本所吾妻橋駅界隈-「オザミ工房」のバゲット

2,3週間前、錦糸町のダイソーの帰り、浅草方面に行きたく、碁盤の目状の道を適当に走っていたら、通ったことのない道沿いに、若宮牛嶋神社という敷地の大きな神社とか、マンションの1Fにオザミ工房を発見、わ、この通りは面白そうと思ったのだ。

このオザミ工房は、店頭で販売もしているけれど、他のオザミグループが使うパンやケーキを作っているのかなと想像はついたが、ま、その時は買わずに、家で食べログの評判を見てからと思ったのだ。(オザミグループのお店に二三度食べに行った覚えがあるが、パン、ケーキ、デザートについては何の記憶もなかった。)

オザミ工房のある場所は、職住混合の地域、しかも、飲食店も食品店、スーパーもないところにある。
再度行く前に、他に何か面白いものないかしらと探したら、近くにお相撲の高砂部屋があるよう、オザミに行ったついでに見てこようと決めた。

まずは、我が家の方(御徒町の方)から春日通りを真っすぐ進み厩橋を渡っても春日通りを走り、本所二丁目という信号と本所三丁目という信号の間の名前のない信号を右に曲がったら、高砂部屋があった。(高砂部屋は朝青龍が所属していた部屋)
高砂部屋の建物って、今まで見た相撲部屋の建物の中で一番斬新だと思った、何だか相撲とか和風を連想させないデザイン。
ここは朝汐太郎さんが親方だから、近畿大学の関係者の設計かな?私の勝手な感想だが、わたしにとっては結構不思議な建物に見えた。
できれば、この建物を設計した人にデザインの意図を聞いてみたい。
d0063149_11493219.jpg
その先を曲がって、まっすぐ北進すると、左側沿いにオザミ工房が見えて来た。
d0063149_11491665.jpg
中に入ると、ケーキの並んだ冷蔵ショーケースの上にパンが並んでいた。初めてだから、バゲットだけを買ってみた、210円。
d0063149_11492932.jpg
で、家に帰ってから、切って、一番端を食べたのだけれど、「これって、失敗品?」と思うほど、美味しくなかったのだ。
味は良いとして、下の画像を見ると、結構大きな気泡ができていて、そこは成功だけれど、気泡以外の生地の部分が、余りに密で柔らかさを殆ど感じなかったのだ。
え~、こんなのあり?と思って、全て切って行ったら、真ん中に行くにつれて、気泡が増え、生地の密な感じが減って行ったから、少しは安心。(反対側の端もそれほど固くなっていない模様)
何でこうなるのか、わからないけれど、せっかく墨田区まで足を伸ばしたのにがっかり。
これだったら、我が家の近所の普通のパン屋さんや天然酵母のパン屋さんのバゲットの方が美味しいし、安心して買える。
(だいたい、オザミの中には、高いオザミと安いオザミとか色々なお店があるのだけれど、皆同じバゲットを出すのだろうかとその点も疑問)

ま、一度だけの訪問で、このお店全体は評価できない。
今のところ、確実に言えることは、「え、ここにオザミの工場があるの?」という意外性が楽しいので、近所を通った時には、是非、訪問を。(また、他のパンやケーキは美味しい可能性あるし)
d0063149_11493627.jpg

[PR]

by mw17mw | 2016-12-21 12:13 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by nyarcil at 2016-12-27 13:18 x
このお刺身、確かにすごくいい色ですね。美味しそう。
東京のお魚屋さんで、このレベルのお刺身をこの値段で売ってるところがあるとは。
Commented by mw17mw at 2016-12-27 23:27
> nyarcilさん
そうなのです、すごいでしょう!
ま、お刺身ではなく、その廃材ぽいぶつだから、安いのですが。
今度、ちゃんとしたお刺身を買ってみようと思います。