2016秋母方従姉妹会1/4-上野の山だけで十分満足(の予定)

毎年お正月に、従姉妹たちと年賀状をやり取りしているのだが、必ず、誰かの年賀状に「今年の秋の従姉妹会も楽しみにしています」という文言が入っているけれど、私だって、種切れだったのだ、誰か、何か考えて、私をどこかに連れて行ってくれという気分。(笑)
従姉妹たちは皆家庭の主婦だし、一番遠い人で上野まで一時間くらいかかるところに住んでいるので、時間的制限もあり、私としては、もう思いつくところは全部案内してしまったと思っていたのだが、夏ごろ、ふと、「そうだ、国立科学博物館国立西洋美術館は、11月3日の文化の日は、常設展が無料だから、そこに連れて行けば喜ばれるかも」と思いついたのだ。

実は、私は国立科学博物館の中の「シアター36○」が好き。
でも、科学に多分興味のない女性たちが「シアター36○」が気に入るかどうかわからず、その人たちに「入場料600円かかるけれど、是非科学博物館に行こう」と言っても拒否はされないだろうけれど、心から喜んでということはないように思えて、今まで、科学博物館を提案できなかったのだ。

11月3日の無料開放日なら、無料でこのシアターに案内できる、これだったら、皆を誘っても大丈夫と思えたのだ。
そうなると、後は、上野でどこでお昼ご飯を食べる?ということさえ決まれば、決行可能なプランになるのだ。
考えついたのが8月だから、その時に、11月3日の予約は取れるだろう、あの人気の韻松亭で祭日にランチを食べることも夢ではないと自分の頭で、2016年秋の従姉妹会のプランのあらすじが決まり、皆に連絡したら、全員11月3日OKとのことで、そのプランが決まった。

しかし、韻松亭に電話で予約を取ったら、11時半からの予約は取れたのだけれど、1Fの掘りごたつの個室とのこと。
私は掘りごたつの1階の部屋、一度利用したことがあるのだが、足が伸ばせること、個室だから他の人を気にしなくて済むことは良いのだが、2階のように、上野公園の借景が全然見えないのだが大きな欠点。
「韻松亭に行った、また行きたい」と思えるのは、2階だと思って、2階で5人で予約を頼んだのだが、その日は既に2階は80人の予約が入っているとのことで、2階に拘るのなら、午後2時だったら席をお取りできますとのこと、従姉妹や妹に相談したら、やはり、景色が良い方が良いということになり、韻松亭でのランチは、2時からに決定。

う~ん、何て難しい。
11時頃に上野駅で集合して、11時半から韻松亭で食事してから、科学博物館と思っていたけれど、この順序は、無理。
ただ、2時から食事ということは、それまでに、結構お腹が空いてしまうかもと思った時に、思い出したのが、上野駅不忍口近くにできた大型飲食ビルであるさくらテラスというビルの中の「イアコッペ」というコッペンのパン屋さん。(お店のHPはこちら
食べログで評判を読むと、良さそうで、一度私も食べてみたかったのだ。

だったら、11時に集まって、まず、さくらテラスに行って、それぞれ好みのコッペパンサンドを買ってから、そのままエスカレーターで上野の山の西郷さんの近くまで出て、科学博物館に行こう。
そうして、360度シアターを見た後、あ~いう施設では、無料休憩ラウンジがある筈なので、そこで、コッペパンをかじってもいいし、お腹が空いてなかったら、おみやげに持って帰れば良いと思いついた。

で、時間がまだまだあったので、一度見に行ったら、なかなか良さそうな品揃えのパン屋さんであった。
確か、西日暮里の「ブーランジェリー イアナック」という評判の良い今風のパン屋さんのコッペパン専門支店だから、サンドしているフィリングにしろ、センスが良さそう。(確か、どこか有名なパン屋さんで修業した人が自宅でオープンしたパン屋さんだったと思う)

う~ん、だったら、11時に上野駅不忍口を出たところで待ち合わせ→さくらテラスのイアコッペでパンを買い、そのままエスカレーターで上野の山へ→科学博物館で映画を見て、パンを食べて、まだ時間が余ったら、何か常設展を見る→韻松亭で昼食→国立西洋美術館で世界遺産になった美術館見学で、全て終わりというのが、基本計画となった。
[PR]

by mw17mw | 2016-11-11 17:43 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)