つ目の路地の先にある不動産屋さんの看板が見えたら、その隣の路地を入るとある。

美味しいだけではなく、雰囲気も良いので、また、行って、今度は、ラーメンを食べたい。

[PR]

by mw17mw | 2017-03-18 08:45 | 合羽橋の食と飲食店 | Comments(0)