レシートの整理 一歩前進

相変わらず、レシートの整理が下手。
昨年秋頃まで、家計簿をつけるのをやめていたから、レシートはもらってもすぐ捨てていたのだが、その後、若いお友達に、アンドロイドにしかないアプリ「かけ~ぼ」が便利でつけやすいと教えてもらったのだ。

で、やってみたら、長続きしている。(笑)
それでまたかけ~ぼに入力するまではレシートを取っておかなくてはいけないし、できたら、一か月くらいは保存したいのだけれど、私はレシートの始末が本当に下手。
大抵は、お財布の中でクチャクチャしている。

う~ん、どうすれば良いのだ、今日、100キンに行ったら、伝票刺しというのだろうか、商店で品物を受け取るときの伝票なぞを刺しておく道具があって、一瞬それにしようかと思ったが、バッグに入れて持って歩くには大き過ぎる。

う~ん、う~ん、何か、手頃な道具はないだろうか?
レシートに小さな穴があけられて、そこに針金みたいなものを通して、レシートを保管しておく。

最初はリングが良いかと思って、リングを買ってみたが、リングの先は鋭くないので、レシートに穴が開けられないことがわかった。

この失敗で、針金みたいなもの先が尖っていて、でも、それが危なくなくて、大きくないもの。

と考えたら、「あ、あれだ!」と頭に形は浮かんだのだけれど、名前を度忘れしている!
え~い、こうなったら、シモジマに買いに行って、「今の時代はやらないかもしれないけれど、昔、幼稚園児が胸に、名前の書いたハンカチなぞをぶら下げるのに使ったピンは何て言う名前でしたっけ?」と言えば、通じるかなと思って行ったら、その通りになった。

名前は、「安全ピン」、あ、そうそう、安全ピン、最近使わないものね~、忘れちゃうよね。
ついでに安全ピンを検索したら、Wikiが出てきて、英語で「Safty pin」だから、日本語で、「安全ピン」とのこと。

長続きするかどうかわからないけれど、今後は、安全ピンにレシートを差し込んで整理して行こう。
d0063149_22090850.jpg

[PR]

by mw17mw | 2017-01-28 22:11 | 道具 | Comments(0)