広島弾丸日帰り旅行 1/9 思いもかけない景色

さて、実は、先日の木曜日、計画通り、広島Iさんを頼って、広島弾丸日帰り旅行を決行して来た、楽しかった~。

何故、日帰りかというと、一番気楽だから。
猫は飼っているし、一応、まだお店を開けているし、旅慣れていなくて、旅行に必要なバッグとか道具とか揃っていないし、日帰りが一番楽なのだ。
お店を2日休むのも気が引けるし、金土とか、日月の旅行となると、週末の方は飛行機代が高くなるし、持っていくものも多くなるので、考えなくてはいけないことが多いのだ。
(ま、まずは、一番安い日帰り旅行を一回こなせば、次回は、一泊とか二泊で旅行に行こうという気になるかもしれないしね)

おかげさまで、飛行機も落ちずに、広島Iさんのおかげで楽しく宮島と広島市内を回って、何の事故もなく、何の忘れ物もなく、大満足で帰って来た。

前の晩、午後10時頃に、朝3時半にスマホの目覚ましをセットして、眠ったのだが、まずは、それが鳴ってくれるか本当に不安だった。
とにかく、30分寝坊しても全てがだめになる計画。
でもね、どうにか3時半に目覚ましがなって、3時34分くらいに起床した。
予定では、4時10分頃家を出る予定だったが、やはり、起床から35分くらいだと、顔を洗って、猫に餌あげて、作っておいたおにぎりを食べて着替えて出かけるのが精いっぱい。
(ま、一人暮らしでも35分でやり残しが沢山出たのだもの、これが家族持ちだったら、もっと大変だろうというのは想像がついた)
御徒町の始発である4時36分に間に合うように出かけたのだが、慣れていないから、駅で電車を待つくらいの余裕を作って自転車で出かけた。
4時過ぎって本当に真っ暗であった。
人間、いざとなれば、こんなに早く起きられるものなのね~。
ま、でも、自転車を駐輪場に入れて、ローソンでコーヒーを買っても、ホームで電車を10分くらい待つくらいの余裕があったから、次回からもうちょっと出発を送らせても良いかも。(と言いながら、余裕がないと不安だものね)

ということで、東京駅に着き、5時出発のバスに乗り、1時間で成田へ、空港に着くころにはすっかり明るくなっていた。
その日の朝は、とても良い天気で雲一つなく、空気はきれいな感じで、最高の旅行日和。
何だか、この東京シャトルバスというのは、早朝は、早朝発のLCCが多い第三ターミナルに最初に停まってくれるので、良かった。
その後、手続きをしたのだか、飛行機を最後に乗ってから、もしかして、20年以上経っているかも知れないので、今風の手続きや飛行場の構造が良くわからず、何か手続きが終わると、係りの人に「次にどうすればいいのですか?」とか「どこへ行けばいいのですか?」聞いていた私。

LCCって、安いだけあって、搭乗口まで相当歩かなくてはいけないだけでなく、搭乗口に下りて行ったら、そこにバスが停まっていて、バスで飛行機まで運ばれて行くみたい、安いだけはあるという感じ?
あ、でも、昔、どこかの空港で同じような経験があったっけ、あの時はLCCではなかったけれど、きっと何か安いツアーだったのだな、きっと。

で、行きは、400円余計に出して、広島Iさんのアドバイスに従い、進行方向左側の窓際を予約したのだが、その席の隣2席は誰も来なくて、広々していて、快適であった。

で、定刻7:05に飛行機は走り出したのだが、窓から外を見ると、整備のおじさんたちが皆整列していてにこにこ手を振ってくれていて、何だかいい感じ、ただ、整備するだけでなく、「楽しい旅を」と思ってくれる姿勢があるとないのでは全く違うと思う。(笑)
飛行機はその後急加速して、無事飛び立って、成田上空を旋回したのだが、何せ天気が良くて雲がなかったので、地上の景色がパノラマで良く見えて素敵。
飛行場、ゴルフ場に畑、マンションなども上から見ると新鮮な印象。
そのうち、川とか湖のようなものが見えたけれど、利根川とか、霞ケ浦かな?と思って見ていた。

d0063149_22393118.jpg

その後、大きな市街地や海岸線が見えて来たけれど、東京とか横浜かな?
結構緑の土地も見えて、どこの公園だろうかと考えるが、結局どこもわからなかった。

そのうち、真っ白い富士山が見えて来た。
うわ~、こんなに近くで、きれいに見えるなんて、何てラッキー!なのだろうと感激。(まるで、旅慣れていない人丸出し<笑>)
裾野の外側に湖が見えるから、山梨側なのかしらね?
(もしかして、朝早かったから、余計空気がきれいで、こんなに良く見えたのかも)

d0063149_22393511.jpg

こちらは違うカメラで撮ったのかも知れない、色が良くなくてごめんなさい。
結構近くまで飛行機が寄ってくれて、本当に良かった。
カメラで写すと、客観的な距離の画像ができるけれど、肉眼で見た時、もっと富士山が近くに見えて、とても感激。
今まで見た富士山の中で、最高近くで見ることができた感じ。


d0063149_22394399.jpg

富士山が終わったら、どこになるのだろう、名もない山の連なり、しかも、山頂近くの尾根に雪が残っている山の連なりに薄っすら雲がかかっているのが見えた。
これだって、本当なら、登らないと見えない景色なのだろうが、飛行機から見ることができて、得した気分。

d0063149_22394342.jpg

その後は、市街地が良く見えていたのかな?
何だか、飛行機って、結構内陸を飛んでいるのだけれど、下に暮らしている人たちうるさくないのかしらね?と思う。
(というのは、我が家の上は飛行機が飛ばない環境だからなのだけれど、時折、事件やイベントがあると、ヘリコプターが飛ぶのがうるさくて仕方がない)
家に帰ってから、「航空路線 国内」で検索したら、地図蔵>>国内線航空路線というページが見つかった。
拡大すると、アバウト、東京から広島までの路線がわかる。(でも、どうも、羽田発の路線みたいだけれど)

写真を撮るのも飽きてぼーっとしていたら、1時間くらいして、海岸線すぐ近くに島が浮かんでいる風景が見えるようになった。
あ、これこそ、瀬戸内海のイメージ。
岡山県の海岸線かもしれないけれど、「海岸線の先にすぐ島」という風景が瀬戸内海地方に接近しているという感じに感じられた。

d0063149_22394776.jpg

心は「広島・宮島観光に行く」と思っていて、飛行機から見える風景に全く期待していなかったのに、今回、天気が良くて、本当に非日常的な広大な景色を沢山見ることができて、大変ラッキーであった。
こういう雄大な景色を見続けたので、BGMとして、持っている曲の中から、「新日本紀行」(冨田勲)を聞いてしまった。(笑)
何だかな~、「DISCOVER 本州」という感じで楽しかった。

[PR]

by mw17mw | 2017-03-11 06:45 | 東京以外の遠出・温泉 | Comments(0)