浅草駅(TX)界隈-「アレンモク2号店」で石焼ビビンパ

先日日曜日に現金問屋に行ったら、欲しい商品が欠品で、改めて、平日のお昼過ぎに、東浅草の現金問屋に行かねばならなくなった。
お昼ごはんを作っている時間がなかったので、外食を考えたのだが、2日前に、トマトらーめんを食べてしまったので、ラーメンはパスして、以前から行きたかった2016年10月30日オープンの浅草の端にある「アレンモク」という韓国料理のお店に行ってみた。
そもそものアレンモクは、本当に上野広小路の路地裏にあって、もう10年、20年経つのかしら?とても評判が良いお店で、B食倶楽部で、仲良しの女性がその頃通っていて褒めていて、「行きたいな~」とずっと思っていたお店。(今、食べログを読んでいて思い出したのだが、チジミが美味しいと評判だったかも)

それがどういういきさつかわからないが、昨年秋に、言問い通りと国際通りが交差する交差点角に、2号店ができたのだ。
上野のアレンモクは本当にひどい環境の中にあって、色々な意味で行きにくい場所なのだが、こちらの浅草店は、本当にすっきり明るく大通りに面した健全な場所にあって、行きやすい。
でも、この前の日曜日に行ったら、ランチがお休みであった。(涙)
d0063149_17574836.jpg
で、お店の中に入ってみると、平日の1時過ぎでも結構混んでいたし、日本人女性のグループが10人くらいで、昼食会をしていたし、韓国語のお客さんも多かった。(お店の人はバイリンガル)
これだけ韓国人が来るお店だったら、期待できると思った。

メニューの写真を撮ったのだがボケていた、残念。
本当に、韓国料理のお店で、純豆腐、ビビンパ、石焼ビビンパ、冷麺の他、半鶏湯(ハンゲタン)があった。
ラッキー!
竹島に韓国の大統領が上陸した時からだっけ、日韓の関係が冷ややかになって、1年もしないうちに、我が家の近所に半鶏湯が食べられるお店が二軒あったのに、両方ともやめてしまった。
そういう私も、あの時期、やはり、韓国料理を食べたいとは思えなかったものね。
今は、決して関係が良くはなっていないけれども、そういう状態に慣れてしまった。

でも、また、ここで、半鶏湯が食べられるお店が比較的近所で行きやすいところに見つかって嬉しい。
ただね、もう今の季節、半鶏湯はいいやと思って、石焼ビビンパにした。(ランチだと、ただのビビンパなら、650円だそう、でも、石焼にしてみた)
d0063149_17575291.jpg
これが石焼ビビンパ。
石焼ビビンパ自体、殆ど味付けをしていない感じで供され、コチュジャンと思われる液体のソースがついてくる。
最初、何もかけずに食べると、それもさっぱりしていて美味しい。
そこに好みの量のコチュジャンを入れて混ぜると、唐辛子風味にはなるのだけれど、辛いより甘い唐辛子の風味で食べやすい。(甘いと言っても、お砂糖の甘さではなく、唐辛子の甘さ)こちらも美味しい。
すごく優しい味。

他に、茹で卵半分を何かの液体に漬けたものと、サラダ、カクテキと、お味噌汁(あさりと何かの葉っぱ)がついてきて、980円。
美味しいのだけれど、私の食べたかったのは、少し焼き肉が入ったものだったと気づき、メニューを見たら、きっと、牛肉プルコギ石焼という1080円のものだったのだ。
でも、とりあえず、野菜と卵黄だけの石焼ビビンパも十分美味しかった。
d0063149_17575231.jpg
今度は何を食べようかな、冷麺はまだ早いかな?
次は、牛肉プルコギ石焼きビビンパかな?

あ、そうそう、このお店のメニューに「ランチは月―金(平日)」と書いてあったので、お店の人に確認したら、「土曜日はランチ営業しているけれど、日曜日はランチなし」とのこと。
良かった~、行きやすい。

[PR]

by mw17mw | 2017-03-10 09:00 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)