白山駅界隈-「喫茶おとら」でスリランカカレー他1/2

え~ん、先日紹介した魚屋さんにお正月用のお刺身を聞きに行ったら、「もう締め切ってしまった」とのこと。残念、でも、今年一度しか買いに行っていない、しかも、450円のぶつだもの、仕方ないか、来年はもっと買いに行って顔を覚えてもらおう。

ところで、連休前に、以前からケイトさんから習って、その存在を知った「アハサ食堂」、12月に白山の喫茶おとらでスリランカカレーの要予約の一日だけの催し物があるとケイトさんが誘ってくださったので、行くことができた。
白山駅なら、我が家から行きやすいし。

アハサ食堂というのは、アハサさんというスリランカ人と結婚された日本人女性が、日本に美味しいスリランカカレーのお店が少ないとのことで、スリランカカレーを普及させようと活動をされていて、ご自分の食堂やCAFEのような施設はなく、色々な場所で、イベント的にカレーを提供している。(つい先日まで、東あづまというところの「光うさぎcafe」で土日のみ「アハサ食堂」としてスリランカカレーを提供していたらしいが、それも一旦は終了したらしい)
(でも、ブログを読むと、自宅で料理教室は開いているらしい)

私は初めての「アハサ食堂」、メニューは1つで、スリランカカレープレートというスリランカのカレーの盛り合わせと紅茶のセットで、1400円。(カレーだけで900円)
d0063149_16301036.jpg
右上の濃い赤は、ビーツのカレー(ビートルーテンバラード)、その下は、春菊のサラダ(春菊サンバル)、その左隣のサーモン色はスリランカ独特のココナッツと唐辛子のふりかけ(ポルサンバル)、左上に上がって茶色いものがチキンカレー(ククルマス)、その上の黄色っぽいものがレンズ豆のカレー(バリック)。
ご飯は、バスティマティライスと日本米ミックス(でも、全体、外米ぽい仕上がり)
ケイトさんによると、これらを単独のカレーとして食べても良いけれど、カレー同士を混ぜ合って食べると美味しいとのこと。
でも、私はこういうカレー初心者のせいだと思うが、混ぜると言っても、せいぜい隣同士を混ぜるくらいしかできなかった。
ケイトさんを初め慣れている人は大胆に色々なカレーを混ぜていたけれど、どんな味がするのだろう?
(スリランカ上級者という感じの人は、スプーンではなく、手を使ってお皿の上で色々混ぜては口に運んでいた。確か、その横にはフィンガーボウルが置いてあったような...)

一番辛いのが、ポルサンバルという漬物?
技法は違うけれど、スリランカでも、モルディブフィッシュなるものを日本のかつお節のように干したものを食べるらしい、それを使った物とのこと。
(だから、スリランカのカレーは日本人に合うと言われたが、すごくしょっぱいし、日本のかつお節を食べた時に感じる味を余り感じないので、私としては今一つその説を信じるには至らなかった)

食べているうちに舌が少し痛くなってきたので、多分私には辛さが強過ぎるのかも知れない。
でも、本当に辛過ぎると感じたのはボルサンバルだけだったような気もする。

ここのカレーは実際に食べている時より、家に帰ってからの方が美味しいような気がした。
家にたどり着いてから、胃の中がとてもスパイスがフレッシュな感じがするのだが、軽やかでもたれない感じが心地良い。
胃の中が「気持ちいい」と言っている感じ。(笑)

ケイトさんにメールでそのことを告げたら、「油を殆ど使っていないカレーだから」と教えてくださった。
もしかして、こんなにも油を使っていないカレーを食べたのは初めてのことかも。
そうか、油を取らないということはこんなにも胃に負担がなくて爽やかなものなのだ。
(そうそう、ビーツだけとか、春菊とココナッツとか、野菜ばかりのカレーも多かったし)

そもそも、辛いものに強くないと、手が出せないカレーであるが、食べ終わった後の胃の気持ち良さなぞ、是非味わってもらいたいカレー。
(辛いものに強くなくても、まるで辛いものダメという人以外なら、食べられるのでは」とケイトさんからコメントをいただいた。その点、よ~く考えたのだけれど、「ポルサンバル」というスリランカのふりかけのみやたらに辛いので、これを除けて他の料理だけ食べれば、辛いものに強くない人でも食べることができると思う。とにかく「ポルサンバル」が辛く、これと混ぜた時点で他のカレーも辛いカレーに代わってしまうことに気づいた。)
それに上級者になると、やたらにごちゃまぜにした美味しさが味わえるらしいし。

アハサ食堂の情報を得るには、「アハサ食堂」というブログをチェックするのが良いらしい。


[PR]

by mw17mw | 2016-12-27 17:32 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by ケイト at 2016-12-27 17:41 x
ご一緒していただきありがとうございました。
細かいことかもしれませんが、
通称アハサさん・・・通称ではなくレキとしたお名前ではと思います。
プレートは1400円ではなくてプレートだけなら900円で
紅茶とのセットが1400円でした。
辛さの基準は人それぞれだと思いますが
このスリランカ料理は一寸でも辛いと駄目という
位のひとでなければOKだと思うんですが
甘いですかね?
Commented by mw17mw at 2016-12-27 23:32
> ケイトさん
こちらこそ有難うございました、楽しかったです。
また、ご指摘有難うございます、助かります。
お名前と価格は直しましたが、辛さは表現難しいですね。
確かに、「ポルサンバル」を除いたカレーだけで考えるとそんなに辛くないですね。
でも、ポルサンバルを混ぜてしまうとどのカレーも相当辛いものになってしまう気がしまいます。
どう表現しましょうね、明日、考え直してみます。