緑のたぬき・赤いどん兵衛

昨日、【世紀の大発見】奇跡の強引コラボ! どん兵衛と赤いきつねを混ぜた「赤いどん兵衛」が激ウマ!という記事を読んだ。
ちょうどその前の週に、ミニの「緑のきつねそば」と「赤いきつね」を買って来て、食べていたのだ。(両方とも、関東地方向けEタイプ)
d0063149_20212688.jpg
(あら~、なぜか、赤いきつねの画像しかない、話の中心は「緑のたぬき」なのに...すみません)

(今までわざわざ書かなかったけれど、カップヌードルのミニカップとか、緑のたぬきそばや赤いきつねのミニカップを買うことがある、ま、半年に一回くらいか、二回くらい。たま~に食べたくなることがある。でも、普通サイズのものは買ったことがない)

私の感想としては、緑のたぬきの方が好き、美味しい。
私は、熱いかけそばというか、「たぷたぷした熱いつゆにお蕎麦」は基本的には好きではないのだが、なぜか、東洋水産の緑のたぬきは美味しいと思って食べている。
何だろう?おそばがくたくたにならずに、適度に硬いままだから好きなのかも。

それに比べて、「赤いきつね」、数日前に食べたけれど、こちらは、麺がくたっとなっていて、おつゆもそんなに美味しくなく、「緑のきつねに劣るな~」と思っていたところだったのだ。

そんな時、どん兵衛と赤いきつねを混ぜると美味しいと聞き、試したくなった。(因みに私はどん兵衛は食べたことがない)
しかし、どん兵衛は、ミニがないのだ。
ということは、試すためには、普通サイズのカップうどん二つにお湯を入れるしかないわけで、いくら美味しくなるとは言え、二つは食べたくない。
仕方がないので、半分弟が引き取ってくれるというので、実行してみた。
d0063149_20220743.jpg

お湯を入れて5分待ってから、お鍋の中で混ぜて、少し火を入れたのだけれど、確かに、おつゆが美味しくなっている。
それぞれのうどんつゆを単体で飲んでみると、どちらも、インスタント臭さがあるのに、確かに、二つを混ぜると、お互いのインスタント臭さを消しているみたい。
だったら、天然だしの美味しさが出るというわけでは勿論ないのだけれど、やはり、インスタントのつゆであることはわかるものの、癖とか臭さが抜けているみたい。
素直な味で食べやすくなっている。
試す価値あり。(あ、そうそう、今回の実験は、Eという記号がついた関東地方向けのものを使った。)


[PR]

by mw17mw | 2017-02-25 20:26 | 食材・食材のお店 | Comments(0)