「ほっ」と。キャンペーン

日本橋駅界隈-「マルゼンカフェ」でプレミアム早矢仕オムライス

成田空港には、最初土曜日に行こうと思っていた。
土曜日なら、人形町の小春軒で牡蠣のバター焼きが食べられるから、それを食べてから成田に向かおうと思っていたのだが、土曜日は土曜日でも祭日だったので、その計画は無理となってしまった。
で、土曜日に用もできたので、日曜日に出かけることにした。
日曜日の日本橋・東京駅エリアで何を食べるか考えるが、別に食べたいものはない。
あの地域はオフィス街だから、土日は不毛、その中で、ふと頭に浮かんだのは、日本橋の丸善の中のハヤシライス、そういえば、食べたことないから、これでも食べてみるかと決めた。
(テレビなぞに良く出てきて、丸善の創業者である早矢仕さんが紹介したから、ハヤシライスであると、丸善は主張しているそうな。そのついでに早矢仕有的さんについて調べたら、すごい人なのでびっくり!)

まずは、何でもこの「マルゼンカフェ」というお店は、日本橋の丸善の3Fにあって、お正月を除いて年中無休、9時半から営業しているらしい、ということは、9時半からハヤシライスが食べられるのかしら、お腹が空いていたら、朝からハヤシライスを食べて出かけるかと思ったのだが、10時頃に見に行った時にはこちらのおなかがいっぱいだったのでやめておいた。(日曜日の10時頃、お客は殆どいない感じ)
d0063149_23120491.jpg
で、帰って来た2時頃、再び行ったら、結構混んでいた。
しかし、さすが、マルゼン、一人でふらっと来た人が入りやすいように、大きなテーブルでの一人席や、窓際のカウンターの一人席が十分用意されていて、すぐに入ることができた。

メニューを見ると色々なハヤシライスのアレンジ品が載っていた。
d0063149_23114736.jpg


d0063149_23114327.jpg


何にしようか迷ったが、やはり、メニューの写真を見ていたら、彩りの良さで、オムライスのハヤシに惹かれ、お肉はポークと牛肉があるみたいなのだが、ま、ハヤシと言えば、普通ハッシュドビーフだから、牛肉だなと思い、牛肉のプレミアム早矢仕オムライスにしてみた。

で、すぐに出てきたのだが、何だか、全て「普通」という味で、個性がなく、何の感激もないと私は感じてしまった。(不味くはない)
d0063149_23115141.jpg
運ばれて来たお皿を見た途端、薬味というか、福神漬けみたいなものも乗っていないのだと思ったのだが、ハヤシライスのソースを食べたら、何だか、その中に福神漬けを煮たような野菜が入っているような気がした。
で、そんなグダグダという感じの野菜の煮たものと、2,3切れの小さくて固いお肉を感じたのだけれど、それだけ。
あの2,3切れの小さくて固いお肉が牛肉だとして、あれだけのことで、ポークより200円高いって、解せないなと思う。
オムライスの卵も難なくふわっと焼かれていて問題ないし、ご飯も真っ白で良質を感じるご飯であったのだけれど、印象が残らない。
何だか、全て、及第点というか、個性がないというか...。
d0063149_23115437.jpg
これは何かなというと、全部が流動食みたいな感じ?
ご飯を良く噛めと言われるかも知れないけれど、オムライスの流れるような玉子焼きと流れるような甘さのあるハヤシのソース、ご飯だって、殆ど噛まなくても食べられるくらい柔らかい。
そう、皆、柔らかいから、口の中に、何かを食べたという印象が残らないような気がした。
食べログの表紙の画像を見たら、早矢仕とカレーの2色ソースライスというのが、野菜がたっぷり入っていて、これを取れば良かったと思った。)

昔のレシピを基にして作っているから、化学調味料なぞ使っていなくて、コクが少なかったり、さっぱりしている可能性はあるけれど、余りにすべてのものが喉から胃へスルスル入っていくものばかり。

これで、ハヤシの中にゴロゴロ人参とかじゃがいものが入っていたり、良く噛まなくては食べられないサラダがついていたら、また、印象が違っていたのだろう。

ここのプレミアムオムライスを食べていて、「人間って、するする胃に入っていくものばかり食べてもお腹がいっぱいにならないのだ、やはり、良く噛んで食べる野菜とか乾物も一緒に摂ることも大切」と思った。
そういう意味では、栄養的にも食べごたえという点でも評価は低くなってしまう、この丸善が昔からどんなものをハヤシライスとして供していたかを知るだけの価値だと思った。

このお店、窓から明るい日が入り、内装も気分が良いし、店員さんたちも親切、ハヤシライスに拘らずに、ケーキとか苺のパフェもあるし、カフェとして使うのが良さそう。
d0063149_23115922.jpg
でも、私は日本橋丸善の界隈に昭和の終わり頃長く勤務していた。
その時の記憶を辿ると、丸善の地下の地下鉄に繋がる通路に沿って、カウンター形式のカフェがあったような記憶はあるのだが、丸善の中に大きなカフェとか喫茶店があったという記憶がない、もしかして、この3Fの立派で大きなカフェは、丸善が建て替えられてからできたものなのかな?

[PR]

by mw17mw | 2017-02-16 23:22 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by まべ at 2017-02-17 09:10 x
ご無沙汰しています。まべです。

ビル改築前の丸善では,屋上のクラブハウスでハヤシライスカレーライスを提供していました。もう10年以上前ですね。
簡易温室みたいな建物で,脇にはミニゴルフ用の芝生やら植え込みの花壇やらあって,かなり不思議な光景でした。エレベーターが通ってなくて,最後は階段だったような気もします。
こんな所でこんなものと言う意外さでは,界隈の三越前精養軒カレーハウスのプレハブと良い勝負でした。

曖昧な記憶ですが,甘口のソースで玉ねぎがそこそこ入っていたように思います。

ではでは。
Commented by mw17mw at 2017-02-17 21:49
> まべさん
有難うございます。
そうそう、思い出しました、昔のハヤシライスを提供しているところについて「屋上、ゴルフ」みたいなキーワードを聞いた覚えがあります。
あ、そうか、屋上のプレハブで食べることができたのですか?
味は昔と同じなのでしょうかね?それが問題のような気がする。
それにしても新しい「マルゼンカフェ」は結構良いので、もっとお店を広げれば良いのにと思いました。